繋がってる

首が痛い人は

首を動かしたり

首をマッサージする

  

腕が痛い人は

腕を動かしたり

腕をマッサージする

 

足が痛い人は

足を動かしたり

足をマッサージしたりする

 

それで良くなるのであれば

それでもいい

 

でも

それでも良くならない

むしろ

痛みがま増したり

他の箇所に痛みが移動したり

痛みの箇所が全体に広がったり

そういうことになってるのであれば

 

一旦

自己流のケアをやめた方がいいでしょう

何もしない方がまし

かもしれません

 

首(頚椎)は動かすけど

背中(胸椎)は動かさない

とか

腕は動かすけど

(腕に繋がってる)胸は動かさない

とか

肩甲骨は動かすけど

その奥にある肋骨は動かさない

とか

足は動かすけど

お尻の筋肉や骨盤は動かさない

 

そういうことを何度も繰り返すと

 

動かしてる箇所と

動かしていない箇所との

境目(あるいはつなぎ目)

そこにどうしても負担がかかる

 

それと

伸びるゴムと伸びないゴムを結んで

両サイドから伸ばせば

伸びるゴムだけが伸びる

それと一緒で

伸びる箇所と伸びない箇所

動く箇所と動かない箇所

なぜ伸びないのか?

なぜ動かなくなってるのか?

状況原因

しっかり把握することがとても重要です

 

首が痛くて

自分でグイグイ動かしているお客様がいたとして

その人の首をグイグイ動かしたり

なんとなく固いところをマッサージしたり…

それで良くなるか?

一旦は楽になることはあるでしょうけど

血流やリンパとともに

痛みの物質が流れ

筋肉も一時的に弛緩する

それで一時的に良くなっただけ

それだけかもしれません

 

胸や肋骨や背中のように

普段動かさない箇所を

もっと動かすと

いいのかもしれませんね

ゴルフ始めないといけなくなってきた?bodycare GREENS モリタ

整体だけでは限界がある

 

もうかれこれ…24年

永い付き合いになってしまった

新潟を代表する

カリスマネイリストのTKさん

カリスマってだいたいインチキだけどTKさんは本物

施術に

指導に

コンテストにと

とにかく忙しい人なので

自分のお店で

アロマトリートメントや

ヨガなど

出張サービスを受けている

それでも体が辛い時

顔が浮腫んで二重アゴになってくると

その都度私のところに連絡が来る

昨日も

巻き爪のセミナー指導が終わってから

飛び込みでご来店

顔のむくみと二重アゴは

いつものようにミリ単位で細かく筋肉と骨格を調整して

すぐにスッキリさせることができましたが

問題は背中

施術していても

あまり手応えを感じない

なぜなら

すでに十分ほぐれているから…

たぶん昨日もトリートメント受けたと思われる

ほぐれているにも関わらず背中が痛い

私としても

当然

無理な力を加えず

限りなく優しいタッチで

ゆっくりとアプローチするのだが

それでもやたらと痛がる

歪みとか

骨格の問題も

特に見受けられず…

それでも何か問題があるはず

慎重に探りながら施術を続けていく…

しかし

これはどうも

施術の仕方を工夫してどうにかなるものではないようだ

不調の原因となっているのは

筋肉を自力で収縮させていないことによる

筋肉の弱化と機能不全

サルコペニア

だと思われる

 

ということで

2時間施術したあとで

今度は筋トレ指導の時間

  

メインは僧帽筋 特に下部

それと胸筋

そのためにやるのが

ラットプルダウン

フロント                バック  

と言っても

グリーンズにはマシンが無いので

バー(棒)とゴムチューブで代用

私が上からゴムチューブを引っ張るのだ

(こういう時に普段のトレーニングが生きて来る)

 

僧帽筋下部に効くフロント

胸筋上部に効くバック

どちらも繰り返しやってもらう

それによって

肩甲骨を下げて

同時に

胸を上げる動き

(バストアップ、美しい姿勢にも…)

それを

じわじわと染み込むように体に覚えさせていく

すると

眠っていた体が

少しづつ目覚めていく…

 

すごい 急に楽になった!

という嬉しい反応…

全部終わったの23:30で

珍しく私もちょっと疲れましたが

ホッとしました

これからも

施術は施術で

誰も届かない究極の到達点目指して

極めていくつもりですが

 

同時に

トレーニング指導も積極的に取り組んでいこうと思っています。

いくつになっても

何年やっても

勉強勉強 また勉強です。

カリスマ整体師bodycare GREENS モリタ

漫画マイブーム?

この歳になって

漫画読むようになるとは

思ってもみませんでした

小学生の頃は

少年チャンピオンから始まり

マガジン、サンデー、ジャンプと

毎週欠かさず読んでいて

中高時代はからはそこにヤングマガジンが加わり

大学時代は週刊スピリッツとビッグコミック

と結構な漫画好きであったのですが

社会人になって突然

いい歳こいて漫画読んでる場合か?

