U-23アジア選手権カタール戦

2敗1分けで終わってしまった今大会ですが

初戦のサウジアラビアは

ハッキリ言って相手が強かった

相当強かった

だからまあ そんなにショックでもなかったけど

問題は二戦目

あきらかに格下のシリア

しかもシリアってご存知のように

長く続く激しい内戦の真っ只中なので

そもそもサッカーしてる場合ではない

そのシリアに

あんなに不甲斐ない試合してるんじゃどうしようもない

こりゃダメだな

とは思ったんですが

ガチのカタールがどれだけ強いのかを確認したかった

ってのもあり

昨日の試合もみてましたが

日本の選手達予想以上に頑張ってましたよ

まあ

頑張るのは当たり前なんですが

なにせ相手がカタールですからね

前回のアジア杯優勝チームで

次回のW杯の開催国ですからね

個人の能力も高いし

チームとしても洗練されてる

サンチェス監督の手腕も素晴らしい

しかも潤沢なオイルマネーで資金力も抜群

強くならないわけがない

そんな相手に

互角以上の試合してました

ただ…

審判が…

ひどい…

一発退場のシーンもそうだし

PK与えたシーンもそうだし

わけがわからない

解説の松木さんが

もう終始ブーブー言ってましたよね

まさか政治的な圧力があるのか?

レフェリーにもオイルマネーが?

って疑いたくもなるような

一方的にカタールよりのジャッジでした

それがなければ

普通に勝てたんじゃないかな?

まあとにかく

若きサムライブルーの選手達

闘志あふれるプレーを最後に見せてくれました

なかなかやるじゃん

十分期待できますよ

大丈夫!

bodycare GREENS モリタ

コメントを残す