腰痛防止に筋力強化は必要か?その2

腰痛防止に筋力強化は必要か?

腰(腰椎)というのは

背中(胸椎)と違い肋骨が付いていません。

だから肋骨と骨盤の間にある様々な筋肉

呼吸による腹圧によって

支えて上げないといけないのです。

それができないと腰椎に直接負荷がかかってしまいます。

わかりやすくいうと

柱が(腰椎)1本では家は支えられない

柱(筋肉や膜)は多いほうがいいし

柱(筋肉)は太いほうがいい

ということです。

 

もちろん姿勢

(歩き方などの)体の使い方はとても大事で

姿勢や体の使い方によって負担は随分減ることは間違いない

 

でも

その姿勢を一定の時間キープするためには

やはり脊柱起立筋群のような

筋肉が必要になってくる

だから

筋肉強化は必要なのです。

 

ただし

筋肉は強すぎる(状態で固定される)と縮んで固くなってしまいますから

強ければいいって訳ではないのですね。

 

ある筋肉が強すぎて(短縮してる)

ある筋肉が弱すぎる(弛緩、伸びてる)

ということは

イコール

柱の長さが違う

柱の強度が違う

何本か使えない柱が出てくる

加えて

骨格バランスが崩れますから

柱の位置まで違ってくるのです。

 

それではやはり

体を支えるのに随分余計な負担がかかってしまいます。

ですから

前後、左右ともにバランスのとれた筋肉の強化が必要ですし

固く縮んでいる筋肉があれば

そこをほぐす(ストレッチする)必要がありますし

胸郭脊柱肩甲帯股関節皮膚筋膜などのバランス調整を行い、

筋肉が活動しやすい状態にすることが理想です。

 

 

加えて

腰にかかるストレスを軽減するためには、

広背筋腹直筋のようなアウターマッスルだけでなく

体幹のインナーマッスルが同時に活動することが必要になります。

寝たまま筋トレ/シェイプアップ

インナーマッスルが適切に活動していない場合は、

アウターマッスルである

脊柱起立筋

腹直筋あるいは

大腿四頭筋などを過剰に活動させていきます。

アウターマッスルの過剰な活動は、

過度な腰の反りや

背中の丸みをつくって

股関節胸郭を硬くしてしまうため、

結果的に腰が過度に動かなければならない状況をつくり

痛みやケガの原因となってしまいます。

 

まとめ

 

腰椎に負担がかかりすぎないように

柱となる筋力は必要。

 

筋肉の状態(緊張、弛緩、位置)を揃える必要がある。

 

骨格等の様々なバランスが整ってることが理想。

 

インナーマッスルが使えないと

アウターマッスルに負荷がかかりすぎてしまう。

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰痛防止に筋力強化は必要か?

の痛みや

の痛みで

整形外科に行くと

 

運動不足

筋力不足

と言われてしまうことがあると思いますが

 

果たして筋力強化によって

腰痛は改善されるのでしょうか?

 

結論から言いますと

 

筋力強化によって腰痛が改善されるかどうかは

やってみなければわからない。

(原因が他にもあるかもしれないから)

しかし

筋力がなければ腰痛になる確率は確実に増す。

ということだと思います。

 

明日以降

もう少し詳しく書いて行きたいと思います。

 

bodycare GREENS モリタ

 

ダンベルデッドリフトをやってみよう!

腹筋や胸筋などの前側が収縮しっぱなしで

逆に背中や太ももの裏側が弱くなってる方が多く

それだとどうしても綺麗な姿勢が維持できない

猫背になってしまう。

ということで

僧帽筋広背筋脊柱起立筋群という背中のメジャーな筋肉を全部鍛えられて

さらに太もも裏(ハムストリングス)というやはり弱化してる方がとても多い筋肉を鍛えることができる

ダンベルデッドリフトをしてみましょう!

