ハードワーク→格闘技萌え→メッセージに涙

台風接近中もいつも通りの施術ラッシュだった昨日ですが

夜はスタッフにお任せして

早めに帰宅

家族に誕生日祝ってもらい(ありがたいっす)

楽しみにしていた格闘技!

山本美憂の渾身の戦いに胸が熱くなりました。

最初から最後まで

鬼気迫る という言葉を体現し続ける彼女に対し

いろんな思いが込み上げてきて大変でした。

勝ってよかったですね 本当に。

 

その後いよいよ

お待ちかねのドリームマッチ

堀口恭司vs那須川天心

とんでもない試合になるのは想像していたのですが

私の想像なんてはるかに超える

凄まじい戦いが展開されました。

「人間と戦っているんじゃないみたいで、獣とやってるみたいで、一歩間違えると自分がやられるようなそういう試合でした」

という試合後の那須川天心選手の言葉通り

人間を超越した何か をリングに見ることができました。

さらに那須川選手はこうも言っています。

「3分、3ラウンドが、長かった。楽しかった。天下分け目。この先の格闘技人生が決まるような試合だと考えていたが、人生の節目のような試合ができた。今後がどうでもよくなるような非日常的な時間だった」

私としては

ずっと追いかけてきた堀口選手にどうにか勝って欲しかったのですが

負けて その強さがさらに輝きを増した

という思いが強く 大満足でした。

 

さてさてその後

バースデーカードに書かれた息子のメッセージを見ると、、、

本気か?

実際どこまでそう思ってるのかはわかりませんが

それでも嬉しいですね。これからも頑張りますよ!

 

で 娘のメッセージはと言いますと

健康で

ってえらいシンプルやのう!

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

コメントを残す