新潟ハーフマラソン

昨日は新潟ハーフマラソンということで

 

前日のコンディショニングにいらっしゃったお客様

レース後のケアにいらっしゃったお客様

 

週末はGREENSも大盛況でした。

 

心配された天候も

ちょうどレースの時間帯だけスッキリ晴れて

よっぽど晴れ男、晴れ女のエントリーが多かったのでしょう。

 

私は2017年の新潟シティマラソン以来

レースに参加してません。

 

仕事仕事で

ほとんど屋外で走ってない。

 

毎晩のジムでのトレッドミルのみです。

ずいぶん走力落ちてしまってることでしょう。

 

でも

 

今年になって

試していることがあって

それは

とにかく腹筋とインナーマッスルを鍛える

ということです。

 

朝起きて

朝食前にまず腹筋

朝食後にも腹筋

 

店ではEMS

寝たまま筋トレ/シェイプアップ

夜はジムにて

様々な腹筋トレーニングを1時間ほどやってから

走ったり泳いだりするようにしています。

 

さらに

お腹周りの脂肪を落とすべく

昼食は

サラダチキンと

自家製ぬか漬けのみ。

時々

砂糖抜きコーヒー飲みながら

カカオ100パーセントのチョコをつまみます。

 

さすがにお腹減りますが

慣れましたね。

 

むしろ満腹よりも心地よい。

 

これらを半年続ければ

キレキレの身体に近ずける

ことを期待して頑張っております。

 

あくまでもトレッドミルでの話ですが

体幹がへたらないぶん走りやすくなってる気はします。

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度はお兄ちゃん 3軸調整法

膝の痛み 中学2年生バスケ部MKさん

↑のMKさんはその後4試合出場しましたが

(5ヶ月も別メニューだったのに無茶するね先生も、、、、)

最後の試合で

相手チームの選手と絡まりながら転倒し

そこでまた膝を痛め

ご来店されましたが

施術して復活。

 

その翌日

 

今度は卓球やってる

双子のお兄ちゃんのG君がいらっしゃいました。

1週間ほど前の大会で

決勝まで7試合を戦い抜き

(すごい!)

そうしたら

右肩が痛くなって

スマッシュが打てなくなってしまった。

とのこと。

 

触診したところ

右肩甲骨の周辺がガッチリ固まってました。

 

内側の菱形筋もガチガチ

 

肩甲骨表面の筋肉(回旋筋腱板)もガチガチ

肩甲骨の奥にある肩甲下筋もガチガチ

こうなると

あらゆる肩の動きが制限されてしまいますので

上記全ての筋肉の柔軟性を回復させなければいけません。

 

こういう時

普通の施術者はどうするかと言いますと

一つ一つ筋肉をほぐしていくか

一つ一つの動きを改善させていくか

どちらかでしょう。

でもG君の場合は

周辺筋肉全てに問題があるので

一つ一つやってくと効率が悪いですし

どうしても施術中の痛みが出てしまいます。

 

できる限り

痛みのない施術をしたい

これは私の信念であります。

 

そこで

私の場合は

3軸調整法triaxial back and forth)という

私が開発したテクニックを使います。

 

back and forthとは

縦列駐車させる際に

前後に車を動かしながら

最終的に

狙った位置へ移動させる技術

それと同じことを

骨格や筋肉(その他軟部組織)に応用したもの

と考えていただいて構いません。

ただし車と違って

人間の体の動きは

前後(軸1)

左右(軸2)

だけでなく

上下(軸3)

その全てが加わった

3軸(triaxial)の回転運動となりますから

動かし方がとても複雑で微妙で

かなり施術者の感覚の鋭さが要求されます。

 

しかしその分

自然な動きに近く

 

痛いどころか

思わず眠ってしまうぐらい

とてもとても気持ち良い施術となり

 

施術後も

綺麗に整った状態にもっていけます。

 

今回のG君も

なかなかひどい状態ではありましたが

(大人だったら立派な肩こり持ち、下手したら40肩も!)

骨格、筋肉(その他軟部組織)全てが

すっかり綺麗になって

見違えるような動きになりました。

 

あとは

卓球してる時の動作の問題として

胸郭(肋骨)

胸椎(背骨)

股関節

その3つが使えるようになれば

肩関節の負担は確実に減りますから

 

試合しても疲れにくくなり

パワフルなスマッシュ打てるようになる。

 

そのためのトレーニング方についてもアドバイスいたしました。

 

実は大会の決勝では負けてしまったようなので

今度は優勝できるといいな

と思います。

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の器とマッサージ

あの人は

器が大きいとか

器が小さいとか

本人がいないところで

評価することがあるけれど、、、

必ずしも

器が大きいから成功する

と言うわけでもないように思う。

 

心配性、疑い深い、ケチ、、、など

器が小さいからこそ

成功したって人もいるだろうし

 

何事も丼勘定

楽観的過ぎる

人を信用し過ぎる、、、など

器が大きすぎて失敗したって人もたくさんいるでしょう。

 

