タトゥー入れるしかない?

20年来通ってる美容室にて

いつものようにカット

でも

出来上がりは

いつものように

では全然なかった

刈り上げ

ならぬ

剃り上げ

イカつい

イカつすぎて

鏡見るたびにギョッとする

もう

タトゥー無いのが逆に変

みたいな…

それでもなぜか

息子には好評

娘はもちろん無視

もうこうなったら

いよいよ体デカくして

頭にタトゥー入れるしかないか?

↓こんな感じで

おしゃれ      
カワイイ                    
面白すぎて誰もつっこめない

GREENSは女性客が多くて

店のイメージ

↓これなのに

大丈夫なのだろうか?

オネエみたいなしゃべり方したほうがいいのか?bodycare GREENS モリタ

爪痕は心に

昨夜

グリーンズへ初めていらっしゃった

建設会社経営のI様

 

いつもゴルフのあと

グリーンズにもほど近いマッサージ屋さんで

下半身を揉んでもらう

 

今夜は

そこの店主さんに断られた

とのこと

 

まずリフレクソロジー(足つぼ)から入る

 

ほんの少し

スネに触れただけで

骨格の違和感

筋肉の違和感を感じる

 

違和感の正体は

筋肉と筋肉の間の滑走不良である

 

筋肉にそって

気持ちよく伸び縮みさせながら

筋肉を動かそうとするが

全く動かない

 

伸びないし

滑らないし

動かない

 

なぜこうなるかといえば

おそらく

強く揉まれすぎたから

強く押されすぎたから

 

このブログでしつこく書いているが

筋肉(と筋膜などの軟部組織)は

・適切な圧で(弱すぎてもだめ。場合によっては強烈な圧かける必要も)

・適切な方向で(2次元でなく3次元、球をなぞるような動き)

・引く(引き出す)動作も加えて

・適切な時間(30秒で治すとか信じちゃダメ)

アプローチすれば

どんどん本来のフレッシュな状態に

不活性な状態→活性化した状態にすることができる

 

それは

お日様に当てた布団がふかふかになるのにちょっと似てる

干からびて、くっついてしまったパスタにオイルをかけてほぐすのにもちょっと似てる

絡まったイヤフォンのコードや靴紐を一本一本根気よく解いていくのにもちょっと似てる

 

それに比べて

体の中心に向かってグイグイ押し込んでいく

昔ながらの古いマッサージはどうか?

最初はポンプ効果で

血流やリンパやホルモン分泌が促進し

スッキリした気分になる

楽になる

お客様も満足

 

でもね

 

ただただそれを毎回繰り返すとどうなるかって言うと

押し込まれ

押しつぶされた

筋肉(と筋膜などの軟部組織)は

癒着したり

ねじれたり

潰された状態で固まったり

最終的には

伸びない

滑らない

動かない

体になっていく

 

I様の場合がまさにそんな状態

膝は曲がったままで伸びない

足首は逆に伸びっぱなしで曲がらない

太ももの裏側もふくらはぎも

丸みがなくなり

平べったく潰れてる

筋肉間の癒着もひどい

スネの骨も押し込まれた状態で全然うごかない(ほんのわずかな動きが実は重要)

 

強いマッサージを求めるお客様はいまだにすごく多いし

求められる以上

それに応えたい

お金をもらってる以上

答えるしかない

爪痕残してなんぼでしょ!

それはわかる

とてもわかる

 

実際

そのスタイルで大繁盛しているお店もあるし

集客、売り上げ=店の実力

とするならば

どんなスタイルだろうが売れてればよし

ってことなんだろう

しかもそれでお客様が喜んでいるんだからね…

 

でも

たまにでいいから

ほんの少しでいいから

やればやるほど

伸びない

滑らない

動かない

硬くなっていく状況に対して

私のやってることってお客様の体にとって本当にプラスなんだろうか?

って考えてみてほしいな

 

爪痕をお客様の体に残すと

次に入った施術者になんと思われるか

想像してほしい

爪痕はお客様の心に残すだけでいい

お客様の体は

よくよく整備された庭やグランドのように

ピカピカに磨かれた車のように

ピシッと糊がきいたシーツやワイシャツのように

シワひとつないほど

綺麗に綺麗に仕上げてほしい…

どれだけ一生懸命マッサージしようが

その結果

でこぼこになってはだめ!

