寒い冬 温めたい箇所その3 

寒い冬 温めたい箇所その1

寒い冬 温めたい箇所その2

続いて温活ポイント第三弾はです。

特に仕事のプレッシャーやいろんな悩みを抱えていて

自律神経のバランスを崩してしまってる

そういう方にオススメです。

 

腸は自律神経と密接な関係があってお互い影響し合っています。

自律神経は自分が意識しなくても自動的に働いてくれる神経なのでとどんな関係があるのか?

と思うかもしれませんが、

腸内細菌のバランスを整えての働きを良くすると自律神経が整います。

また自律神経のバランスが整うとの働きも良くなります。

そしてもう一つにはほかの臓器にはない特徴があります。

とも直接つながっていて、

体に害のあるものがに侵入すると、

それが瞬時に脳に伝わり反応します。

それが下痢です。

また反対に便秘やガスが溜まるなどが異常を感じれば、

すぐさまに届いて胃腸の働きを鈍らせることもあります。

自律神経に影響を与えるだけでなく、

脳にも影響を与える臓器、

腸は第二の脳」とも言われるほど大切なものなのです。

bodycare GREENS モリタ

寒い冬 温めたい箇所その2

寒い冬 温めたい箇所その1

に続きまして

今回オススメする温めポイントは

お尻(肛門周辺)です。

 

風邪の予防に喉を温める

ってのは昔からの定番ですよね

私も寝るときに首にタオル巻いたりします。

 

が消化器系の管の入り口だとしたら

肛門出口であり

喉と同様に重要ポイントであります。

 

肛門ポリープ(いわゆる痔)

大腸ポリープ(大腸癌の初期症状)

 

ポリープというのはもともと静脈のうっ血から始まります。

 

温めることによって

肛門括約筋の緊張をとり静脈のうっ血を軽くするのに

とても効果的です。

 

bodycare GREENS モリタ

 

寒い冬 温めたい箇所その1

今年は暖冬なんでしょうけど

ここ数日ずいぶんと寒い日が続きますよね。

腰や背中にカイロ貼ってるお客様多いですね。

 

今はこういう便利なものもありますから

冷え性の方は足を温めたりしていると思うのですが

私は毎日運動もしていて

筋肉もそこそこありますから

冷え性ではないのですが

 

風邪予防、インフル予防などで

免疫力高めるため

これ使ってもっぱら内臓を温めています

 

まずは疲れやすい腎臓(腰椎を挟んで左右にあります)。

腎臓

老廃物の排出、血圧コントロール、血液を作る指令を出す、体液量とイオンバランスの調整、カルシウムの吸収に必要なビタミンDの生成など

体を正常な状態に保つ重要な調整器官として

常にフル回転で働いてくれてます。

 

なんか疲れやすいな〜

って人は

実は腎臓が疲弊してるってことも多いのではないでしょうか?

あるレベルまで腎臓の機能が落ちてしまうと

もう自然に治ることはありませんから

日頃から大事にしないといけませんね。

腰に手を当てて

だいたい親指の当たるところにありますから

そこを温めます。

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

 

 

SK製菓の

会長夫人のS様がいらっしゃいました。

↓子供の頃本当によく食べてた。懐かしいな。

 

症状としては

5年前の(左側)脳内出血以来

右半身の感覚が鈍く

手で物を書くのもちょっと難しいし

右膝は曲がらないし

足首もカチカチ。

今回は特に右肩が痛い。

ということで

原因である頭部の左側をじっくり調整した後

右前腕手首も入念に

お腹(大腸ガンの手術されているので内臓もしっかり)

右の足首

両肩

背中

右膝

最後に

下肢全体

90分の予定でしたが

2時間以上かかってしまいました。

まあよくあることです。

神経の問題があるでしょうから

すっかり治るとは思いませんが

それでも随分動くようになりました。

また来たいって言ってもらえて良かったです。

 

ちなみに柿の種っていうと

森田家ではもっぱら亀田製菓ですが

S様に

絶対にうちの方が美味しい

と力説されましたので

今度食べ比べてみて

美味しければ

SK製菓のものしか買わないようにしようと思います。

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

 

 

連日の飲み会

普段

全くと言っていいほど

お酒飲まないので

連日でお酒飲むと

身体の変化がよくわかります。

 

胃で20パーセント

小腸で80パーセント

吸収されたアルコールが

血中に溶け込み

肝臓に運ばれ

分解されるわけですが

 

量が多いと

それが間に合わず

 

心臓に送られ

 

そこから

脳や

全身に運ばれていく

 

脳にアルコールが到達して

脳が麻痺する感覚

それを

じっくり味わっています。

 

これはこれで

面白いものですね。

 

まだまだ飲み会続きます。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

免疫力を高めるために

腸内には

3万種類

100兆〜1000兆もの細菌(重さ1.5〜2kg)が

その種類ごとに集団を形成しながら住みついているということ。

いわゆる腸内フローラですね。

簡単に言いますと

ビフィズス菌のような善玉菌

大腸菌などの悪玉菌より優勢であるかどうか

そのことが免疫力に大いに関係しているのですが

(健康な人の便を移植する治療もあるぐらい)

