歩き方で骨盤が変わる?

骨盤周辺の筋肉や筋膜が硬くなると

骨盤の動きが制限されて

結果

骨盤が歪んだ状態で固定化してしまう。

歪んでるかどうか?

ということよりも

動きがあるかどうか?

ということの方が問題なのです。

よく見かけるのが

歩くときに

脚を前に前に出してる方。

 

えっ?

歩くときに脚を前に出すの当たり前でしょ?

 

まあそうなんですけれど

 

脚を前に出そうと意識すると

どうしても

股関節にしっかり体重を乗せずに

乗せる前に脚を出してしまうケース

が出てきやすいのです。

もっとわかりやすくいうと

お尻の下に右脚がきたらすぐに左脚を前に出してしまうケース

それだと

股関節が使えていないので

骨盤もほとんど動かない

それでは

何万歩歩こうが

骨盤や腰回りの硬さは改善されません。

むしろ硬くなってしまいます。

 

目線を下げない

胸を若干張った状態で(力入れない)

手はやや開きぎみ(握るなら親指じゃなくて小指)

手を振ろうとしない

ひじを引こうとしない(上腕二頭筋が疲労するので続かない)

二の腕(上腕二頭筋)の裏側にある上腕三頭筋を少し(力は入れない)引く感じ

腰は反らさず

骨盤は前傾でも後傾でもなくなるべくまっすぐに(でも固めない)

脚からではなく骨盤から前に出て行くイメージで

お尻より後方に脚がきてから逆の脚を前に出す

足裏の着地は踵→外側→母指球(最後に母指球で体を前方にゆっくり押し出すイメージ)

ずいぶんと細かいですが

上記の歩き方ができれば

腰回り、股関節周りが固まりにくい

つまり腰痛が起きにくい(それが全てというわけではありませんが)

そうなって行くと思います。

走ると腰が痛くなる方も

同じように上記を意識できれば

変わってくるのではないかと思います。

 

なお

筋肉の短縮が強くて伸びない場合はストレッチ(静的ストレッチより動的ストレッチを勧めます)する必要ありますし

筋膜の滑走不良がある場合は筋膜リリースが必要となります。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

20代の技師 I様

中学の時に大太鼓を担いで演奏していたら(マーチングかな?)

腰椎のヘルニアになってしまったそう。

 

除去手術を受けたものの

痛みは改善されず

そのまま10年以上が経ち

 

整体に通ったこともあるが

目に見えた改善も見られず

 

今は

整形外科で

電気治療

牽引療法

時々受ける

効果は あまり感じないとのこと。

 

腰痛も辛いが

それ以上に股関節の痛みが強いとのこと。

 

I様のように重い症状を抱える方の場合

ファーストタッチで軽く衝撃を覚えることも多いのですが

それと同時にスイッチが勝手に入ります。

 

スイッチが入ると

全神経を集中させて

お客様の身体の中

奥へ奥へと

ズブズブと入り込んでいきます。

他には何も見えないし

何も聞こえなくなります。

 

ほとんどの場合

問題は

身体の奥の奥のそのまた奥

深く沈んだ闇の中にひっそりとあります。

 

もっと明るい

見つけやすい場所に問題があるのなら

誰かがとっくになんとかしているはずです。

 

誰も見つけられなかった問題箇所を見つけるのが

私の仕事の半分

その問題箇所に直接アプローチするのが

もう半分なのですが

技術的にものすごくハードな時も多々あります。

 

I様の場合もそうです。

問題のスケールが大きすぎる

ヘルニアはそのごくごく一部の問題

(だから治らない)

その上にキツい(動かない)。

よくみれば大小様々な問題が幾重にも重なってる。

 

見事なまでに

がんじがらめに絡まってしまった糸を

粘り強く

丹念に

時間をかけながら解いていくのです。

 

少し光が見えた

と私は言いました。

I様もそう感じてくれたようです。

 

ちょっと時間はかかりそうですが

月に一度の施術で

半年〜1年ぐらいかな?