漫画なんか読んでもろくな知識得られんぞ!

って思ってしまい

ピタッと読まなくなり

それから実に30年近く…

(20年ほど前、知り合いの大学生に強く勧められて寄生獣だけは読んだ)

 

本は好きだから

小説

人体や運動関係の本

経済書

IT関係の本

アート雑誌

ファッション雑誌

ライフ雑誌

などはたくさん買って読んだ

 

今回のブームのきっかけは

漫画好きな息子のために

ツタヤで漫画を借りてやった事

 

宇宙兄弟

アイアムヒーロー

キングダム

バガボンド(連載再開してほしい…)

とか

まあ有名な作品ばかり

 

返却してはまた何か借りってやってたら

これはすごいかもってのがいくつかあって

 

すでに人気なんだろうけど

全く先の読めないストーリー

実在してる?ってほどリアルな登場人物たち

とぼけた関西弁の会話のセンス

どれをとっても秀逸な

ザ・ファブル

 

実際にあった凶悪事件をベースに

凄まじい暴力描写と繊細な人間描写

最強にして最高の有害図書(絶対に子供に見せられない)

善悪の屑/外道の歌

 

どえらいエロなんだけど(これも子供に見せられない)

作者の

どんなに辛くてもしんどくても自分の人生のハンドルは人に渡すな

っていう

渾身のメッセージをビシビシ感じる

先生の白い嘘 

子供にみせられない

あるいは

子供じゃ理解できない

ぐらい

大人向けじゃないと

流石に読み続けられないし

ただのエログロでは当然ダメで

なんというか

真正面から

どっしり人間が描かれている作品

そういうのが好きですね。

ちゃんと整体関係の勉強もしてますよbodycare GREENS モリタ

〜主役理論〜 全ての人は主役になりたい?

 

ということを今考えています。

SNS

とくにFBとかでガンガン投稿して

いいね欲しがる人なんかは

まあ

わかりやすい例ですが

そうじゃなくて

逆に

SNS大嫌い

目立つこと大嫌い

そういう人ってどうなのか?

実は

そういう人だって

心の底のどこかに主役願望が眠ってる

と私は思います

 

ただ

じゃあ

どうやって大勢の中で主役になるのか

その方法がよくわからない

 

明らかに主役キャラ

って人達の

パワーに対抗できないし

主役の座を奪うことなんてできそうもない

 

なので

登場人物を限定することになる

  

共通の趣味を持つ人とか

ママ友とか

パパ友とか

職場の中

職場の中のさらに限定された人だけとか

人が少なくなれば主役にはなりやすい

 

それでも

やっぱり主役になれなければ

容姿、名前、立場を伏せて

匿名で主役になろうとする

ネットの中で

 

そう考えると

引きこもりっていうのは

減らして減らして

登場人物がたった一人になった舞台の

まぎれもない主役なのです

なんて書き方すると

実力で目立てない人に対しての

否定的な意見に聞こえるかもしれませんが

そうではないのです

 

私が言いたいのは

 

目立つことが嫌いだって言いながらも

実は主役になりたいんだ

ってことを認めちゃった方が

スッキリするのではないか?

 

主役キャラを好きになれない理由はそこにある

ってことを認めちゃった方が

気持ちが楽になるのではないか?

 

ということ

 

それと

もう一つ

仕事とは人を幸せにすること

と本気で考える

大勢の素晴らしき人たちに

人を幸せにするとはつまりその人の主役願望を叶えてあげることなんじゃないか?

っていう

提案をしてみたしだいであります。

お客様を主役に…bodycare GREENSモリタ

人は血管とともに老いる

 

成人病(生活習慣病)の代表である

高血圧

脳卒中

心臓病などの循環器病

 

老年期に入ると

死因の中で

循環器病が占める割合が

がんよりずっと多くなるそうだ

 

循環器病血管死とも言える

 

筋トレによる無酸素運動

スイムやランなどの有酸素運動によって

身体中の血管を鍛えることができる

 

アンチエイジング

という言葉はあまり好きでは無いが

シワとか

シミとか

たるみとか

そういう見える部分だけ

気にするんじゃなく

 

血管という

外からはあまり見えないけれど

ものすごく大事な部分

ある意味

人体というシステムのインフラ

そこを鍛えるべき

ということはまあ

いちいち言うまでもない

  

交代浴ですよ

私もトレーニング終わったら

最低でも3セット

なるべく5セット

やるようにしています

 

サウナも良いですが

お風呂の方が早く体が温まるので

おすすめです

 

夏の間は

それほど冷たくはならない水風呂

最近はキンキンに冷えてきて

嬉しい限りです

冷たければ冷たいほど

体はもちろん

脳がシャキッとするんですよね

 

自宅の場合は

水シャワーだけ

しかも足元だけ

それでも十分効果ありますので

ぜひトライしてみてください!