 

なんてツラツラと

ずいぶん偉そうなこと書いちゃった…

 

もうこの辺にしておきます

強く押すのはアホでもできるbodycare GREENS モリタ

耳の中でガサガサ音がする

これ私のことです

口を大きく開けようとしたり

耳抜き(空気を抜く)をすると

右の耳だけ

ガサガサ音がする

まるで大きな耳垢がつまってるみたいな

思い起こせば

この前プールで泳いだ後

右の耳だけ水が残ってる感じがあって

それから

始まったような気がする

普通

こういう時は

耳鼻科行きますよね

私は整体師なので

まずは耳と顎関節の歪みを疑います

もし

両耳同じ症状であれば

耳そのものの機能に問題があるのでしょうから

そういう時は耳鼻科行くかもしれません

でも

今回は右の耳だけ

しかも

耳の中

耳の周り

顎の根元

自分で入念に触ってみると

明らかに

右と左で状態が違う

左の耳の周辺がガチガチに固まって全く動かない

症状でてる右も硬さはあるものの

動かないわけではない

こういう時

私はこう推測します

元々は

左の顎関節に何か強いストレスが加わり

左の顎関節と耳が強く歪んでしまった

その強い歪みが反対の右耳を内側に引っ張ってしまい

今度は右の耳に症状が出てしまったと…

そう考えて

ふと気づく

音がするのは右の耳だけど

左の耳はそもそも耳抜きができていない

耳抜きができないから音がしないのだ

ということで

耳と顎関節をセルフ調整してみる

やはり左が硬い

それもちょっとやそっとではない硬さ

だからと言って左だけをほぐせばいいわけではない

左右それぞれに別のアプローチを同時に行うと効率が良い

これは今まで散々経験してわかったこと

少しづつ左が動き出す

口を開けると左からミシミシ音がし始める

良い兆候である

同時に右耳の音が小さくなっていく

なおも調整は続く

右耳の音はますます小さくなり

ミシミシ言い出した左の耳(というより顎)も

ある時点で音が小さくなる

そして

左の耳から空気が漏れ出す

今までできなかった耳抜きができるようになり

気づけば右の音が止んでる

ここで油断してはダメ

さらに微調整は続く

ちょっと時間はかかったが

右耳の音は完全になくなり

左の耳ぬきも普通にできるようになった

元々

顎の違和感はなかったので

顎が特別変わった感じはないけれど

おそらくスムーズに動くようにはなってるはず

 

ここまで実は夜中の3時の行動

 

そのまま寝る

 

朝起きてどうか

 

うん

大丈夫!

音はしない

耳抜きもできる

 

めでたしめでたし

 

耳に違和感がある方は

ぜひグリーンズへ!

耳垢でなくてよかった bodycare GREENS モリタ

カメイアヤカさん

元noismメンバーで

ドイツのオスナブリュック劇場(osnabrück theater)の劇場付きカンパニーで

大活躍されているカメイアヤカさんがご来店されました。

左の人です…一応

5年ぶりの再会です。

noismにいた頃はまだ少女のような幼さがあって

いつも娘のように接していたように思います。

 

単身ドイツに渡って

言葉の壁はもちろん

果てしない手続きの煩わしさに追われ

 

年間の公演タイトルが6本

計80回という過密スケジュールで

怪我また怪我の連続

 

地獄だと言っておりました。

 

でも

5年でずいぶんたくましくなって

私は嬉しかったです。

 

5年間の疲れをとってください

と言われた時は

無理〜

って思いましたが

どうにかこうにか

ひどい坐骨神経痛をはじめ

いろんな症状を改善できたみたいで

嘘っ

って施術のあとの驚きようが面白かった。

 