最終的に痛みゼロの身体に変えていきたい

そう強く思いました。

 

そしてその翌日

中学校で音楽の教諭されてるS様と

音楽教育で身体を痛めてしまわないような工夫

について色々話すことができました。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

 

 

 

 

96歳のお客様

一昨日のこと

 

初めていらっしゃった20代の

スケーター&スノーボーダー&美容師のB様を施術しながら

接客業の理想とは何か?

マッサージの注意点って?

みたいなことをいろいろ語ってたら

突然タクシーの運転手さんが店に入ってこられて

「すみません これから96歳のお客様を施術してもらえますか?」

と言われるので

今すぐは無理だけど30分くらい待ってもらえば可能です 

と私

一旦車に戻られて

「ではお願いします!」

ということで

カートにつかまりながら

その女性がやってきました。

足が痛いのか引きずるようにしてなんとか歩いていらっしゃいます。

まずはトイレに行きたいとのことなので

施術中のお客様をお待たせして

トイレにご案内。

私はすぐにB様の施術に戻りながらも

やはり気になってしまいます。

静かすぎるトイレ

からの

じわりじわりと待合のソファーににじり寄る女性の気配

その後

うっすら聞こえてくる苦しそうな息遣い、、、

 

何しろ96才ですからね そりゃいろいろ心配になりますよ。

 

まあでもここはB様の施術に集中しなければ!

 

で 無事B様の施術も終わり

(B様とても優しい方で助けられました!)

 

さあ覚悟を決めて

初の90代の女性の身体としっかり向き合います。

 

驚いたのが

旦那様も息子さんも亡くなってしまい

今現在一人ご自宅で生活されてるとのこと!

お風呂だけは介護が必要なので

週に2〜3回デイサービスに通われてるらしいのですが

96才で一人で生活してるって凄くないですか?

頭もしっかりしてる。

 

でも左脚が痛くなってしまいデイサービスに行けない。

整形外科に行ったが特に治療もしてもらえず(まあそりゃそうですよね)

続いて

接骨院行ったら 脚を索引されて かえって痛みがひどくなってしまった!

(ずいぶん無茶しますね)

どうにもたまらないと

昔通ったことのある整体?マッサージ?がうちの店の近くにあったので

そこにタクシーで向かうも 無くなってしまってる!

さあ困った!

痛みを抱えて帰るのはいやだ!

 

すると

そのタクシーの運転手さんがたまたまGREENSにいらっしゃったことがあって

とても良かった

紹介しましょう

 

ということらしいです。

 

話はよくわかりました。

でも

96才の体に安易に手を加えて良いのでしょうか?

リスクが大きすぎないか?

とさすがに不安になりましたが

触ってみてすぐにその不安は消えました。

なぜなら

96才とはとても思えないほど筋肉も骨格もしっかりしていたからです。

私の知る限りでも

20代や30代でその方よりも筋肉量が少ない方たくさんいらっしゃいます。

もういつも通り普通に施術しましたよ。

いわゆる坐骨神経痛です。

坐骨神経痛と一言で言っても状態は様々なのですが

17年間で

一通り

ありとあらゆるケースに対処してきてますので

今回も十分対応可能でした。

 

一歩前に進むたびに「痛い痛い」と

施術前はおっしゃっていたのですが

すっかり痛みは取れたようです。

 

気に入ってもらえたようで

「また来たい」とおっしゃっていただきました。

嬉しかったし ホッとしました。

(店の名前は覚えてもらえませんでしたが)

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロンドン在住で

サッカーなど

プロスポーツ選手の代理人をされてるM様。

 

ご実家が川崎なんですが

なんと今日

川崎在住のお母様に施術受けさせたいとのことで

わざわざレンタカー飛ばして新潟のGREENSにいらっしゃいました。

 

2〜3年前に

新潟にいたサッカー選手のお仕事でたまたまふらっとGREENSにいらっしゃって

それ以来のファンだとおっしゃっていただきました。

 

お母様は

20年以上

腰痛、膝痛、坐骨神経痛で悩まされており

杖も使用されています。

リハビリも4年以上通われており

鍼にも通われているそうです。

 

それでも私にできることは沢山あります。

それを施術させていただいて実感いたしました。

 

もちろん私の施術だけでどうにかなるものでもなく

ご自身の努力は不可欠ですが

何をすれば良いか

アドバイスを含めてしっかり対応させていただきたいと思います。

 

