ロンドンからサッカー選手代理人のM様が

久しぶりにいらっしゃった。

 

J2新潟アルビのチーム体制が

昨シーズン終了後

大きく刷新されたのですが

 

監督

多くの選手達

コーチ陣に加えて

GM(ゼネラルマネージャー)までも交代することになったようで

 

前任のGMさんの慰労会(飲み会)に参加するために

M様新潟へ

その翌朝

いつものようにグリーンズ へご来店されました。

 

長い間

チームが強くなることだけを考えて

身を粉にして働いてくれた

ベテラン選手や

コーチ、フロント陣に対する非情な扱いに

やるせない思いを語ってらっしゃいました。

 

プロスポーツの世界って

キラキラして見えるけど

内実は本当にしんどいですよね

 

極端に言えば

勝ったり負けたりが許されない

勝って

勝って

また勝って

常に勝ち続けて

その結果として

誰もが憧れる

栄光のステージにたつ権利を

ついに勝ち取る

思わず叫ばずにはいられない

歓喜の瞬間を迎えても

その直後から

また負けられない日々が続くわけですよね

私には到底無理です…

 

そのほか

英国プレミアリーグや

その他欧州リーグの現状について

色々教えてもらえました

 

M様の娘さんと息子さんの教育についての話も

随分盛り上がりました

あまり細かいことは語れませんが

お姉ちゃんは英語が大好きでロンドンの学校に行きたがり

弟君は英語が大っ嫌いで日本の学校に行きたいらしく

親としてはどうしたもんか?

悩み多きM様なのでした。

 

肝心なお身体の状況ですが

まあ

はっきり言って

ボロボロでしたね

 

ロンドンでのパーソナルトレーニングと

小田原での激痛鍼治療の成果もあって

腰回りは比較的状態よかったですが

 

首がまあひどい 

ひどすぎる

細かい筋肉がベットリ癒着して

ひとかたまりに固まってしまってるので

指先でつまんで

じっくり時間をかけて

ひとすじひとすじ綺麗にはがして

どうにかまともに首が動くようになりました

 

左の肩甲骨も同様にベットリ固まって動かないので

肩甲骨の裏(肩甲下筋)

肩甲骨の表面(棘上筋/棘下筋)

さらに外側にあるアウター(僧帽筋)

その他

周辺の筋肉を全部ひとつずつ分離させて

するする滑るようにしたら

肩甲骨が自由に動くようになりました

たぶんですけど

パーソナルトレーニングで

頑張って肩甲骨周り鍛えすぎて

逆に硬くなっちゃってたようです

 

何しろロンドン在住ですから

他のお客様のように

調子悪くなったらすぐグリーンズ

ってわけにもいかないので

余計に念入りに施術させていただきました。

 

すげっ

肩甲骨動く動く!

って喜んでらっしゃいました。

 

よかったよかった

 

是非サッカー選手紹介してください

って言ったら

結構勧めてるんだけど

ついてくれてる専属トレーナーに悪いから

みんな他の治療は受けにくい

っておっしゃってました

まあ

そりゃそうですよね

勧めていただけてるだけでも

感謝です。

bodycare GREENS モリタ

コメントを残す