(真冬から始めるのはハードル高すぎますから…)

bodycare GREENS モリタ

ラグビー観たかったけど

昨日はそれどころではなかった

 

朝10時から夜22時過ぎまで

9名で12時間

ほぼノンストップで施術させていただきました。

(スタッフはちゃんと2時間以上休んでますのでご心配なく)

 

最後の施術終わって

閉店作業して

その後

店内の掃除をくまなくやって

ヘトヘトで帰路につきました

 

今日は

心不全で入院していた父が

退院して

また施設に戻るので

その手続きを

早朝からバタバタやって

 

昼に店に戻ったら

すぐに施術開始

夜になって

ようやく一息つきました

 

毎晩必死こいてトレーニングしてるから

50代でこんなことできるのであって

運動してなきゃ

絶対無理だろうな

と思います

 

それと

好きな仕事で

好きなお客様ばかり相手にしてるから

ストレスがほとんど無い

 

仕事に時間使いすぎる人は

それだけ能力が低い

 

とか言われる昨今ではありますが

イキイキと楽しく仕事ができているのであれば

それはそれで良いんじゃ無い?

ダメ?

bodycare GREENS モリタ

福島県相馬市からご来店のS様

 

長野市のM様に続いて

今週二人目の

浸水被害地からのお客様

まだ断水してるらしく

正直新潟出張きてる場合じゃないんだよね〜

と明るくおっしゃっていた

 

福島や柏崎などの原発に加え

火力発電所内でも

作業をされている

 

背中の張りがひどくて

週2でマッサージ通ってらっしゃる

 

新潟駅前のホテルに泊まってるが

駅前には良いマッサージ屋さんが無い

とのことで

わざわざ信濃川越えてグリーンズへ

 

ありがたいし

被災者だし

背中が尋常じゃなくバッキバキ

ってことで

いつも以上に張り切る私

毎晩のトレーニングの成果を遺憾無く発揮

 

バッキバキ、鉄のような背中

      ↓

ふわっふわ、マシュマロのような背中

に変えさせていただきました。

また雨ですね心配ですbodycare GREENSモリタ

Geoffroy Poplawski

フランスから来た

スイートすぎるイケメン

通称ジョフ

Noismメンバー

現在のエースって言ってもいいのかな?

写真のイメージと違って実物はただただ優しい人

初めて会ったのは3ヶ月ほど前

そのとき

膝とか大腿とか

いろんなところに痛みがあって

ちょっと前に

格安マッサージへ行ってみたものの

言葉が通じないからか

痛いところに全くアプローチしてくれなくて

違うところばっかりやるので

とてもがっかりした

って言ってた

そこで

同じNoismメンバーの

せなちゃんから

グリーンズ行きなよ

って勧められたらしい

まあ

自慢じゃないですが(というときはだいたい自慢やね…)

お客様の体の状態に対する

観察力の鋭さ

アプローチの緻密さ

そこだけは

誰にも負けないつもりです

 

症状に対して

真っ向から

異常なぐらい丁寧に

対応していきます

 

というわけで

なんとか気に入っていただけたようで

それから4回ほど来てくれました

他のイギリス出身のメンバーも紹介してくれました

 

そんなジョフなんですが

今回はどうもいつもと違う

痛いのは太腿裏のハムストリングス

もっと正確にいうと

大腿二頭筋半腱様筋

足の付け根、坐骨にガチッと繋がってる大腿のほぼ中央にあるのが半腱様筋
その少し外側にあるのが大腿二頭筋

股関節の伸展(脚を後方にあげる動作)の時に

もっとも痛みがあり

股関節の収縮(腿上げ)の時も

やはり痛い

痛みはピンポイントで

坐骨のすぐ下

 

自分で患部をマッサージしたり

ストレッチしてみたが

そしたら余計に痛くなってしまったらしい

 

ここで注意したいのが

よく

ゴルフボールやテニスボールなどで

患部をグリグリマッサージする人がいるが

場所によっては

あんまり強く押し込むと

筋肉が損傷してしまうので

じゅうぶん気をつけないといけません

 

ストレッチも同様で

今回のジョフのように

ピンポイントで痛みがある場合は

損傷した筋肉をさらに痛めてしまう可能性がありますので

できたら安静にした方がいいです

 

私はどうしたかといえば

患部付近

半腱様筋大腿二頭筋

ふわっと優しくトレース(掴む)して

少しづつ

少しづつ

丁寧にリリースしていきました

 

リリースとは何かと言うと

癒着や

ピンポイントの収縮や

ねじれ

などで

ある筋肉の

伸び縮みができない箇所

滑走不良の箇所(伸び縮みと滑走はとても似てるけどちょっと違うのだ)

をゆっくり確実に動かして

分離させて

本来の働きを取り戻させること

 

間違っても

単純に

硬いから柔らかくすればいい

伸びないから伸ばせがいい

ということではないのだ

(この辺の話が同業者にもほとんどわかってもらえないのはなぜ?)