いつかドイツへ公演みに行けるといいな

それまで

新潟から

応援し続けております。

5年ぶりでも身体さわれば一瞬で記憶が蘇るbodycare GREENS モリタ

美しく歩く 力強く歩く

街ゆく人の歩き方が気になってしょうがない

ランニングしてる人の走り方が気になってしょうがない

何が気になるかと言うと

股関節が正しく使えているかどうか

股関節が正しく使えていないと

股関節そのものの症状だけでなく

腰痛

ひざ痛

足首痛

足裏痛

さらには

猫背になって

そこからの背痛

首痛

肩こり

と全身に影響を及ぼしかねない。

 

走るときだって

股関節を正しく使えていないと

姿勢が安定しないし

無駄な筋力ばかり使ってしまい

すぐに疲れてしまう。

 

股関節を使う=股関節の柔軟性

と言うだけではない

 

股関節でしっかり骨盤から上を支える筋力も必要だ。

 

モデルの場合

骨盤をやたらと上下に動かす人もいて

同時に頭もぴょこぴょこ動くので

なんか不自然だと

私は思いますが

それでも

床(地面)を押すパワーがある

推進力がある

(この推進力こそが強い女性のイメージを与えるのだろう)

と言うことは股関節を使えている証拠でもある。

 

じゃあ

どうやったら股関節使って歩けるの?

 

それを知りたければ

グリーンズに来て

私に聞いてください。

手取り足取り丁寧にお教えいたします。

bodycare GREENS モリタ

体育の授業とか部活とか そもそも何のためにあるのか?

 

小中高と

実に12年間も

体育の授業を受けてきて

 

『その影響で』

 

体を動かすことの意義をちゃんと理解できた

 

(義務ではなく)運動するのが好きになった

 そんな人どれだけいるのかな?

 

ランニングとか

ウォーキングとか

筋トレとか

ゴルフとか

運動を習慣にしてる人はたくさんいる

 

でも

そのほとんどが

ダイエット目的だったり

仕事のためだったり

健康のためだったり

モテだったり

そんな

大人の事情というか

何かのきっかけがあって

運動することになったわけで

12年間の体育がきっかけになってる人なんか

ほとんどいないんじゃないのかな?

 

ランニングする人のなかで

体育の授業が好きだったって人

どれだけいる?

 

何が言いたいかと言いますと

 

そう遠くない将来

健康保険制度が破綻するであろうこの国において

 

運動する人を生み出さない体育の授業

なんだったら

そのせいで運動が嫌いになってしまうような

体育や部活や運動会など

それにどれだけの意味があるのか

 

ということをもうちょっと真剣に考えるべきなのではないか?

と思うんですよね。

 

わたし2つ提案がありまして

一つは

小学校

少なくとも3年生までは

ひたすら楽しい授業をせよ!

運動が嫌いになる子を一人も出すな!

ということです。

 

足が遅い子であっても

うまくボールが投げられない子であっても

それでも

運動嫌いにならないためには

運動を楽しめるその姿勢に対する評価をするべきです

 

先生にはぜひこう言っていただきたいのです

『お前足遅いけどめちゃくちゃ楽しそうに走るな 天才!』

ってね。

 

それともう一つは

大人になると運動する人が激減するという現実をしっかり子供に伝え

なぜそうなるのか?

どうしたら良いのか?

それを

子供たちみんなが考える授業をすべきだと思います。

 

来年の東京オリンピックでいくつメダルとるとか

サッカーとか野球とか格闘技とか

日本人アスリートが世界でどれだけ活躍してるとか

そういうエリート達の勝敗に一喜一憂するのも

それはそれで興奮するし

大事かもしれないけど

 

国民全員

一人一人が主役となって

様々なレベルでスポーツを楽しめる社会

その実現によって幸福度を上げていく

そのほうが

もっと素晴らしいことじゃないですか?

