新元号は5月1日から 明日からではない

正直もう西暦のみでいいんじゃね?

 

元号

断捨離でいいんじゃね?

 

昭和生まれとか

平成生まれとか

わざわざ

区別しなくていいんじゃね?

 

とか言ってると

右翼の人に怒られるので

絶対言いません。

 

まあ

それ以上に

断捨離すべきなのは

ただただ名前を連呼するだけの選挙カー

いらね〜!

くだらね〜!

 

bodycare GREENS モリタ

バーのオーナーK様

古町にて

6年目になる

バーを経営されてるK様。

 

左の肩甲骨周辺の痛み

右の腰の痛み

前腕の筋肉疲労

加えて

勤務時間が夕方〜早朝と長く

ずっと立ち続けているので

脚が疲れる

とのこと。

整体の前に

リフレクソロジー(足つぼ)も

させていただいたのですが

足の指が

小さな水風船のごとく

パンパンにむくんでいました。

 

そして

ふくらはぎは

張ってるというより

押しつぶされてる印象。

聞くと

しょっちゅう

強いマッサージ受けていて

それでも足りずに

自分でもグイグイ押してる

とのこと。

だから

下腿の筋肉が押しつぶされて

おまけに腓骨まで前方に押し出されて

その結果

前後に長い→横に幅広

に変形してしまってる。

 

スポーツやトレーニングで

脚を鍛えている方なら

筋肉が太くなってるので

幅広でも構わないのですし

たとえ強く押し込まれても

内側から跳ね返す弾力性があるので

大丈夫なんです。

 

でも

K様の場合

筋肉が

細い

弱い。

 

そういう方に

あまりにも強すぎる刺激が加わると

それに負けてしまうのです。

あるいは反射的に逆に硬くなってしまいます。

 

骨格と筋肉の位置(アライメント)もおかしくなり

筋肉間の癒着もあり

運動機能が落ちてしまいます。

 

水の溜まったゴムホースを

強く踏み潰すのと同じように

押した直後は

ポンプ効果で血流よくなっても

潰れてしまえば

構造的に(長期的に)

血流やリンパの流れも悪くなります。

 

ということで

 

これまでずっと受け続けてきた

【押し潰すマッサージ】

とは真逆の

【引き出すマッサージ】

【絡まった組織を一つ一つ丁寧にほどいていくマッサージ】

によって

筋肉をよりフレッシュな状態へ変えていきました。

 

相当ひどい状態でしたから

ずいぶん時間がかかりましたが

施術後

脚がものすごくスッキリしました!

と喜んでいただけました。

良かったです。

 

ただ

むくみがひどく

肝臓の影響もあると思いますので

そちらのケアもしていく必要があると思います。

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

 

 

 

 

昨日の続き

誰彼構わず

「みんなで殺そうとしてる」

「お前ら人間じゃない」

のたまう【宣う=おっしゃる。尊敬語】

お父上様。

 

その言葉は

おぞましい【悍ましい=いかにも嫌な感じがする。ぞっとするほど、いとわしい。】

ですが

いつもいつも言ってるので

慣れてしまいました。

 

そっかそっか〜

そりゃ大変ね

ご苦労様で〜す

軽く返事するようにしています。

 

ただ

私は

そんな親父さんに問いたいのです。

 

では 

あなた自身は生きるために今どれだけ努力しているのか?

どのような人間であろうとしているのか?

 

実際

それをぶつけてみるのですが

ムニャムニャ言うだけで

ろくな返事もない。

 

別に特別なことをしろとは言わない

例えば

食事のあとは必ず歯を磨いてる

とか

毎日腕立てをしてる

とか

お世話してくれる方達にちゃんとお礼を言うようにしてる

とか

それだけで十分なのだが…

 

 

そんな素敵なお父上に

ぜひ聞いてほしい歌があります…

 

電気グルーブ

N.O.

作詞:石野卓球
作曲:石野卓球
今じゃ言えない秘密じゃないけど
出来る事なら言いたくないよ
今話しても しかたが無いし
でも言いたくて しかたが無いし
学校ないし 家庭もないし
ヒマじゃないし カーテンもないし
花を入れる花ビンもないし
嫌じゃないし カッコつかないし
しかた無いなと分かっていながら
どこかイマイチわりきれないよ
先を思うと不安になるから
今日のトコロは寝るしかないね
学校ないし 家庭もないし
ヒマじゃないし カーテンもないし
花を入れる花ビンもないし
嫌じゃないし カッコつかないし
話すコトバはとってもポジティヴ
思う脳ミソ ホントはネガティヴ
バカなヤングはとってもアクティヴ
それを横目で舌ウチひとつ La la la la ah
※学校ないし 家庭もないし
ヒマじゃないし カーテンもないし
花を入れる花ビンもないし
嫌じゃないし カッコつかないし※
(※くり返し)
bodycare GREENS モリタ

いやはや

どうなることかと思いました…

 

今日は

父親が半年お世話になってきた施設が閉鎖されるため

別の施設へお引越しだったのです。

 

