風邪対策 免疫力をあげることが何より重要

風邪流行ってますね。

 

風邪の予防って言えば

手洗い うがい マスク

が一般的ですが

どれだけ頑張っても

ウィルス細菌の侵入自体を防ぐことはほぼ不可能なのです。

なぜなら

細菌(生物)の大きさはだいたい0.001mm

ウィルス(非生物)の大きさはさらにその1000分の1

めちゃくちゃ小さいから。

 

TVなんかでよく見る

くしゃみせきによって飛び散る飛沫の映像だと

あの飛沫こそが

細菌ウィルスであるように勘違いしがちですが

あれはただの唾液の飛沫であって

細菌やウィルスではないのです。

どれだけ高性能なカメラであっても

あまりにも小さすぎて

ウィルスの映像をとらえることは不可能なのですね。

 

唾液の飛沫

重みですぐに落下しますが

水分を含まない乾燥したウィルス

空気中にウヨウヨいます

しかも長時間。

 

だから

近くに風邪引いてる人が一人でも入れば

まず間違いなくそのウィルスや細菌は

あなたの身体に侵入してきます。

(特にマスクの予防効果はほぼゼロです。)

なので

如何にして免疫力をあげるか

それこそが私たちが本当に考えなければならないことなのです。

bodycare GREENS 森田

 

臓器移植から 身体反応のリアルがわかる

臓器移植が医療としてわずかな有効性を示しうるとすれば
それはこの技術の革新性がもたらしているものでは、おそらくない。

生命が本来的にもっている可塑性に支えられているのである。
切り取られ、無理やりはめ込まれた部分としての臓器に対して、身体はその不整合ゆえに、けたたましい叫び声を上げる。

激しい拒絶反応が起こり、異物排除のための攻撃が始まる。不思議な界面に、全身から白血球が集まり、抗体が生産され、炎症が発生する。移植臓器がこれに耐えかねた場合、臓器は壊死を起こし、その場にとどまれなくなる。
なんとか臓器が持ちこたえたとしても、免疫応答を抑え込むために、強力な免疫抑制剤が処方されなければならない。果てしない消耗戦であり、レシピエント側は免疫能力全般のレベルダウンを余儀なくされる。新たな感染症におびえねばならない。

しかし、ここに奇妙な共存関係がなりたつこともある。レシピエントの免疫系は、やがてその攻撃の手を緩め、ある種の寛容さを示したかに見えるようになり、移植臓器も、完全にしっくりとは行かないまでも周囲の組織と折り合いをつけるようになる。まさに文字通り、植え替えられた植物のごとく、新たな根を張り、茎を伸ばして、血管系や神経系を徐々に再生して、代謝上の連携を結ぶようになる。
ひととき、大きくかきみだされた平衡は、徐々に新たな平衡点を見つけるのだ。生命現象が可塑的であり、絶え間のない動的平衡状態にあるということはこういうことである。

福岡伸一 世界は分けてもわからない より

________________________

臓器移植を批判するつもりは全くありません。

臓器移植以外では命を維持できない人が大勢いるのも事実です。

小児心臓移植など中にはまだまだ厳しいケースもあるとはいえ

全体的には移植後生存率も随分上がっているのもまた事実。

そうではなくて

臓器移植が良い悪いとかではなくて

異物が身体に入ってきたときの

免疫反応含めた

リアルな身体反応を

私たちはもっと知っておいたほうが良いのではないでしょうか?

と思ったのです。

 

bodycare GREENS 森田

整える人

体を

整える

師(指導者)

それが整体師。

でも

整えるだけ?

それだけでいいの?

 

生きとし生けるものみな

流れていなければならない

川のように

河のように

海のように

風のように

 

だからかき回す

 

グラスに溜まった澱(おり)を

スプーンでぐるぐると撹拌するように

それも私の大事な役目。

 

淀んではいけない

止まってはいけない

固まってはいけない

濁ってはいけない

だからかき回す

ぐるぐるぐる

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

リンパ系 吸収と免疫活動(整体師の解剖学・生理学)

リンパ系は

リンパ管(線状の部分)

様々なリンパ器官免疫器官)から構成されます。

リンパ管の主な機能としては

⑴組織液や毛細血管に吸収されなかった物質の吸収
⑵消化管で吸収された脂質の輸送
⑶リンパ器官から血液循環へとリンパ球を運ぶ

が挙げられます。

リンパ器官

特異的免疫機構の一部で
感染性微生物の侵入に対する関門として働きます。
脾臓は血液と直接連絡を持つ唯一の免疫器官です。

リンパ器官は1次・2次リンパ器官に区別されます。

1次リンパ器官とは胸腺骨髄のことを言います。

2次リンパ器官とは
脾臓
リンパ節
粘膜関連リンパ組織と扁桃
気管支関連リンパ組織
腸管関連リンパ組織(パイエル板や虫垂など)のことを言います。

1次リンパ器官

免疫細胞の生産成熟および分化されたあと

その免疫細胞

2次リンパ器官に集まって免疫応答細胞となります。

ここで抗原提示リンパ球増殖抗体生産といった

いわば「前線における感染症との戦い」が繰り広げられるわけですね。

 

もう少しわかりやすくかけたらな〜

bodycare GREENS 森田