体が持つ機能を簡単に手放さないで欲しい

昨日いらっしゃったK様(総合病院内で調理されてる)が言ったひとこと

膝が悪いんでなるべく膝を曲げないように生活してるんです

さらに

膝を伸ばすストレッチだけを1日に何回もしている

とのこと

 

膝を曲げる=悪いこと

膝を伸ばす=良いこと

ということが

決定事項になってしまっている。

 

整形外科でそう言われたのかもしれない

 

テレビ番組で誰かがそういうことを言ったのかもしれない

  

それで膝のストレッチしてみたら

実際少し楽になったのかもしれない 

 

だとしたら

気持ちはよくわかります

 

でも

膝は

曲げる伸ばす

どちらも等しく重要な機能であります

股関節のようにいろんな方向に動かせるようにはできていませんが

だからこそなおさら

しっかりと曲げる伸ばすどちらもできることが重要なのです

運動をされてる方ならわかると思うのですが

ジャンプするとき

キックするとき

パンチするとき

ボールを投げるとき

関節をしっかり曲げた状態から伸ばした時にパワーが生まれる

これは運動するしないに関わらず

全ての人が当たり前に持つ体の機能なのです

 

大げさに聞こえるかもしれませんが

生まれもった貴重な財産である

体の素晴らしい機能を

そう簡単に手放さないほうがいい

 

生活の質に大きく影響することが実際あるからです

 

K様の場合で言えば

骨盤

股関節

膝関節

下腿(すね)

足首

それぞれの関節と

それを動かすための筋肉に

膝を曲げにくくする細かい要因がみられました

 

要因がはっきりすれば

地道に改善していけば良いのです

暑い 暑すぎるbodycare GREENS モリタ

カメイアヤカさん

元noismメンバーで

ドイツのオスナブリュック劇場(osnabrück theater)の劇場付きカンパニーで

大活躍されているカメイアヤカさんがご来店されました。

左の人です…一応

5年ぶりの再会です。

noismにいた頃はまだ少女のような幼さがあって

いつも娘のように接していたように思います。

 

単身ドイツに渡って

言葉の壁はもちろん

果てしない手続きの煩わしさに追われ

 

年間の公演タイトルが6本

計80回という過密スケジュールで

怪我また怪我の連続

 

地獄だと言っておりました。

 

でも

5年でずいぶんたくましくなって

私は嬉しかったです。

 

5年間の疲れをとってください

と言われた時は

無理〜

って思いましたが

どうにかこうにか

ひどい坐骨神経痛をはじめ

いろんな症状を改善できたみたいで

嘘っ

って施術のあとの驚きようが面白かった。

 

いつかドイツへ公演みに行けるといいな

それまで

新潟から

応援し続けております。

5年ぶりでも身体さわれば一瞬で記憶が蘇るbodycare GREENS モリタ

左足の甲の痛み 小学校教諭S様

↓このブログを読んでネット予約していただきました。

予約時の要望欄にはこう書かれてありました。

半年以上前から、朝としばらく座っていた後など、歩き始めに左足の甲に激痛があります。しばらく歩くと痛みはなくなるのですが、頻度が増えてきました。整形外科では骨には異常がないとシップしかもらえません。シップは全然効きません。自分では扁平足と骨盤のズレが原因かなと思います。アキレス腱も固いです。痛みを取りたいです。お願いします。

左足の甲とありますが

聞けば

すねも痛いし

アキレス腱も痛いし

元々

腰の痛みや坐骨神経痛もあったようです。

そうなると足の甲だけではなく全体を見る必要があります。

 

時系列から言って

おそらく

腰の痛みや坐骨神経痛をかばって歩いたり立ったりしてるうちに

負担のかかる場所が痛くなって

それをかばってまた別の場所に負担がかかって

ということの繰り返しなのかな?

