歩き方で骨盤が変わる?

骨盤周辺の筋肉や筋膜が硬くなると

骨盤の動きが制限されて

結果

骨盤が歪んだ状態で固定化してしまう。

歪んでるかどうか?

ということよりも

動きがあるかどうか?

ということの方が問題なのです。

よく見かけるのが

歩くときに

脚を前に前に出してる方。

 

えっ?

歩くときに脚を前に出すの当たり前でしょ?

 

まあそうなんですけれど

 

脚を前に出そうと意識すると

どうしても

股関節にしっかり体重を乗せずに

乗せる前に脚を出してしまうケース

が出てきやすいのです。

もっとわかりやすくいうと

お尻の下に右脚がきたらすぐに左脚を前に出してしまうケース

それだと

股関節が使えていないので

骨盤もほとんど動かない

それでは

何万歩歩こうが

骨盤や腰回りの硬さは改善されません。

むしろ硬くなってしまいます。

 

目線を下げない

胸を若干張った状態で(力入れない)

手はやや開きぎみ(握るなら親指じゃなくて小指)

手を振ろうとしない

ひじを引こうとしない(上腕二頭筋が疲労するので続かない)

二の腕(上腕二頭筋)の裏側にある上腕三頭筋を少し(力は入れない)引く感じ

腰は反らさず

骨盤は前傾でも後傾でもなくなるべくまっすぐに(でも固めない)

脚からではなく骨盤から前に出て行くイメージで

お尻より後方に脚がきてから逆の脚を前に出す

足裏の着地は踵→外側→母指球(最後に母指球で体を前方にゆっくり押し出すイメージ)

ずいぶんと細かいですが

上記の歩き方ができれば

腰回り、股関節周りが固まりにくい

つまり腰痛が起きにくい(それが全てというわけではありませんが)

そうなって行くと思います。

走ると腰が痛くなる方も

同じように上記を意識できれば

変わってくるのではないかと思います。

 

なお

筋肉の短縮が強くて伸びない場合はストレッチ(静的ストレッチより動的ストレッチを勧めます)する必要ありますし

筋膜の滑走不良がある場合は筋膜リリースが必要となります。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

筋肉の張りがないのに強い腰痛 ドラッグストア勤務T様

身体を触っても筋肉の張りが全く感じない

でも腰が痛い

とても痛い

 

そこでアプローチの方法を変えることにしました。

仰向けに寝てもらい

手を腰とベッドの隙間に入れて

↑広背筋とその奥にある筋肉を

ふわっと柔らかく掴んで後方に引き出しつつ

筋肉に沿ってゆっくり慎重に動かしてみます。

そこでようやく筋膜の癒着により筋肉がスライド(&伸縮)できなくなってる箇所を見つけることができました。

うつ伏せの状態で触るとどうしても外圧(押す力)がかかってしまう

外圧(押す力)がかかることによって緩む

それだと真の問題が見えてこないのです。

(ストレッチも基本的に同じで、真の問題が見えてこないという問題を抱えてます)

いつも言ってますように

筋肉を緩めることを目的としてしまうとそうなります。

まあとにかく

しばらくそうやって筋膜(筋肉間の筋膜)リリース(解放)してると

(硬さはないけど)動かなくなっていた筋肉がスルスルと動くようになります。

ところが今度は

仙骨の右側が激痛!

これはよくあるパターンで

仙骨の右側が外圧またはその他の理由で

ほんの少しだけ陥没してしまってる。

陥没しているのですが

前述の広背筋と同じようにつかみ出すということは形状的にできません。

同じテクニックが使えないので

そういう場合は仙骨を引き出す姿勢である

猫のポーズ(正確には牛と猫のポーズ)をいつもしてもらうのですが…

これができない

痛すぎてできない

相当、仙骨(仙腸関節)に外圧がかかってしまって

この姿勢では出てこない、余計に圧がかかってしまうのでしょう。

そこで

右足を後方へグイッと持ち上げて仙腸関節に内圧をかけた状態で

張っている左の仙腸関節および臀筋から背中にかけてをしっかり解して

右側全体を引き出していくことによってリリースさせてみました。

 