幸福度ってことで言っても

器の小さい人はちっちゃな得で幸せになれそうだし

(その分ちっちゃな損で不幸にもなるが、、、)

 

器の大きな人はデカイ得を求めるぶん

取り返しのつかないような

デカイ損をすることもある。

 

 

 

そ れ で も

私はやっぱり器の大きな人が好きですね。

 

話していて

その人が持つ世界の

広さや深さ

そこにある豊かなものを共有できたときに

この上ない喜びを感じます。

 

私がマッサージしている時も

 

できるだけ深い世界を表現したいし

 

お客様の奥深くにある暗い世界へ入っていって

そこに光を当てたい

 

そう考えております。

 

症状改善は当たり前のこととして

 

症状取れればそれでいい

っていう

軽くて浅い仕事は

もう卒業しました。

 

 

器の形が変すぎて

すでに器になってない

そういう人も面白いですね。

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

ケースバイケース

公立福生病院 透析中止は5人 次第に「自信を持って」選択肢提示

 

このニュース

 

命を軽んじてる

とか

殺人だ

とか

もっと

担当医師や院長が叩かれるのかと思ったが

今の所そうでもない

のかな?

 

正確な状況がわからないので

なんとも言えませんが

私には

それぞれの立場の人が

より良い選択をしようと

必死にもがいてるように見えます。

 

ちょっと語弊のある言い方になりますが

 

自分の保身だけ考えるのであれば

黙って透析続けていればいいわけで

これだけリスクの高いことを

なぜ医師がしたのか?

 

簡単に善悪の判断する前に

 

自分だったらどうするか

ゆっくり想像してみるといいのではないでしょうか。

 

まあ

まずは

腎臓を大事にしましょう。

 

糖分

塩分

お酒

ほどほどに

 

それと

漢方含め

あんまりお薬に頼るのもよくないのかな?

 

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

ちょっとなに言ってるかわからない、、、、

先日

野球部の仲間たちと

京都・大阪旅行へ行った

息子が

家族へのお土産である

お菓子とは別に

娘だけに

2個もお土産買って来て

娘は大喜び。

 

その時

パパは にいちゃんを見習ったほうがいい

と強く言われました。

 

私だって

そこそこ

欲しいものあげてるつもりなんですけどね、、、、、

 

そんで

その翌日

ゾンビのドラマ見ていたら

 

娘がまた

強めに言いました

パパは ゾンビの神田くんを見習ったほうがいい!

 

私って

ゾンビ以下の存在なんでしょうか?

 

bodycare GREENS モリタ

一歳のお子さんがいらっしゃる主婦のM様

5〜6年前までは

よくGREENSへご来店されていましたが

上越に引っ越され

 

3年前ぐらいに

久しぶりにいらっしゃって

その時は顎と首の痛みを訴えていたように覚えています。

 

その後

また新潟市に戻ってらして

妊娠されて

妊娠中も何度かいらっしゃって、、、

 

その後どうしたかな

とおもってましたが

出産1年後の今日

また久しぶりにいらっしゃいました。

 

今年の1月くらいから

授乳中に尾骨が痛くなってきて

そこから腰痛につながり

時々ぎっくり腰になりそう

とのこと。

 

どうも様子が暗い。

疲労感がにじみ出ている。

 

まずは

股関節が内旋し

膝が内向きになっているのを

矯正するところから始めます。

一般的に

股関節内旋筋の主な動筋は、

小殿筋前部中殿筋前部大腿筋膜張筋

特に左側の大腿筋膜張筋の緊張がきつい。

さらに股関節周辺仙腸関節もじっくり調整して

全体的に柔軟性を取り戻しつつ

骨盤矯正

腰椎アライメント(整列)

お腹と腰の周辺筋肉をしっかり調整して

 

まだ少し時間があったので

昨年痛くて思わず救急外来に行ったという

左肩をみました。

どうも肩そのものが原因ではないようで

肘から手首にかけての筋肉に問題がありました。

それを伝えると

実は腱鞘炎にもなってたんです、、、

と言われました。

 

見た目の疲労感だけでなく

施術中も

体全体がずいぶん弱ってるなあ、、、

と感じたので

それを伝えました。

 

ついでに

余計なこととは思いましたが

つい言ってしまいました。

 

お子さんは1歳になって

これからますます元気になっていく

体力が増して

活発になっていく、、、

 

そんな中で

逆にお母さんの体力は年々なくなっていく

 

やがて

お子さんに

お母さん疲れているのだから

もっと大人しくしてくれ

静かにしてくれ

と言います、、、、

 

それって普通のこと

当たり前のことと思ってる方が多いですけど

子供という生き物は活発に動き回るのが自然なのです

それは人間も動物も同じです。

 

お母さんって実際大変だから

旦那さんの力は絶対必要です。

お母さんだけでは無理です。

 

でも

お子さんが今後も元気に育ってほしいのであれば

それに合わせて

お母さんも体力をつけていったほうが

より幸せになれる気が私はします。

 

