自分の息子や孫に対する思い

今日

70代のS様と色々お話ししてたら

私も夫も 孫に対しての気持ちがそれほど強くないのよね

っておっしゃったので

じゃあ息子さんや娘さんが小さい頃はどうでしたか?

って聞いたら

ん〜やっぱり子供たちに対しても感情が薄かったかも…

ってケラケラ笑いながらおっしゃってた

 

誤解されると困るのだが

私のS様に対するありのままの印象をいうと

とても魅力的

とても社交的

できれば私も70歳になれば

S様みたいになりたい

そう思うぐらい

素敵な

憧れの存在である

 

何が言いたいかというと

私みたいに

息子に対して一生懸命

娘に対して一生懸命

子供が頑張ってるの見るとすぐ泣く

そういうのって別に偉くもなんとも無いし

そういう性質(タチ)である

というそれだけである

 

子供に関心薄いからひどい親だ

っていうのは

価値観 倫理観の押し付けであり

そういう人でも素敵な人はいるのだ

 

良い親でいなければならない

とか

親子のコミュニケーションは密でなければ

とか

教育熱心であるべき

とか

あんまり理想を追いすぎて

考えすぎて

悩みすぎて

フリーズしたり

爆発するくらいなら

 

私は子供に関心薄い

って開き直ったって

いいと思う

 

時々

ああ でも 今日くらいはちょっと子供に愛情注ぐか…

って思い出したように

優しくしたりして

 

それはそれでいいんじゃないかな?

子供はほっといたってちゃんと大人になりますよ たぶんね

親は子供より賢いっていう幻想bodycare GREENS モリタ

コメントを残す