時間かかりましたが

どうにか痛みも取れました。

 

良かったです。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

 

 

 

ドラッグストア勤務T様

長年の仙台勤務からようやく新潟へ帰ってこられ

かつて励んでたダンスも復活

昔を思いだし

嬉しくなって

張り切りすぎたせいか

パフォーマンス中に腰の右側を痛めてしまった。

それから数ヶ月

整形外科に通いつつ

ダンスは自粛していたのですが

ある朝突然

冷や汗が出るほどの激痛が走り

怖くなってしまった。

ダンス仲間に相談したら

GREENSを紹介された

とのこと。

 

さっそく身体触らせてもらいましたが

これがまあ よくわからない。

私の場合

お客様の見た目とか(いろんな評価法があるのは知ってます)

問診とか(一応ききますが)

そんなことよりも

とにかく

触りさえすれば

状況はわかる

そのつもりなのですが、、、

 

筋肉が薄すぎる上に

ご自分で頻繁にマッサージされてるからか

どこもかしこも柔らかく

部分的な硬さも全く感じない

それに

左右の違いなど

バランスの問題もほとんどない。

そうなると押したり揉んだりする意味もないし

矯正するべき部位もない。

にも関わらず痛みは強くて、、、

 

さあ どうする?

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

 

 

 

 

20代の技師 I様

中学の時に大太鼓を担いで演奏していたら(マーチングかな?)

腰椎のヘルニアになってしまったそう。

 

除去手術を受けたものの

痛みは改善されず

そのまま10年以上が経ち

 

整体に通ったこともあるが

目に見えた改善も見られず

 

今は

整形外科で

電気治療

牽引療法

時々受ける

効果は あまり感じないとのこと。

 

腰痛も辛いが

それ以上に股関節の痛みが強いとのこと。

 

I様のように重い症状を抱える方の場合

ファーストタッチで軽く衝撃を覚えることも多いのですが

それと同時にスイッチが勝手に入ります。

 

スイッチが入ると

全神経を集中させて

お客様の身体の中

奥へ奥へと

ズブズブと入り込んでいきます。

他には何も見えないし

何も聞こえなくなります。

 

ほとんどの場合

問題は

身体の奥の奥のそのまた奥

深く沈んだ闇の中にひっそりとあります。

 

もっと明るい

見つけやすい場所に問題があるのなら

誰かがとっくになんとかしているはずです。

 

誰も見つけられなかった問題箇所を見つけるのが

私の仕事の半分

その問題箇所に直接アプローチするのが

もう半分なのですが

技術的にものすごくハードな時も多々あります。

 

I様の場合もそうです。

問題のスケールが大きすぎる

ヘルニアはそのごくごく一部の問題

(だから治らない)

その上にキツい(動かない)。

よくみれば大小様々な問題が幾重にも重なってる。

 

見事なまでに

がんじがらめに絡まってしまった糸を

粘り強く

丹念に

時間をかけながら解いていくのです。

 

少し光が見えた

と私は言いました。

I様もそう感じてくれたようです。

 

ちょっと時間はかかりそうですが

月に一度の施術で

半年〜1年ぐらいかな?

最終的に痛みゼロの身体に変えていきたい

そう強く思いました。

 

そしてその翌日

中学校で音楽の教諭されてるS様と

音楽教育で身体を痛めてしまわないような工夫

について色々話すことができました。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

 

 

 

 

セラピストのS様

前回施術していただいて体の調子がとても良くなり、お仕事もいつもより辛くならずにできています。
今日はメンテナンス的な感じで体を整えていただければと思います。よろしくお願いします。

_____________________________________

施術するたびに腰に激痛が、、、

一人終わったらしばらく寝てなきゃならないぐらい辛い。

マッサージ受けるのが好きで

整体やオイルトリートメントなど週に1度は行ってる

というセラピストのS様。

 

マッサージ好きで

いろんなお店でいろんな施術を受けてらっしゃるのですが

こんなに腰が楽になったのは初めてで

施術後に寝込むことも無くなった

とおっしゃっていただきました。

そして

なぜこんなに気持ちがいいのか?