予定の10時より30分前に到着して

荷物を車に運び

さあ行きましょう

って

 

本人がソファで横になったまま動かない…

 

眠たいというより

駄々こねてる感じ。

 

そっか

ここが好きなんだね

離れるのが嫌なんだね

そうだよね

ここは本当にいいところだし

スタッフの方もいい方ばかりだし

離れたくないよね

その気持ちはよくわかるんだけれど

残念なことに

ここは閉鎖されてしまうのです

今いる皆さん

スタッフの皆さんも

いなくなってしまうのです。

お食事作ってくれる方

お世話してくださる方

いなくなってしまうのです。

なので

本当に残念なんですが

別のところに引っ越さないといけないんですよ

 

だから

起きてください

車に乗ってください。

 

ってなるべく優しい口調で

丁寧に説明するも

 

言えばいうほど

ギラギラと眼光鋭くなっていき…

 

「お前 なにを💢🎵⌘‰#/ゞ>😡⚡️だ!!!!」

 

と大声で怒鳴られた。

 

周りの皆さんに

すみませんて謝ると

 

いい時もあるんだよ〜

って逆にフォローされた。

優しいね。

 

職員さんたちもなんとか

説得するものの

態度は硬直したまま。

眼だけは怒りでメラメラ燃えているが

心は貝のように閉ざす。

 

やれやれ…

こうなったらしばらく様子みるしかない。

 

母親は母親で

①あれっ? 今日って なにしにきたんだっけ?

って聞くから

②親父さんの引越しだよ

って言うと

③「お父さんお父さん早く起きて車乗って…」

④「うるさいこの 💢🎵⌘‰#/ゞ>😡⚡️が!!!!」

 

上記①〜④を繰り返し

事態は一向に好転せず

無限ループ。

 

30分が経ち

1時間が経ち…

 

ここを出るのがそんなに嫌なのであれば

それを言わずに

散歩行こう

ドライブ行こう

山行こう

海行こう

お花見行こう

可愛い孫の顔見に行こう

どこでも好きなところに行きましょう

 

いろんなこと言ってみるが

 

貝は貝のまま。

 

1時間半が経ち

2時間経ち

 

これ

いつ終わるの?

今日中に引越しできるのか?

 

なにも手立てがないのでやりきれない。

 

もうすぐお昼

 

本人の昼食は用意されていない

 

引越し先でいただく予定になってるので。

 

お腹減りませんか?

お昼食べませんか?

 

すると

突然ムクッと起きあがった

 

チャ〜ンス!

 

今日のお昼は外へ食べに行きましょう!

 

誘導すると

ちゃんとついてくる

 

気づいたスタッフの皆さんも

慌ててやってきて

玄関まで父に付き添ってもらう

 

その間に私は車を玄関に回して

 

さあ ご飯食べに行こう!

陽気に言って車に乗せて

(外に出るのも半年ぶり)

母親も乗せて

 

職員さんたちにお礼言って

 

しゅっぱ〜つ!

 

いつもの半分ぐらいのスピードで

ご機嫌を損ねないように

楽しく話しかけながら

なんとか到着。

 

大勢の方が昼食を取られてるなか

 

父も

出されたものをモリモリ食べて

一安心。

 

私たちが帰るときはやっぱり不安げだったが

まあ

なんとかなるかな?

何とかしてよ。

 

大声出さなきゃいいけどな…

 

急いで店に戻って

さあ

お仕事お仕事!

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

星野源

一昨日走ったので

夜はスタッフにお願いして

昨日は筋トレだけでいいかな

と思ったのですが

いやいや

甘ったれたこと言っちゃいけない

ふくらはぎに筋肉痛を感じる時こそ

足を作るチャンス

と思って

ゆるゆると走り始めたのですが

やっぱ調子出ない

5分走っただけでやめたくなってしまった。

でもこれで歩いちゃったら

ダサい

ダサすぎる…

その時

星野源のライブがTVで始まったのです。

もともと星野源は好きで

アルバムもちょこちょこ買ってたのですが

あまりにも売れすぎてしまい

なんかもういいかなってなっちゃって

(そういうのってどうしてもありますよね)

ほとんど聞かなくなってたのですが

改めて聞いてみると

走るためには最適な曲なんですよね。


それまで疲れてたのに

急に気分がスカッと明るくなって

楽しくなってきちゃって

BPM、曲のテンポも走るピッチにバッチリ合ってる。

これならいくらでも走れるね

マジで

 

気づいたらあっという間に1時間が経っていました。

最高。

 

それと

この曲なんですが

 前の2曲と比べるとややインパクトにかける印象ですが

聞くより

歌ってみるといいです。

歌ってこそ初めてその良さがわかる曲なんですよ。

帰りの車の中で歌った時に

気持ちよくて止まらなくなってしまいました。

早くカラオケ行って歌いたい!

 

星野源よ

楽しい気分にしてくれて

本当にありがとう!