ダンベルデッドリフトの正しいフォーム

  1. 足を肩幅分広げる
  2. 肩を落として、胸を前につき出す(背中の下半分広背筋を意識する)
  3. 背中を丸めずに前傾姿勢を作っていく
  4. 3の時に、太ももの裏側ハムストリングスの緊張を感じるようにする
  5. 腰は反りすぎない、緊張させすぎない(腰を痛めないように)
  6. やや前傾させた骨盤をまっすぐ一直線に下げていく
  7. ダンベルを持ち、腹圧をかける(お腹に圧がかからないと腰を痛める
  8. 全ての筋肉の収縮を感じるように真っ直ぐ上に押し上げる
  9. 上まで持ち上げたら大きく胸をはる(肩はあげないこと)

bodycare GREENS モリタ

宮川愛一郎くん

元Noismダンサーの宮川愛一郎くん

久しぶりにご来店くださいました。

今や

ジャニーズのアイドル

大物ミュージカル俳優

新進気鋭の舞台俳優

さらには

演歌の石川さゆりさん

そして矢沢永吉さん

いやはや

錚々たる人達と毎日仕事をしております。

 

昨年の9月

舞台本番の直前にギックリやってしまい

相当焦ったようですが

Y字バランスやって

無理やり治したらしいです。

ギックリ腰の皆さ〜ん

Y字バランスやれば治りますよ〜!

って

 

できるかあああ!

 

まあ

治ったとはいえ

それ以降も腰の具合が悪かったみたいで

昨日はしっかりみてあげました。

 

骨盤が驚くほど歪んでおり

そのせいで中臀筋など

周辺の筋肉がガッチリ固まってました。

 

施術終わって

一緒に呑みに行ったんですが

呑みに行ったBARの店主が

やたら

変わった(でも美味い)クラフトジンとか

スコッチを次々に勧めてくるので

いつになく

ちょっと呑みすぎてしまいました。

 

楽しい夜でした。

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

 

 

レッグスウィング

意識して体を動かさないと

昔は

使えた筋肉や関節が

いつの間にか全然使えなくなってしまう。

 

そんな風に

機能が衰えてしまった

体の部分って

いっぱいあると思いますが

 

その中でも

かなり需要なのが

股関節です。

 

街を歩いていて

いつも思うのですが

ほとんどの人が

歩く時に股関節を使えていません。

 

こんな簡単な運動でも

とりあえず

毎日左右30回

1週間続ければ確実に股関節が使えるようになります。

ポイントとしては

椅子やテーブルだと捕まる位置が低すぎて

姿勢が前かがみになって安定しませんから

なるべく肩の高さの何かに捕まるようにして

もう片方の腕以外は

真っ直ぐ動かないようにしてください。

最初は少しづつ

だんだんダイナミックに動かしてみましょう。

 

そして

一日一回はフルスクワット

しっかりと

しゃがんでください!

 

股関節が使えるようになれば

腰を曲げ伸ばしする時に

股関節を曲げ伸ばしできますから

腰椎周辺の負担が随分減ります

その結果

腰痛改善につながります。

 

逆に言えば

股関節が使えなければ

本来それほど可動域がない

腰椎周辺に負担がかかりすぎるのですね。

 

bodycare GREENS モリタ

歩き方で骨盤が変わる?

骨盤周辺の筋肉や筋膜が硬くなると

骨盤の動きが制限されて

結果

骨盤が歪んだ状態で固定化してしまう。

歪んでるかどうか?

ということよりも

動きがあるかどうか?

ということの方が問題なのです。

よく見かけるのが

歩くときに

脚を前に前に出してる方。

 

えっ?

歩くときに脚を前に出すの当たり前でしょ?