 

同じように口の中

口内フローラ

歯周病だけでなく

免疫力を左右するものと考えられます。

 

腸内フローラよりも

口内フローラの方がコントロールしやすいので

殺菌用マウスウォッシュや

歯磨き(歯間ブラシも)を

毎食後しっかり行う習慣があるといいですね。

 

歯周病菌

認知症

糖尿病の原因の一つであることも

すでに証明されているようです。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

臓器移植から 身体反応のリアルがわかる

臓器移植が医療としてわずかな有効性を示しうるとすれば
それはこの技術の革新性がもたらしているものでは、おそらくない。

生命が本来的にもっている可塑性に支えられているのである。
切り取られ、無理やりはめ込まれた部分としての臓器に対して、身体はその不整合ゆえに、けたたましい叫び声を上げる。

激しい拒絶反応が起こり、異物排除のための攻撃が始まる。不思議な界面に、全身から白血球が集まり、抗体が生産され、炎症が発生する。移植臓器がこれに耐えかねた場合、臓器は壊死を起こし、その場にとどまれなくなる。
なんとか臓器が持ちこたえたとしても、免疫応答を抑え込むために、強力な免疫抑制剤が処方されなければならない。果てしない消耗戦であり、レシピエント側は免疫能力全般のレベルダウンを余儀なくされる。新たな感染症におびえねばならない。

しかし、ここに奇妙な共存関係がなりたつこともある。レシピエントの免疫系は、やがてその攻撃の手を緩め、ある種の寛容さを示したかに見えるようになり、移植臓器も、完全にしっくりとは行かないまでも周囲の組織と折り合いをつけるようになる。まさに文字通り、植え替えられた植物のごとく、新たな根を張り、茎を伸ばして、血管系や神経系を徐々に再生して、代謝上の連携を結ぶようになる。
ひととき、大きくかきみだされた平衡は、徐々に新たな平衡点を見つけるのだ。生命現象が可塑的であり、絶え間のない動的平衡状態にあるということはこういうことである。

福岡伸一 世界は分けてもわからない より

________________________

臓器移植を批判するつもりは全くありません。

臓器移植以外では命を維持できない人が大勢いるのも事実です。

小児心臓移植など中にはまだまだ厳しいケースもあるとはいえ

全体的には移植後生存率も随分上がっているのもまた事実。

そうではなくて

臓器移植が良い悪いとかではなくて

異物が身体に入ってきたときの

免疫反応含めた

リアルな身体反応を

私たちはもっと知っておいたほうが良いのではないでしょうか?

と思ったのです。

 

bodycare GREENS 森田

膵臓

膵臓(すいぞう)の役割ってあまり知られていないようですね。

膵臓は消化に必要な消化酵素を作る臓器です。

トリプシン(タンパク質をポリペプチドやオリゴペプチドといったアミノ酸に変える膵液)

アミラーゼ(デンプンを麦芽糖に変える唾液、膵液)

リパーゼ(脂肪を分解する胃液、膵液)

などなど

これらの消化酵素は全て膵臓で作られます。

消化酵素とはつまりタンパク質です。

肉や魚など60グラムのタンパク質を食べると70グラムの消化酵素が分泌されます。

ぐちゃぐちゃに混ざった状態で

消化酵素も再び消化吸収されて

便として排出されるのはだいたい10グラムです。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

腎癌専門の病理医でいらっしゃるN大医学部のO様が

1年のスイスチューリッヒ留学から帰国されて

久々にGREENSにご来店いただきました。

今もジュネーブに住んでおられる

別のお客様であるK様にスイスのことは

物価が異常に高い

とか

食べ物がまずい

とか

娯楽が何もない

とか

言葉(フランス語かドイツ語)喋れないとあからさまに嫌な顔される

とか

色々聞いてたのですが

O様も相当苦労されたようです。

 

でも良いこともあって

フランスにもドイツにもオーストリアにもイタリアにも北欧にも

ごくごく気軽に旅行ができることと

そしてもう一つ

日本では便秘とキレ痔に悩まされていたのが

ミネラル分を多く含んだ現地の水のおかげで

一発で治ってしまったそうです。

 

でも日本に帰ってまたすぐに便秘に、、、、

現地の水に一番近いエビアンを時々飲むようにしたら

やっぱり治った。

便秘でお困りの方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

bodycare GREENS 森田

ちょっと厳しいかも、、、

体への負担を抑えるため

わざわざゆっくり走ってるのにもかかわらず

肝臓なのか腎臓なのか胃腸なのか

内臓の機能がある時点でガタッと落ちてしまい

そうなると身体が全く動かなくなってしまいます。

 

ちょっと危険なレベル。

 

ヘパリーゼ飲んで

胃腸薬飲んで

2時間は寝て安静にしていないと復活しません。

水すら飲めない状態。

 

これでは危なくて到底100kmなんて無理ですね。

筋肉的な問題はないだけに悔しい、、、、

どうしたもんか。

 

整体と骨盤矯正の組み合わせで小顔効果もUP

新潟市中央区の本格整体(マッサージ)

bodycare GREENS 森田