と、、、、

 

S様の場合L①(腰椎①)と胸郭(肋骨)と

そこに繋がる筋肉全てに

特殊なアライメント(位置と並び)の問題がありまして

そのために

決まった流れでマッサージしてしまうと

間違った方向へ筋/骨格を導くことになりやすく

逆に痛くなりかねないケースでして

実際マッサージとは痛いものだと思い込んでいたようです。

 

症状をとる しかもできるだけ根本的に長期的に

ということが私にとっては何よりも大事

最重要事項なのですが

それを追求すれば追求するほど

あらゆる部位を極めて丁寧に正確に診る(評価する)必要性があり

それが正しくできていれば

全く痛みのない 気が遠くなるほど気持ちのいい施術にならなければおかしい

のです。

 

症状改善のために 痛い施術を我慢する必要なんて 

一切ないのです!

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

ロンドン在住で

サッカーなど

プロスポーツ選手の代理人をされてるM様。

 

ご実家が川崎なんですが

なんと今日

川崎在住のお母様に施術受けさせたいとのことで

わざわざレンタカー飛ばして新潟のGREENSにいらっしゃいました。

 

2〜3年前に

新潟にいたサッカー選手のお仕事でたまたまふらっとGREENSにいらっしゃって

それ以来のファンだとおっしゃっていただきました。

 

お母様は

20年以上

腰痛、膝痛、坐骨神経痛で悩まされており

杖も使用されています。

リハビリも4年以上通われており

鍼にも通われているそうです。

 

それでも私にできることは沢山あります。

それを施術させていただいて実感いたしました。

 

もちろん私の施術だけでどうにかなるものでもなく

ご自身の努力は不可欠ですが

何をすれば良いか

アドバイスを含めてしっかり対応させていただきたいと思います。

 

今日明日と温泉旅館に泊まられて

月曜日にまたご来店されるので

今日の施術でどの程度改善されているか

その確認と

さらに細かい調整もできればと思います。

 

どうにかしたい

奮い立つような気持ちにさせていただいて

感謝です。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

 

サブ4ランナーN様(2)

走り方を変えれば症状改善するのであれば走り方を変えれば良いです

弱い筋肉を鍛えることによって症状改善するのであれば筋トレすれば良いです

伸びなくなってる筋肉をストレッチすれば症状改善するのであればストレッチすれば良いです。

 

N様の場合はそれぞれ一時的な効果は感じるものの

別の箇所に症状が移動してしまったり

しばらくすると痛みが再発したりして

根本的な改善がみられない状況であります。

こういう場合は

とにかく丁寧に状況を確認することが最も大事なのではないでしょうか?

今一番痛いのが足裏ですが

フォアフット走行のためには下腿(ふくらはぎ)を鍛えなきゃ ということで

カーフレイズ(踵上げ)をやりまくってるそうなんです。

そのせいか

指の付け根が総じて硬く

伸展した状態で固定化されてしまっているのです。

加えて

右足の外のくるぶし(外顆)と腓骨が下がってしまってます。

捻挫の後遺症でしょうか?

それと連動して足裏の横アーチが変形して

足根骨(指の根本)の3指(中指)と4指(薬指)の間が狭くなっています。

痛みのある箇所もまさにその部分!