 

ということをこれから

どんどん訴えていきたいと思います!

bodycare GREENS モリタ

スタッフ研修

忙しくてブログ書けない日が続きました。

今日は2名の新人スタッフが研修中

 

グリーンズでお客様に施術するまでに

覚えないといけないこと

 

知識も

テクニックも山ほどあります

 

それはそれは大変です

本当に

 

でも

まずは人の体の触り方に慣れること

 

マッサージしなくても

軽く触るだけでとても気持ちいい

そういうことは宗教とか関係なくもちろんある

 

まずは施術をする側が気持ちよくなれるかどうか

 

施術してる人が気持ちよくないのに

それを受けてる人は気持ちいい

そんなことってあんまりない

あったとしても

大したことない

 

私なんて

お客様施術してる時

異常に気持ちいいですからね

言わないけど

 

ガンガン筋トレして

ノルアドレナリン(興奮物質)

ドーパミン(快楽物質)

セロトニン(幸せホルモン)

などが

ドクドク流れてる状態をさらに上回る時だってある

 

それを一度でも味わってしまえば

しめたもの

ほっといても技術も知識もみるみる上がっていくはず

 

私としては

そこまで導いてあげるのが

最大の仕事だと思ってます。

 

楽しく

たま〜に厳しく

でもやっぱり楽しくね。

bodycare GREENS モリタ

母の日

ということで

今日は18時30分にあがらせてもらって

家族と食事です。

でも

正直

GREENSはそれどころじゃない

私もかなり忙しいですが

スタッフ田村くんは10時から18時までノンストップ

30分コース

90分コース 

90分コース 

90分コース 

50分コース

おそらく18時以降も予約入るでしょう。

死んでくれ

今日だけは。

スタッフ募集中で〜す。

bodycare GREENS モリタ

マッサージやストレッチや骨格調整ってなんのためにあるの?

例えば腰の場合
伸ばしたり
曲げたり
回旋させたり
側屈させたり

そういう動作時に
それぞれの筋肉が
連動するわけですが
それを機能させない問題箇所がどこかに(たいていは何ヵ所も)あるわけです。
問題箇所っていうのは簡単に言えば
動かなくなってる箇所です。(正確に言えば滑走不良)
動かない箇所が痛いケースと
それによって負担がかかる別の箇所が痛いケースがあります。

なので
動かなくなってる箇所が動くようになればいいのです。

そのための
ストレッチであり
マッサージ(筋膜リリース)であり
関節や骨格の調整なのです。

 

ただ

問題箇所の強度があまりにも強い場合

問題箇所があまりにも小さい場合

それと

問題箇所が複雑に絡み合ってほどけなくなってる場合

これはもう

ちょっとしたマッサージや

ストレッチでは歯が立たない

ということがあります。

 

そこで大切なのは次の3点となります。

①強度に対応できるアプローチ

②どれだけ小さな標的でも確実にヒットするピンポイントでのアプローチ

③どれだけ複雑に絡み合ってても根気よくひとつづつ解決するアプローチ

 

もし整体を今始めようという方がいらっしゃったとして

毎日お客様の体を触る機会があるとして

①をマスターするには1ヶ月もあれば十分でしょう

②をマスターするには早い人で3ヶ月遅いと3年以上かかります。

③をマスターするにはもしかすると5年ぐらいかかるかもしれません。

 

間違い無く言えるのは

 

5〜7割の症状改善であれば3ヶ月〜半年ぐらいかな?

割とすぐに結果出せても

 

8〜9割以上の症状改善を目指すなら

どれだけ優秀な人でも

3〜5年はどうしてもかかってしまう

 

ということです。

 

 

bodycare GREENS モリタ

 

突発性難聴から認知症になる

そういうケースが多いって今日のTVで言ってました。

 

難聴は治る

って言ってしまうと色々問題があるのですが

 

顎のゆがみ

頬ぼねのゆがみ

首や側頭部の筋肉の調整

それに加えて、、、

私は

耳の中に指先を入れてしっかり調整させていただきます。

 

位置や角度に問題がある耳介

そのせいで

内部で圧迫を受けてる耳介

 

触ってみると

かなりの硬さ

動きの悪さ(本来耳は少し動くようにできている)

を感じ取ることができますので

じっくり時間をかけて

ミリ単位で動かしていけば

 

位置、角度、硬さ、動きやすさ

その全てが改善されます。

 

と同時に

耳鳴りや難聴やめまいといった症状が

改善される

そういうお客様は

今まで

おそらく1000人以上みてきたと思います。

 

(注)

かつて流行った耳たぶマッサージは絶対しないで下さい。

動かすべきは耳たぶではないのです!

 

 

bodycare GREENS モリタ