と思いました。

 

症状改善のために

足裏マッサージにも通ってるとのことですが

もしかするとそれも原因の一つという可能性もあります。

 

細かく触診させていただいた結果

現時点での最大の問題は

踵骨(かかと)にありました。

踵骨だけでなく距骨外顆(外くるぶし)など

左の足関節が回外方向に歪んでました。

この回外が直接足の甲の痛みを生んでいるというよりも

おそらく

 

回外

踵の歪み

踵に繋がるアキレス腱の拘縮(固まって柔軟性を失った状態)

アキレス腱の役割である底屈動作に問題

代償として本来は背屈させる役割の足の甲の筋肉を使って底屈させている

足の甲の負担増大

疲労物質がたまり

やがて痛みに

ということなんじゃないかと考えます。

 

なぜかと言いますと

朝起きて

階段を降りる際に

底屈させる時が最も辛いとのことなので。

ということで

足関節とその周辺の筋肉

骨盤とその周辺

全体的にしっかり調整させていただきました。

 

施術後

とりあえず痛みは取れましたが

次回いらっしゃった時に

その後の様子を詳しく伺うつもりです。

いろんなお客様がいらっしゃって嬉しいbodycare GREENS モリタ

サブ3を目指すO様(2)

元青学駅伝部のO様ですが

就職したら走るのやめてしまったそうです。

 

月1000キロも走ってた人が

全く走らなくなったら

どこか体調おかしくなったりしないのか?

 

と思いましたが

実際はそんなこともなく

太るわけでもなく

ただただ走らない

仕事に没頭する毎日を過ごされたようです

 

没頭できる仕事があったのが良かったのでしょうね

 

で何年か経って

たまたま出場した東京マラソン

 

一応完走はしたものの

タイムは4時間ほどで

最後は歩いちゃったらしいです

 

それが悔しくて復活?

 

というわけでもなかったそうで

また走らない日常に戻ってしまった

 

復活のきっかけは

会社対抗のリレーマラソンに出場したこと

 

優勝目指すようなレベルではなかったけれど

そこは元青学駅伝部

周囲の期待はものすごく高いわけですよ

 

そこから

平日に10キロ2回

週末に20〜30キロ

コンスタントに走るようになって

やがて

フルマラソンにも時々出るようになって

3時間ギリ目指している

というわけです。

 

来店の3日前に飛行機で新潟→千歳→電車で函館入り

翌日函館でフルマラソン

翌日函館→新幹線で大宮→新潟へ

 

疲れてるって

それ走ったから

それとも移動で?

 

ちょっとわからないですが

とにかく

背中の張り

下半身の疲労

しっかり調整させていただきました。

  

ちょっと見たことないぐらいアキレス腱が発達していて

それだけ足首を伸ばす(底屈させる)力が強いってこと

普通の長距離ランナーだったらこうはならないので

短距離やってたことがあるか聞いたら

現役の駅伝部の時も

400メートル走とかの中距離も同時にやってたらしい

 

だから短距離に近い走り方で長距離も走れちゃうんでしょうね。

 

どうやったって4時間そこそこの私が

サブ3狙ってる人にアドバイスなんて

甚だおこがましい限りなんですが

 

背中に張りが出にくい走り方について

 

最近ふくらはぎがつりやすいそうなので

そうならないための日頃のケアのしかたについて

 

股関節を使う走り方の効果について

 

前後に振る以外の腕の振り方の効果について

 

などなど

少ない経験ながら

私の意見も少し話させていただきました。

 

特に症状はなくても通っていいですか?

 

とおっしゃるので

どうぞどうぞいつでもお待ちしております。

とお伝えしました

 

転勤族で

いつか新潟を出る日が来るようなので

この秋の新潟シティマラソンには

必ずサブ3達成できるように

私もできる限りのお手伝いはさせていただくつもりです。

息子の野球部勝利で浮かれてる bodycare GREENS モリタ

右足の親指が痺れる

小学校教諭のS様。

 

もう半年も前から右足の親指が痺れる。

 

きっかけは足に合わない靴をはいたせいかな?