 

正直

ジョフの場合は

筋肉が損傷してる

ピンポイントの軽い肉離れ

と言った状態なので

痛みは完全には取れない

でも

正確なリリースを施せば

早く治る

これは自信をもって言える

 

ゴルフボールで毎日のように

セルフマッサージしてるというのに

なぜ痛みが取れない?

 

それは

1.間違ったところを押してるか

2.間違った方向へ押してるか

3.強く押しすぎてるか

4.そもそも押しちゃいけないケースか

のどれかでしょう

 

英語が話せる機会はありがたいbodycare GREENS モリタ

整体だけでは限界がある

 

グリーンズオープン当初から

15年間

月に1〜2回

ずっと通っていただいている

F様

 

脳梗塞の後遺症で

右半身の感覚が鈍く

歩行時など

バランスよく動くことが難しい

そのため

一部の筋肉が緊張しやすく

骨格も歪みやすい

加えて

絵を描かれたり

縫い物

編み物

などの細かい作業を根詰めてされることが多いので

余計に肩や背中が凝りやすい

  

それでも

施術後には

筋肉の張りが取れ

傾いていた姿勢も綺麗になる

生き返った…

いつもF様はおっしゃってくれる

  

そんなF様に災難が…

 

長年住まれていたマンションの

上階に住む女性が

音がうるさい

と怒鳴り込んできたのだ

 

F様はテレビもつけず

絵を描いたり

手芸をされているので

ほとんど音なんか出していない

 

F様はただただ驚き

あまりの剣幕に恐怖を覚えた

 

上階女性のクレームは

日に日にエスカレートしていき

もはや我慢の限界に

 

思い切って

管理人や管理会社に相談するが

上階女性のいうことを信じてしまっている

 

いよいよF様は精神的に追い込まれていく

 

F様には二人の

それはそれは母親思いの

娘さんがいらっしゃって

 

見るに見かねた娘さんたちが

手配して

別のアパート借りて

F様を一旦避難させた

 

それが

今から1年半ほど前のこと

 

誰もいなくなった部屋への

上階女性からのクレームはいまだに続き

 

さすがに管理会社もモンスタークレイマーの正体に気づくが

肝心のクレームは一向に止む気配がない

要するに

音が聞こえる病気

 

なので唯一の解決法は

上階の女性の病気の治療なのである

  

そんな状態がいつまでも続き

どうも最近

F様の体の弱り方が顕著になってきてる

  

激しい腰痛に襲われての来店となった

今日

いつものように

体をみさせていただくが

お腹と腰回り

そこからお尻にかけて

上半身を支えられないほど弱体化しているのを感じた

 

内臓と筋肉(軟部組織)と骨格

一通りの調整はするものの

自分の体を支えられない状態はそのまま

 

これはもう整体だけでは限界である

 

あらゆる筋肉が弱体化しているのだが

無意識に腰を反らしてしまう

F様の状態を考え

もっとも優先順位が高いと思われる

大腰筋のトレーニングを始めることにする

臀筋や背筋も

そりゃ鍛えたいところではあるが

残念ながら

まだトレーニング始めるには早い

 

大腰筋は腿上げするときに使われる筋肉なので

ベッドに腰掛けた状態での腿(膝)あげ

この簡単な動作が

最初全くできなかったのだが

脳梗塞後のリハビリを思い出してもらい

しつこくしつこく繰り返すと

だんだん腿上げ動作がスムーズになってくる

 

筋肉の中の

無数の筋繊維一本一本が

長い眠りから醒めるように

少しづつ伸縮をはじめる

 

今度は

立った状態で何かにつかまりながらの腿(膝)あげ

 

なんどもやれば疲れてしまうし

筋肉痛にもなるかもしれないけど

動いた後の疲労や筋肉痛は

まず間違いなく

良い兆候

ととらえていい

  

逆に

全く動かないのに痛い

これが最悪なのである

 

次回来店までに

大腰筋トレーニングを

自宅で続けてもらって

次はまた状況次第で

新たなトレーニングを指導しようと思います

75歳だからって

体が弱るのは当たり前

ととらえずに

これからまだまだ状態をあげていける

それを本人に信じさせ

自信を持ってもらう

それも

私たちの重要な役割だと思っております。

被災の長野市からM様がきてくれたbodycare GREENS モリタ