雨のテニス

今日は

朝4時半に起きて

娘と娘の友達連れて5時からテニスコートへ

 

すでにポツポツ雨が降っていたので

準備運動もせずに

すぐに乱打スタート

 

チラッと二人の打ち方を見て

あることに気づく

 

ラケットを持っていない方の腕を固定させ過ぎていて

それでは左右どちらの肩甲骨の動きもスムーズにならない

結果

手打ちになってしまう

 

両方の肩甲骨を無理な力は入れずに

気持ちよく連動させて動かすように

手取り足取りアドバイス

 

それだけですぐに

楽に速いボールを打てるように変わりました。

 

それと

遠慮なのか

優しさなのか

相手が打ち返しやすい

山なりのボールばかり打とうとする

 

初心者の場合はまずそれができないと

ラリーが続かないわけで

打ち返しやすいボールを打つことは必要

 

でも 

二人ともその段階はすでに終わっているので

今度はもっと低くて強いボールを打つ

その強いボールに負けないように打ち返す

 

ボールを相手のコートへ入れる意識ではなく

ボールで相手をグイグイ押していくイメージ

 

練習で常にそれをやっていないと

試合で対応できるはずありません。

 

ソフトテニスとか卓球とか

特に女子の場合は

うまさで勝つ

そういう考えに陥りがちですが

それは試合や大会の直前に考えればいいことで

 

まずは

強さを求める

強いボールを打とうとする

それができた上で

次にうまさを追求すればいい

 

なので

山なりの無難なボールを打てば

その度に注意して

 

ネットになっても強いボールを打てば

その度に褒める

 

雨が強くなったので

30分ほどの練習となりましたが

見違えるような

鋭いボールを打てるようになったので

私としては満足でした。

 

それにしても

長い自粛が明けて

毎週末テニスコート予約してるのに

一度も晴れたことないんだよな〜。

bodycare GREENS モリタ

 

 

  

コメントを残す