というご本人のご意見。

 

でもその靴履かなくなっても症状が変わらない。

困った。

実に困った。

 

ということで

以前

腰のヘルニアでお世話になった整体院で診てもらった。

 

その整体院では

S様が元々腰痛ということもあり

腰椎や骨盤のアライメント(配列、要は歪んでるってこと)が原因だろう

と言われた。

 

でもやっぱり症状改善されず。

 

このまま

一生治らないのか?

いよいよ怖くなってきた。

 

そんな時にネットでGREENS のことを知り

 

どうなのかな?

本当に治してくれるのかな?

と不安ながらも(まあ当然ですよね)

ご来店いただきました。

 

指なんですが

特に足の指は

私の得意な部位であります。

 

なぜかというと

常に足を酷使して

怪我が多い

プロのダンサー

しかも

超一流の人達をしょっちゅう診てるからです。

 

それとは別に

長年通っていただいてる

リウマチで指が変形しがちなお客様。

【正確には痙縮(けいしゅく)】

 

もちろん

リウマチを治せる訳ではないですが

それでも

細かく状態見て施術すれば

ガチガチに硬くなった筋肉も緩みますし

それとともに関節も動くようになって

指の変形は軽減され

痛みも改善できるんですよね。

 

S様なんですが

指を曲げるための短母指屈筋

それと母指内転筋

加えて指を伸ばすための長母指伸筋もガチガチになってました。

指を曲げる筋肉も硬く

指を伸ばす筋肉も硬い。

加えて外反ぎみに変形もしていて

指の外側の皮膚が伸びない。

 

拘縮

関節包外の軟部組織が原因でおこる関節可動域制限のことである。生理学的には活動電位の発生の停止により筋が弛緩しなくなる現象。)

に近い状態。

 

ということで

とにかく細かく

とにかくしつこく

じっくり丁寧に軟部組織を調整していきました。

 

10分後

いったん起き上がってもらい

状態の確認をしたところ

「ずいぶん動くようになった!」

とおっしゃいました。

 

動くようになったってことは

眠ってた筋肉が活動し始めてる訳で

血流やリンパの流れも促進し始めてます。

 

さらに全身

特に腰回り、

骨盤周りを中心に調整。

股関節の問題も見つかりました。

 

半年も痺れていたので

すぐに完治とまではいきませんが

1週間後にはほとんど症状なくなってるはずです。

 

次回のご来店が楽しみです。

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーのオーナーK様

古町にて

6年目になる

バーを経営されてるK様。

 

左の肩甲骨周辺の痛み

右の腰の痛み

前腕の筋肉疲労

加えて

勤務時間が夕方〜早朝と長く

ずっと立ち続けているので

脚が疲れる

とのこと。

整体の前に

リフレクソロジー(足つぼ)も

させていただいたのですが

足の指が

小さな水風船のごとく

パンパンにむくんでいました。

 

そして

ふくらはぎは

張ってるというより

押しつぶされてる印象。

聞くと

しょっちゅう

強いマッサージ受けていて

それでも足りずに

自分でもグイグイ押してる

とのこと。

だから

下腿の筋肉が押しつぶされて

おまけに腓骨まで前方に押し出されて

その結果

前後に長い→横に幅広

に変形してしまってる。

 

スポーツやトレーニングで

脚を鍛えている方なら

筋肉が太くなってるので

幅広でも構わないのですし

たとえ強く押し込まれても

内側から跳ね返す弾力性があるので

大丈夫なんです。

 

でも

K様の場合

筋肉が

細い

弱い。

 

そういう方に

あまりにも強すぎる刺激が加わると

それに負けてしまうのです。

あるいは反射的に逆に硬くなってしまいます。

 

骨格と筋肉の位置(アライメント)もおかしくなり

筋肉間の癒着もあり

運動機能が落ちてしまいます。

 