 

まあそうなんですけれど

 

脚を前に出そうと意識すると

どうしても

股関節にしっかり体重を乗せずに

乗せる前に脚を出してしまうケース

が出てきやすいのです。

もっとわかりやすくいうと

お尻の下に右脚がきたらすぐに左脚を前に出してしまうケース

それだと

股関節が使えていないので

骨盤もほとんど動かない

それでは

何万歩歩こうが

骨盤や腰回りの硬さは改善されません。

むしろ硬くなってしまいます。

 

目線を下げない

胸を若干張った状態で(力入れない)

手はやや開きぎみ(握るなら親指じゃなくて小指)

手を振ろうとしない

ひじを引こうとしない(上腕二頭筋が疲労するので続かない)

二の腕(上腕二頭筋)の裏側にある上腕三頭筋を少し(力は入れない)引く感じ

腰は反らさず

骨盤は前傾でも後傾でもなくなるべくまっすぐに(でも固めない)

脚からではなく骨盤から前に出て行くイメージで

お尻より後方に脚がきてから逆の脚を前に出す

足裏の着地は踵→外側→母指球(最後に母指球で体を前方にゆっくり押し出すイメージ)

ずいぶんと細かいですが

上記の歩き方ができれば

腰回り、股関節周りが固まりにくい

つまり腰痛が起きにくい(それが全てというわけではありませんが)

そうなって行くと思います。

走ると腰が痛くなる方も

同じように上記を意識できれば

変わってくるのではないかと思います。

 

なお

筋肉の短縮が強くて伸びない場合はストレッチ(静的ストレッチより動的ストレッチを勧めます)する必要ありますし

筋膜の滑走不良がある場合は筋膜リリースが必要となります。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

筋肉の張りがないのに強い腰痛 ドラッグストア勤務T様

身体を触っても筋肉の張りが全く感じない

でも腰が痛い

とても痛い

 

そこでアプローチの方法を変えることにしました。

仰向けに寝てもらい

手を腰とベッドの隙間に入れて

↑広背筋とその奥にある筋肉を

ふわっと柔らかく掴んで後方に引き出しつつ

筋肉に沿ってゆっくり慎重に動かしてみます。

そこでようやく筋膜の癒着により筋肉がスライド(&伸縮)できなくなってる箇所を見つけることができました。

うつ伏せの状態で触るとどうしても外圧(押す力)がかかってしまう

外圧(押す力)がかかることによって緩む

それだと真の問題が見えてこないのです。

(ストレッチも基本的に同じで、真の問題が見えてこないという問題を抱えてます)

いつも言ってますように

筋肉を緩めることを目的としてしまうとそうなります。

まあとにかく

しばらくそうやって筋膜(筋肉間の筋膜)リリース(解放)してると

(硬さはないけど)動かなくなっていた筋肉がスルスルと動くようになります。

ところが今度は

仙骨の右側が激痛!

これはよくあるパターンで

仙骨の右側が外圧またはその他の理由で

ほんの少しだけ陥没してしまってる。

陥没しているのですが

前述の広背筋と同じようにつかみ出すということは形状的にできません。

同じテクニックが使えないので

そういう場合は仙骨を引き出す姿勢である

猫のポーズ(正確には牛と猫のポーズ)をいつもしてもらうのですが…

これができない

痛すぎてできない

相当、仙骨(仙腸関節)に外圧がかかってしまって

この姿勢では出てこない、余計に圧がかかってしまうのでしょう。

そこで

右足を後方へグイッと持ち上げて仙腸関節に内圧をかけた状態で

張っている左の仙腸関節および臀筋から背中にかけてをしっかり解して

右側全体を引き出していくことによってリリースさせてみました。

 

時間かかりましたが

どうにか痛みも取れました。

 

良かったです。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

 

 

 

ドラッグストア勤務T様

長年の仙台勤務からようやく新潟へ帰ってこられ

かつて励んでたダンスも復活

昔を思いだし

嬉しくなって

張り切りすぎたせいか

パフォーマンス中に腰の右側を痛めてしまった。

それから数ヶ月

整形外科に通いつつ

ダンスは自粛していたのですが

ある朝突然

冷や汗が出るほどの激痛が走り

怖くなってしまった。

ダンス仲間に相談したら

GREENSを紹介された

とのこと。

 

さっそく身体触らせてもらいましたが

これがまあ よくわからない。

私の場合

お客様の見た目とか(いろんな評価法があるのは知ってます)

問診とか(一応ききますが)

そんなことよりも

とにかく

触りさえすれば

状況はわかる

そのつもりなのですが、、、

 

筋肉が薄すぎる上に

ご自分で頻繁にマッサージされてるからか

どこもかしこも柔らかく

部分的な硬さも全く感じない

それに

左右の違いなど

バランスの問題もほとんどない。

そうなると押したり揉んだりする意味もないし

矯正するべき部位もない。

にも関わらず痛みは強くて、、、

 

さあ どうする?