言ってから

本当に余計なこといったな、、、、

と思いましたが

M様はちゃんと聞いてくれて

 

最後は

今日の新潟の空のように

すっきりと晴れ渡った

とても明るい笑顔で帰っていかれました。

 

また

疲れたら

いつでも来てくださいね。

お待ちしております。

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

椎間板ヘルニア 横浜在住の看護師Mさま 2

腰椎の椎間板ヘルニアがなぜ起こるか

といえば

それはその箇所に過度に負荷がかかり

動きすぎてしまったから

 

今回のM様でいえば

腰椎2/3が動きすぎてしまったのです。

じゃあ

なぜ動きすぎてしまったかといえば

それは

腰椎の他の箇所

腰椎1/2

腰椎3/4

腰椎4/5

腰椎5/仙骨

の動きが悪いから

というのが一つ

 

特にM様の場合

15年前の手術により

腰椎4/5と腰椎5/仙骨

動かないように固定化されています。

 

それぞれの腰椎の可動域を比較すると

腰の曲げ伸ばし(屈曲/伸展)でいうと

腰椎1/2、腰椎2/3、腰椎3/4、腰椎4/5、腰椎5/仙骨

小さい<ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー>大きい

となります。

 

つまりM様の場合

本来最も可動域の大きい腰椎4/5と腰椎5/仙骨

これが固定されてしまってる。

 

これはなかなか厳しいです。

 

骨盤を動かそうとした時に

腰椎4と5も同時に動いてしまいますから

さらに上の腰椎間に負担がかかるのは避けられない。

 

もう一つの理由は

胸椎胸郭

あるいは股関節

など

腰椎以外の部位の可動性が減少している

ということもあるでしょう。

 

特にM様の場合は

腰椎4/5/仙骨が使えないのですから

代わりに股関節がどれだけ使えるか

そこがとても重要なポイントになってきます。

 

そういったアドバイスをまずはしっかりしてから

 

その可動を制限している筋肉(と軟部組織)と骨格の要因

・伸びにくい=伸張性低下
・力が入ってる=筋緊張亢進
・動き(遊び)が少ない=可動性低下
・組織がズレてる=アライメント偏位

などを細かくみていきます。

 

左の腰方形筋が異様に硬かったり(中臀筋が働いてないから?)

脊柱起立筋群の緊張のバランスが悪かったり

腹筋群のバランスも悪いし

呼吸(横隔膜)の問題で腹圧がしっかりかかっていなかったり

股関節を動かす筋肉も機能していなかったり

その他とても書ききれないほどの多くの問題がありましたが

一つ一つクリアしていって

最後に腹横筋と腸腰筋といった

インナーマッスルの強化

それでとりあえずは施術終了。

 

最後に

骨盤後傾させて(背中曲げて)歩く癖があるので

 

後傾でも前傾でもなく

しっかり骨盤立てて

 

ひざ下使ってチョコチョコ歩かずに

 

大胆に骨盤からグイグイ歩くように指導。

 

まあ

ヘルニアそのものは

1日2日ではどうにもならないのですが

アライメント(整列)と

前後左右上下などの筋バランス

それらが整えば

時間とともに収まっていくはずです。

 

横浜に帰って

 

弱化していた背面のアウター(僧帽筋広背筋)を鍛え

股関節の可動エクササイズと

腹圧のかけ方(ドローイン、ブレーシング)

を習慣づけられれば

必ず良い方向へ進めると思います。

 

bodycare GREENS モリタ

 

椎間板ヘルニア 横浜在住の看護師Mさま

県外から多数来店のグリーンズ!

なんて言っておりますが

ほんとのところ

帰省のたびにいらっしゃるお客様

出張の時にいらっしゃるお客様

旅行でたまたまいらっしゃったお客様

といったケースがほとんどであります、、、、

しかしたまに

グリーンズで施術を受けるためだけに

新潟へいらっしゃるお客様もいらっしゃいます。

今回のM様もそうです。

 

先週私が施術しました

お友達のS様に強く勧められたようで

わざわざ横浜から新幹線でいらっしゃいました。

 

15年前に腰椎4/5で椎間板ヘルニアを発症し

おそらくすべり症分離症と診断されたと思うのですが

椎間関節の切除

椎間板の切除

さらに固定化のために骨移植手術もされたようです。

その後すっかり痛みはなくなり

そのことも忘れかけていた昨年の秋に

同じような痛みが

今度は違うところに出現。

整形外科の診断では

腰椎2/3のヘルニア

とのこと。

↓診断書見せていただきました。

できたらもう大がかりな手術はしたくない。

(前回は1ヶ月半入院された)

保存療法でなんとかならないものか?

と悩んでいたところ

今週になって

また強い痛みが発生し

ちょっと仕事もできない

 

1週間だけ

勤務されてる病院に休みもらって

前述のS様の紹介で

グリーンズへいらっしゃった

ということなのです。

 

(続く)

bodycare GREENS モリタ