左足の甲が痛い 専門学生Kさん

いい歌ですね。

この春

長野の高校を卒業し

大好きなダンスを習うため

新潟の専門学校へ入学。

 

毎日いろんな種類のダンスを習っていて

とても充実してる毎日。

 

でも

ハードな練習で左足の甲が痛くなってきた。

 

最初は

押すと痛いって状態だったのが

だんだん動かすと痛い

に変わってきて

今では常に痛い

特に体重を外側にかけた時にもっとも痛い。

 

足の甲に症状がある場合

一番問題になりやすいのが

スネから繋がっていて

細く長く非常に強い長指伸筋の腱

足首を伸ばす、親指以外を反らす、外反(小指側を上げる)のための筋肉。
ハイヒールで足首を伸ばしっぱなしのOLさんは大抵ガチガチになってる。

それと

その奥にある短指伸筋

足の指を反らせるための筋肉、面白いことに小指には繋がってない。
長指伸筋の奥にあるので直接触ることが難しい。

短指伸筋は直接触ることが難しいので

指を(反らすんじゃなく)曲げながら足首も曲げる

などのストレッチで基本的に緩めていくのだが

そもそも長指伸筋に問題がある場合

短指伸筋もうまく作用しないことが多い。

 

だから

まずは長指伸筋を触ってみるのだが

症状がある方の場合

すごく硬くなってることが多く

しかも筋腹(筋肉の膨らんだところ)とは違って

幅が数ミリしかない腱なので

慣れない人が触っても

(ほとんどのセラピスト、整体師、マッサージ屋さんは慣れてない。)

対処の仕方がわからない。

でも

テクニックさえあれば

普通に筋肉にマッサージするのと

ほぼ同じ感覚で

腱の状態を確認しつつ

正しくリリースすることは可能なのだ。

(少なくとも私はそう感じてる。)

 

と言うわけで

いつものように

パワフルかつ繊細に調整

何しろ

少し触るだけで飛び上がるほど痛いわけですから

それはもう慎重に慎重に…

 

正確なアプローチさえできれば

痛いどころか

気持ちよくて

ぐーぐー眠っちゃうんですよね これが。

 

甲だけでなく

足首全体や

長指伸筋の上部(スネ)も緊張していたので

しっかり緩めて

Kさん眠ってるうちに終了。

起きて

確認してもらって

「うわっ 動く!」

「全然痛くない!」

って言ってもらえて一安心。

(自信はあるけどやっぱり施術の後はちょっと心配です)

せっかく長野から新潟まで出てきたのだから

またバリバリ踊って欲しいです。

頑張れ〜!

bodycare GREENS モリタ

 

コメントを残す