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

 

 

 

 

20代の技師 I様

中学の時に大太鼓を担いで演奏していたら(マーチングかな?)

腰椎のヘルニアになってしまったそう。

 

除去手術を受けたものの

痛みは改善されず

そのまま10年以上が経ち

 

整体に通ったこともあるが

目に見えた改善も見られず

 

今は

整形外科で

電気治療

牽引療法

時々受ける

効果は あまり感じないとのこと。

 

腰痛も辛いが

それ以上に股関節の痛みが強いとのこと。

 

I様のように重い症状を抱える方の場合

ファーストタッチで軽く衝撃を覚えることも多いのですが

それと同時にスイッチが勝手に入ります。

 

スイッチが入ると

全神経を集中させて

お客様の身体の中

奥へ奥へと

ズブズブと入り込んでいきます。

他には何も見えないし

何も聞こえなくなります。

 

ほとんどの場合

問題は

身体の奥の奥のそのまた奥

深く沈んだ闇の中にひっそりとあります。

 

もっと明るい

見つけやすい場所に問題があるのなら

誰かがとっくになんとかしているはずです。

 

誰も見つけられなかった問題箇所を見つけるのが

私の仕事の半分

その問題箇所に直接アプローチするのが

もう半分なのですが

技術的にものすごくハードな時も多々あります。

 

I様の場合もそうです。

問題のスケールが大きすぎる

ヘルニアはそのごくごく一部の問題

(だから治らない)

その上にキツい(動かない)。

よくみれば大小様々な問題が幾重にも重なってる。

 

見事なまでに

がんじがらめに絡まってしまった糸を

粘り強く

丹念に

時間をかけながら解いていくのです。

 

少し光が見えた

と私は言いました。

I様もそう感じてくれたようです。

 

ちょっと時間はかかりそうですが

月に一度の施術で

半年〜1年ぐらいかな?

最終的に痛みゼロの身体に変えていきたい

そう強く思いました。

 

そしてその翌日

中学校で音楽の教諭されてるS様と

音楽教育で身体を痛めてしまわないような工夫

について色々話すことができました。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

 

 

 

 

セラピストのS様

前回施術していただいて体の調子がとても良くなり、お仕事もいつもより辛くならずにできています。
今日はメンテナンス的な感じで体を整えていただければと思います。よろしくお願いします。

_____________________________________

施術するたびに腰に激痛が、、、

一人終わったらしばらく寝てなきゃならないぐらい辛い。

マッサージ受けるのが好きで

整体やオイルトリートメントなど週に1度は行ってる

というセラピストのS様。

 

マッサージ好きで

いろんなお店でいろんな施術を受けてらっしゃるのですが

こんなに腰が楽になったのは初めてで

施術後に寝込むことも無くなった

とおっしゃっていただきました。

そして

なぜこんなに気持ちがいいのか?

と、、、、

 

S様の場合L①(腰椎①)と胸郭(肋骨)と

そこに繋がる筋肉全てに

特殊なアライメント(位置と並び)の問題がありまして

そのために

決まった流れでマッサージしてしまうと

間違った方向へ筋/骨格を導くことになりやすく

逆に痛くなりかねないケースでして

実際マッサージとは痛いものだと思い込んでいたようです。

 

症状をとる しかもできるだけ根本的に長期的に

ということが私にとっては何よりも大事

最重要事項なのですが

それを追求すれば追求するほど

あらゆる部位を極めて丁寧に正確に診る(評価する)必要性があり

それが正しくできていれば

全く痛みのない 気が遠くなるほど気持ちのいい施術にならなければおかしい

のです。

 

症状改善のために 痛い施術を我慢する必要なんて 

一切ないのです!

 

bodycare GREENS 森田