重い話でごめんなさい

今日は午前中

父親の付き添いで総合病院の循環器系へ。

採血

放射線

心電図

心臓エコー

検査に半日かかるのは覚悟していたのですが

ようやく診察が始まってからが大変でした。

脈(心拍数)が弱く34〜40回/分しかありません。

心臓への電気信号が何らかの原因で届いていないのではないか

とのこと

心電図を見ると その信号自体は確認されるのですが

どこかで断線しているような状態とのこと

 

全く電気信号が届いていなくても

最低限の動きを心臓はするそうなんですが

その最低限の動きだけで何とか生きている状態であるから

今日にでも入院して

なるべく早くペースメーカー埋め込み手術によって

人工的な刺激を心筋に与えて

とりあえず正常な心拍数に戻してやるべきだ

とドクターに言われたのですが、、、、、、

 

本人がものすごく嫌がるのです

感情むき出しで

怒りを爆発させるのです。

(人として言ってはいけない言葉が次から次へと、、、、もう力なく笑うしかありませんでした)

 

家族で相談するものの

 

母:手術受けてください

父:絶対嫌だ そんなことしたら死んでしまう

母:そんなことない (息子の私に)どういう手術か説明して

私:(ドクターがおっしゃってたことを説明)

母:だから手術受けなさいよ

父:絶対嫌だ  死んだほうがましだ

母:お医者さんが進めたんだから (私に)どういう手術か説明してあげて

私:(説明)

↑これが延々繰り返される、、、、、無限ループ

 

 

 

無理矢理にでも入院/手術させるべきなのかもしれませんが

尋常じゃない拒絶反応ですので

果たして手術がスムーズに進むのか大いに不安があり

 

本人が

ちょっと落ち着いて考えられるようになるまで

一旦判断を保留としました。

 

自分だったらどうだろう?

60代や70代ならともかく

85歳になってペースメーカー埋めこもうと思うか?

 

そもそも

何のために生きてるのか?

誰のために生きてるのか?

 

そんな

とりとめのないことを

考えても仕方がないようなことを

考えないではいられない。

 

何とか 全てがうまくいきますように。

 

整体と骨盤矯正の組み合わせで小顔効果もUP

新潟市中央区の本格整体(マッサージ)

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す