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

整体師(セラピスト)と歯医者さんとの共通4パターン

①「痛いけど治す人」

まあしょうがない、我慢するか…

 

②「痛いのに治せない人」

最悪、辞めちまえ…

 

③「痛くないのに治しちゃう人」

そう人に当たったらラッキー。

 

④「痛くないけど全然治りもしない人」

ん〜 痛いよりはいいけど…これはこれで困る。

 

これね

①〜④まで全員良かれと思ってやってるんです。

だから余計に困る。

 

③「痛くないのに治しちゃう人」

こういう人はもう

とにかく手先が器用で

他の人と比べ物にならないぐらい

正確無比

丁寧に仕事する人です。

 

 

 

私はもちろん

②痛いのに治せない人です!(キッパリ)

 

bodycare GREENS モリタ

夜はスタッフにお願いして

久しぶりにやすらぎ堤へ

 

春というには冷たい風が吹いてましたが

それも心地よく

夕日がとにかく美しかったです。

距離と

タイムは

可もなく不可もなし

といった感じですが

最後まで気持ちよく走れました。

やっぱトレッドミルとは全然ちがう

という当たり前のことを思いました。

bodycare GREENS モリタ

おたがいさま

基本的に楽観主義者なので

そんなわけで

昨日の朝はちょっと憂鬱な気分だったのですが

 

最初にいらっしゃったY様に

リフレクソロジーしながら

あれこれ話してたら

モヤモヤしてたものが

スッキリ晴れていくのを感じました。

 

お客様は心身ともに楽になるために

GREENSへいらっしゃるのだと思いますが

それは施術する側も同じです。

お客様が心地よくなればなるほど

私たちもその心地よさをしっかり共有しているのです。

お互いさまなのです。

 

そのY様なんですが

5年勤めたN大病院の看護師を辞め

この4月から

東京の中目黒にある

お花屋さんで働き始めるとのこと。

 

ずいぶん思いきったな〜!

 

まあでも

オシャレだし

モデル並みのスタイルで

ルックス抜群な上に

ホニャ〜っとした

脱力系というか

癒しのオーラまとってる人で

 

正直

看護師やってることの方が

違和感あったぐらい

 

なので

よかったのかな?

きっと良かったんでしょう。

東京で一番可愛い花屋さんになってくださいな。

 

今までのように

しょっちゅうお会いできなくはなりますが

 

新潟に帰ってくるときには

どうぞGREENS へ

 

いつでもお待ちしております。

そして応援しております。

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

 

 

 

基本的に楽観主義者なので

あんまり深く落ち込むこともないのですが

 

昨日は

ちょっと色々ありすぎて

どんよりした気持ちになってしまいました。

 

娘の小学校の卒業式だったのですが

参加せず

 

母親の通院付き添いに

 

その後

高齢者ドライバーの認知機能検査テストで自動車学校に

 

本人は免許更新するつもり満々なのですが

 

どうも危険な運転してるみたいです

担当の介護士さん看護師さんヘルパーさんから

聞いていたので

 

本人がテスト受けてる最中に

認知症の診断書をこっそり提出し

係りの人に事情説明

 

ところが

 

免許更新できるかどうかは

テストの結果しだいであって

こちらとしてはどうすることもできない

 

と言われる。

 

そういうものですか…

 

もともと

この作戦

私が考えたわけではなくて

介護士さんチームの提案なので

ちょっとどうしていいかわからなくなる…

 

しばらく

20歳そこそこの若者達に囲まれて(自動車学校ですから)

待合室で待ってたら

 

所長さんかな?

自動車学校だから校長?

 

とにかく

一番えらい感じの方がわざわざ私のところにきてくれて

個室へ案内してくれた。

 

細かい事情を色々聞いてくれた上で

免許センターに伝えておきます

と言ってくれた。

自分も親の免許返納で苦労しました

とのこと。

 

その後

テスト終わった老人軍団に混じって

母が戻ってきて

いやあ全然ダメだった

こんなにも頭が悪くなってるとは思ってもみなかった

とのこと。

まあ本人はそうだよね…

 

でもおかげで

納得してくれた様子で

免許返納した後の

生活を

どうするかについて話し合うことができた。

 

まあ

今度会ったら

運転したい

っていうのでしょうけれど…

 

今度は父親の方

 

5月からお世話になる予定のグループホームの方に会って

面談しました。

 

もともと

グループホームの方から

どうですか?

ということでお世話になる話が進められてきたのだが

 

どうも

父親の状況というか

生活態度に問題があって

当方では面倒見切れないと思う

という内容のことを

やんわりとではあるが言われてしまった…

 

具体的にどこが問題か聞いて

 

それはもう

その通りであり

それは

私が子供の頃から抱えていることであり

 

本人がいつかの時点で気づいていれば

 

あるいは変わっていたのかもしれないが

残念ながら

そういう奇跡は起こらず

 

そのまま老人になってしまっているので

もはや

どうしようもないことなのです。

 

やれやれ…

 

bodycare GREENS モリタ