足裏にできたイボが痛い不妊治療中のA様後編

今朝も5時から

娘と娘の友達の3人でハードにテニスしてきたモリタです。

 

ネットを気にするな

アウトになっても構わない

強いボールを打つことだけに集中せよ

いくら言っても

いまだに手打ちが目立つので

次回からメディシンボール使ったトレーニングを

取り入れようと思っております。

というわけで

少し眠いけど

今日もラストまで頑張ります。

 

さて

昨日のつづき

イボは治せないけど

痛みは改善できるって話です。

 

私の得意技として

耳鳴り

めまい

難聴といった症状に効果的な

耳の施術があるのですが

その際のアプローチの細かさはちょっと尋常でなくて

指先の数ミリだけを使って

じっくりリリースしていくんですが

今回はそれを

さらに細かくしたアプローチをしてみました。

 

イボとその周囲の硬くなってる角質を指先でつかみ

(ウィルス性なので直接は触れません!)

数ミリづつ

押したり引いたり

縮めたり伸ばしたり

じわり

じわりと動かしていきました。

 

そうしたら徐々に

ガチガチに硬かったかかとが

柔らかくなっていくのを感じました。

 

いける

と思いました。

 

十分に柔らかくなったところで

A様に立ってもらったら

痛みがなくなったので

さらに歩いてもらいました

 

すごい

痛くない!

  

なぜ柔らかくしただけで痛みが取れるのでしょう?

 

それはかかとを床についた時のあたりが変わるからです。

 

もっというと

タコやウオノメの原因は

慢性的な足裏への刺激です。

その刺激をやわらげるために

クッションが効いたソール

インソール

そういったものが有効であるならば

 

足裏

(特に今回はかかと)

そのものを柔らかくして

クッションを効かせてやればいいのです。

 

ただし

要注意事項があります。

 

それは

強く押さないこと!

 

このブログで散々書いてきたことですが

強く押し込む施術は

そこが経絡(ツボ)だろうがなんだろうが関係なく

どれだけ経験積んだプロの施術だろうが関係なく

ダメ!

強く押し込んじゃダメ!

悪化させるリスクが高いのです。

 

というわけで

グリーンズはかかとにできた

イボやタコやウオノメの痛みにも対応できますよ

って話でした。

 

今日もご覧いただきまして

誠にありがとうございます。

bodycare GREENS モリタ