胸郭出口症候群+胸筋神経痛 獣医Kさん 

私がブログ書き始めた頃だから

12〜13年ぐらい前かな?

その頃から

時々腰を痛めては

ご来店されてたのですが

先日久しぶりにご来店。

 

右の胸筋から腕にかけて痛みがある。

前腕は痺れもある。

 

胸の痛みはその痛みの場所から

胸筋神経痛だと思われる。

↓小胸筋と大胸筋に挟まれた外側胸筋神経から痛みが発してる。

触ると大胸筋もそうだが

小胸筋が強烈に張っている。

小胸筋により腕の神経と血管が圧迫されて腕が痺れる

胸郭出口症候群も起きているようだ。

小胸筋大胸筋に隠れているので

なかなかアプローチが難しいが

しっかりリリースして緩める。

痛みはとれたが

顔を右に向けると少し痛む。

となると

第一肋骨鎖骨の間でも

血管と神経の圧迫が起きていると思われる。

ので

骨格の調整。

胸の痛みはひとまずとれた。

 

あとは肘周辺と前腕の痺れ。

 

肘を伸ばすための上腕三頭筋も

肘を曲げるための上腕二頭筋も

直接掴んで動かしてみるのだが

全く動かない。

遊びがないのだ。

 

筋肉(筋膜)が骨にへばりついてる?

他の筋肉に癒着してる?

そんな感じ。

 

前腕の指の筋肉、手首の筋肉も

全く同じ。

 

こういうケースは

一つ一つ

丁寧に手順を踏んでいく必要があるので

本当に時間がかかる

2時間とかあっという間です。

 

まあどうにか

全部リリースさせて

症状とれたかな…

 

大人気の獣医さんなので

お忙しいのは知ってますが

一体どんな使い方したら

こうなっちゃうのだろうか?

不思議だ…

bodycare GREENS モリタ

身体の前側を伸ばす

筋トレにより胸筋や腹筋が発達している人もそうですし

デスクワークでいつもお腹を縮めるような姿勢の人もそうなんですが

身体の前側が伸びなくなってるケースは多いです。

それによっていわゆる猫背が固定化されたり

無理に姿勢良くしようとして反り腰になったり

反り腰が腰痛を引き起こしたり

いろんな悪影響があるのです。

身体の前側をしっかり伸ばしましょう!

 

bodycare GREENS 森田

大胸筋(整体師の解剖学・生理学)

大胸筋は上腕の付着部でねじれています。

なんでかといえば、、、、

腕を伸ばすとねじれが取れて

大胸筋の力が最大限発揮できる状態になっているからです。

一日中

腕をあげることがないと大胸筋は縮んでしまいます。

大胸筋が縮むと巻き肩や猫背の原因となってしまいます。

時々限界まで腕を上に伸ばして大胸筋をストレッチしたり

できればダンベルでしっかり大胸筋トレーニングできると最高ですね。

 

ただし、

時々腕をあげたまんまで就寝される方がいらっしゃいますが

それだと今度は三角筋の収縮が強くなってしまいますので

あまりおすすめできません。

bodycare GREENS 森田