つまり

縦方向には筋肉が伸びた状態(伸展優位)で固まり

横方向には拘縮(強い短縮が取れない)してしまっているのです。

 

そこを念入に時間をかけて調整し

下がっている外顆と腓骨を上げ

右膝の角度調整

左膝裏 ハムストリングスの拘縮も調整し

骨盤を調整し

 

元々の腰痛の原因である腰方形筋の左側の拘縮と同時に

腰椎と肋骨のアライメント(並び)を調整し

その他諸々、、、、、

そうなのです

みなさんが思ってるより随分いろんなことしているのですね。

 

という具合に

非常に繊細に かつ 全体を俯瞰しながらの全身調整により

バランスが整い

曲げるだけで痛みがあった右膝も改善され

何もしなくても痛かった足裏も改善され

 

あとはしっかり走ってみてください

 

ということで

次回のご来店が私も楽しみです!

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

 

 

身体の前側を伸ばす

筋トレにより胸筋や腹筋が発達している人もそうですし

デスクワークでいつもお腹を縮めるような姿勢の人もそうなんですが

身体の前側が伸びなくなってるケースは多いです。

それによっていわゆる猫背が固定化されたり

無理に姿勢良くしようとして反り腰になったり

反り腰が腰痛を引き起こしたり

いろんな悪影響があるのです。

身体の前側をしっかり伸ばしましょう!

 

bodycare GREENS 森田

呼吸(腹圧)によって 腰への負担を減らせます

酸素と二酸化炭素の交換というだけで呼吸を捉えてしまっては

呼吸はどうしても浅くなってしまいますが

 

姿勢の維持においても

筋肉の緊張緩和においても

呼吸(腹圧)はとても大事です。

 

しっかりした吸気により

空気が充満したボールのように体幹壁(横隔膜+腹壁+骨盤底筋)

を硬くできれば

重いものを持ち上げる時

上部腰椎の椎間板にかかる負担を50パーセント

下部腰椎の椎間板にかかる負担を30パーセント

脊柱起立筋群(固有背筋)にかかる負担を50パーセント

それぞれ軽減できるのです。

腰が痛くなりやすい方は多いと思いますが

重いものを持つ時だけ

それを思い出すのは難しいでしょうから

ダンベルなど(変わるものがあればなんでも結構)で

重いものを持つと同時に腹圧を高めるトレーニングを

日頃からして

くせにしておくことが大事かな

と思います。

 

(SEOお願いしてるGMOさんに サッカーのことなんか書くな!と怒られました。)

整体と骨盤矯正の組み合わせで小顔効果もUP

新潟市中央区の本格整体(マッサージ)

bodycare GREENS 森田

腰痛 〜ヘルニア〜

たったいま施術させていただいたS様。

お仕事は一日中デスクワーク

運動は全くされない

半年前から腰が痛い

腰を曲げても痛い 伸ばしても痛い

何もしなくても痛い

ヘルニアではないか?

ということで

みさせていただいたのですが

腰椎3〜4のすぐ脇だけがガチガチに硬くて

腰を曲げ伸ばししてみても

問題箇所の腰椎が(伸展/屈曲)機能していないようです。

硬いから押せばいい マッサージしてほぐせばいい

という考えは

いまだに広く一般的に信じ込まれていますが

実際はそういうことではなく

機能していない関節とそこに影響を与えている筋肉

つまり

問題箇所(関節/筋肉)の機能を取り戻すことが何より重要である

と考えております。

 

ということで

長い間眠っていた腰椎と筋肉が

施術後にはしっかり動き出しました。

動き出しているということは

もうすでに拘縮(硬く固定化された状態)は取れている証拠であり

痛みも当然消失しております。

 

そうなる前にストレッチや運動で

常に動かす

固まらせない

ということが大事ですが

どうしても一部分が強く拘縮してしまうと

周辺の関節や筋肉が代謝=代わりに動いてしまうので

問題箇所へのストレッチ効果は期待できなくなってしまいます。

 

そういう時は我慢しないで

どうか私たちにお任せください。

 

整体と骨盤矯正の組み合わせで小顔効果もUP

新潟市中央区の本格整体(マッサージ)

bodycare GREENS 森田