今日明日と温泉旅館に泊まられて

月曜日にまたご来店されるので

今日の施術でどの程度改善されているか

その確認と

さらに細かい調整もできればと思います。

 

どうにかしたい

奮い立つような気持ちにさせていただいて

感謝です。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

 

整体師だってMOVEMENTに興味津々なんです

movement

【名】

  1. 1 動くこと、動き、動作
  2. 2〔物体・惑星などの〕運動
  3. 3〔政治的・社会的な〕運動、活動
  4. 4〔政治的・社会的な〕運動[活動]に関わる人々[組織]
  5. 5 行動、活動◆通例複数形のmovementsで
  6. 6 身のこなし◆通例複数形のmovementsで
  7. 7 動向、傾向、成り行き
  8. 8〔軍隊などの〕移動
  9. 9《機械》機構部分
  10. 10《音楽》楽章
  11. 11 ムーブメント◆時計内部で時を刻む機構。特に、機械式腕時計内部のぜんまい・歯車などの一式。

 

MOVEMENTの探求者であるIdo Portalという人物がいます。

ヨーロッパではかなり人気があるようなのですが

勝つためのスポーツ、お金のためのスポーツを否定しているところがあるので

競技スポーツの発展に寄与されてるトレーナーさん達からみたら

異端児というか

もしかしたら邪道と見なされてるのかもしれません。

でも とにかく実践 実践 実践あるのみ

という姿勢が私は共感を持てますね。

彼のサイトに書いてある

People are not made of sugar.(人ってそんなにヤワじゃない)

って言葉が良いですね。

そんなIdoが薦めるのはスクワット

でも巷で流行ってる

筋肉女子がお尻を鍛えるためのスクワットとかではありません。

(それはそれで素敵なのですけれど、、、、)

 

椅子に座る生活で失ってしまった

足関節(足首)と股関節の本来の機能を取り戻すためのスクワットです。

 

素晴らしい!

bodycare GREENS 森田

こんなに嬉しいことはない!

息子の野球部の先輩でピッチャーのK君

 

左の臀部が中学生の時からずっと痛くて痛くて

我慢しながら投球続けてきたのですが

この度

腰痛で来店してくれた

同じ3年生のN君に紹介してもらって

GREENSにご来店。

 

典型的な梨状筋症候郡

パンパンに張ってしまった左の梨状筋

坐骨神経を圧迫している

そのせいで脚の痺れも出ている。

 

2日に分けて梨状筋や臀部の筋肉を調整。

 

すっかり良くなって

東京遠征の試合でも大活躍!

 

と思ったら。

その後

今度は右側の中臀筋と小臀筋が激痛!

歩くのも困難で

跛行(足ひきづる)している。

 

左の臀筋が緩んで

全体のパワーバランスと可動性が変わり

これまでと同じように投げたり打ったりすると

右外転筋(足を外に開く=股関節外転させる筋肉)

その中でも特に中臀筋と小臀筋に負担がかかるようになったのか?

 

状態は一進一退

施術で少し良くなるものの

完全に痛みがなくなるところまで行かず。

 

ある時

股関節ではなく

骨盤(寛骨)が外転していることに気づき

寛骨内転アプローチで跛行はなくなり

とりあえず普通に歩けるようにはなる。

でもまだ走ったり投げたり打ったりすると痛い。

 

ちょうど1週間後に迫った春の大会に

なんとか間に合わせたいと

私も必死です。

 

昨日も来てもらい

痛くてまだ練習できないって

言ってたので

 

さらに細かく

腸腰筋や腹筋群もしっかり調整。

もちろん臀筋もいつも以上に念入りに。

とりあえず痛みのない状態にまでもっていきました。

 

そんな中

今日なんと

練習試合で7回と8回

リリーフ登板で

無失点に抑えたとのこと。

 

ちょっと信じられなかったです。

だって数日前まで足ひきづってたからね。

 

味方チーム打線が6回に大爆発!

リードを広げたので

監督もぶっつけ本番で

思い切って使ってくれたようです。

 

運が向いて来た!

 

大事な大会で輝けるように

ここから1週間でさらに上げていければ

と思っております。

 

bodycare GREENS 代表 森田