水の溜まったゴムホースを

強く踏み潰すのと同じように

押した直後は

ポンプ効果で血流よくなっても

潰れてしまえば

構造的に(長期的に)

血流やリンパの流れも悪くなります。

 

ということで

 

これまでずっと受け続けてきた

【押し潰すマッサージ】

とは真逆の

【引き出すマッサージ】

【絡まった組織を一つ一つ丁寧にほどいていくマッサージ】

によって

筋肉をよりフレッシュな状態へ変えていきました。

 

相当ひどい状態でしたから

ずいぶん時間がかかりましたが

施術後

脚がものすごくスッキリしました!

と喜んでいただけました。

良かったです。

 

ただ

むくみがひどく

肝臓の影響もあると思いますので

そちらのケアもしていく必要があると思います。

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

 

 

 

 

膝の痛み 中学2年生バスケ部MKさん

バスケの試合中

 

ジャンプからの着地

 

なんか嫌な感じ

 

と思ったら

 

その翌日から膝の痛みが発生

 

それから5ヶ月間

 

近くの整形外科で電気治療温熱治療するも

 

なかなか治らない

 

一応バスケの練習はするものの

膝に負担がからない別メニューが続く

 

6月までで部活も終わってしまうから

1日も早く

なんとか治したい!

 

実は彼女のお兄ちゃんが

私の息子と小学生以来の友達

 

ということで

 

ご来店下さいました。

 

曲げた時に特に痛い

 

痛いのは膝の外側

 

ひざ痛の最もよくあるパターンで

腸脛靭帯が主要因。

・伸びにくい=伸張性低下
・力が入ってる=筋緊張亢進
・動き(遊び)が少ない=可動性低下
・組織がズレてる=アライメント偏位

などを細かくみていきます。

 

発症後

5ヶ月も経過しているので

腓骨筋

腓腹筋

ヒラメ筋など

他の組織にも問題が起きていましたので

そこもリリースして

足首の柔軟性もみて、、、

 

股関節や

骨盤周りは問題がなさそうなので

 

おそらくこれで大丈夫かな?

 

痛みもやわらいで

膝の動きもスムーズになり

 

あとは様子みて下さい

 

ということで

帰られたのですが

 

今日

お母さんから聞いたところによると

 

施術した翌日に

試合に出て

普通に走り回ってた

とのこと

 

まだ完全に治ったのかはわかりませんが

それでも良くはなってるみたいなので

ホッとしました。

 

応援していますので

頑張って欲しいですね。

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

ヒールストライク?ミッドフット?フォアフット ?

映画でもドラマでも

人が真剣に走ってるシーンってどうしても感情移入してしまいます。

↑名画&そして名曲 炎のランナー

1981年公開だから私が中学生の時ですね

学校の友達と高田(上越市)まで電車で行って

映画館で震えるほど感動した記憶があります。

そんな私ですから

下町ロケット

よりも

陸王が好きです。

陸王では

ヒールストライク走法=かかと着地により

半腱様筋だったか半膜様筋だったかを怪我した

エリートランナーの竹内涼真(役名忘れました)に

落ち目の老舗足袋メーカーが

ミッドフット走法=足裏全体での着地を可能にする

足袋シューズ=陸王を開発し

色々ありながらも

最終的にそれを履いて竹内涼真が激走する。

という話でした。(だいぶ端折った)

感動しましたね。

泣けましたね。

 

でもまあ

(これ言っちゃおしまいなんですけれど、、、)

実際のところ

着地するたびに

かかとに衝撃がかかるような

そんな走り方をするエリートランナーって

もうすでにいないと思います。

みんなミッドフット走法=足裏全体着地はできているのです。

全くエリートでない私だって

そんなに意識しなくても

気づいたら勝手にやってた感じです。

今もっぱらの話題は

フォアフット走法=前足部着地 です。

サッカーじゃない方の大迫半端ないです。

↑シカゴマラソンで2時間5分50秒の日本新記録叩き出した大迫傑選手

 

フォアフット走法の凄さを世界中のランナー達に見せつけてくれました。

ヒールストライクミッドフット走法と違って足裏全体を使う暇なくすぐに蹴り出します。

着地→蹴る

じゃなくて

蹴る→蹴る→蹴る の連続。

ブレーキが全くかからないので

(走る動作って実は結構ブレーキかかってる)

ランニングエコノミー=燃費が良いと言われています。

しかし

やってみればわかりますが

慣れないと

ふくらはぎや足裏への負担は相当なものです。

日本人がやろうとすると怪我しがちなのも事実。

私も避けてきましたし(エリートでないからね)

お客様にもあまり勧めていません。

しかし

フォアフット で怪我をしたというお客様

がいる一方で

フォアフット じゃないと怪我をする

というお客様もいらっしゃるのです。

これはもう

自分で確かめるしかない

ということで

毎晩ジムでフォアフット のトレーニングをしております。

おかげで毎日筋肉痛です。

このまま半年続けたらどうなるか

後日またお知らせできれば

と思います。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

 

 

プロダンサーI様 右膝の痛み

稽古中の作品で酷使するためか

右膝が痛い

曲げても伸ばしても痛い

体重かけても痛い

膝の関節が入らないような違和感がずっとある

とのこと。

 

触ると

右膝の皿(膝蓋)を包む膝蓋靭帯

それと

腿の筋肉(大腿直筋=膝痛の最もメジャーな要因)が膝に付着する膝蓋腱

そのどちらにも

1センチにも満たない

細かい拘縮(小さく硬いしこり)がいくつも見られました。

そのいくつもの拘縮が膝蓋の動きを制限してしまっているようです。

たっぷり時間をかけて

拘縮の一つ一つを丹念にリリース(こわばりから解き放す)します。

膝裏の外側(大腿二頭筋)にも拘縮が見られたので

同様にリリースしました。

施術前は

左と違う角度だった右膝のお皿もまっすぐになり

脛の骨もそれに合わせまっすぐにして

全然なかった膝の可動も出てきました。

 

施術後にしっかり膝の曲げ伸ばししてもらいましたが

大丈夫になりました。

 

それはそうと、、、

 

施術中に

最近夜中に起きてしまい そうなるともう寝れない

と相談されました。

それに対して私の答えは

 

昔の日本人

古代の人間達は

2世代 あるいは3世代の家族が一つ同じ部屋(ほら穴)に寝ていました。

そして

子供が寝静まった

夜中の2時とか3時に

父親と母親は

ムクッと起き上がり

子作りするのが普通だったとのことです。

つまり

我々大人が

夜中に起きて悶々としているのは

言ってみればそのころの名残だと考えられます。

ごくごく自然なことなのです。

悩む必要ないのです。

どうしても寝れないのなら 寝なくていいのです。

そのうち寝ますから。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

 

 

 

マラソン前のメンテナンス

明後日に迫った

新潟シティマラソン前の調整で連日ランナーの方が続々ご来店されてます。

私自身は今回は出場しないのですが

年々ランナーのお客様、マラソンされるお客様が増えていて

走ることの素晴らしさを知る私としてはとても嬉しいです。

体のケアとしては

ストレッチや器具を使ったマッサージでも効果はあると思いますが

どうしても痛みが取りきれない

普段は痛くないのに走ると必ず膝や足首や足裏など特定の箇所が痛くなる

という方は

問題箇所が小さすぎたり

問題箇所が深すぎたり(だからといって強圧でアプローチしてはならない!)

筋肉の拘縮が強すぎたり

複雑化していたり

様々な理由でストレッチやマッサージが効かない状態になっています。

 

私たちGREENSは数ミリ単位の非常に細かいレベルで

丁寧にしっかりと問題箇所に働きかけます。

効果がなければ料金はいただきませんので

どうか安心してお任せくださいませ。

bodycare GREENS 森田