なぜ糖質制限すべきなのでしょうか?

お酒飲みすぎると肝機能が落ちる

と同じように

糖分や塩分や(あらゆる)薬を摂取しすぎると
腎機能が落ちてしまいます。

肝機能が落ちると胃腸(消化器官)の不調となって症状に現れます。
さらに進行すると重篤な症状(肝炎肝硬変など)にも、、、

腎機能が落ちると
血液そのものに悪い影響
(尿酸やその他の毒素が排出されず溜まってしまう)
が有り

疲労感
痛風
心臓疾患
脳機能障害
等あらゆる症状に繋がります。

特に糖分摂取量が多い方は
太る太らない関係なく
注意する必要があります。
ご飯、パン、麺類が好きな人
運動しない人
糖尿病でない人(予備軍)
は砂糖をあまり取る必要無い
ぐらいの意識でちょうどいい
と思います。

まあしかし
糖分とるとそれこそエネルギーが満たされるので
元気になってしまうのと
その中毒性は強烈なので
なかなか難しいのですが。

自分の血液の状態をもっと気にしてみてはいかがでしょうか?

 

という私は子供に好かれたい一心で
お菓子を作りますが
なるべく砂糖少なめにしております。

 

整体と骨盤矯正の組み合わせで小顔効果もUP

新潟市中央区の本格整体(マッサージ)

bodycare GREENS 森田

”サトレ” とは?

セブンイレブンでちょっと中身見たら

すごく面白そうなので

購入したんですが

内容としては

 

ネットショッピングでサクッと欲しいの買うのもいいけれど

 

わざわざお店行って

雰囲気味わって

店員さんに面白い話聞いて

モノとの出会いを大切にして

そういうのもいいもんだよ

 

 

ってことで

紹介されてる様々なジャンルのお店が

またすごくいい感じ

これは足を運んで見たくなる。

 

だからまずはみなさん

この本買ってください。

損はさせません。

私が保証します。

 

 

それとは別に私が気になったのは

これ この記事

100マイラー

つまり160kmレースを走る人たちの対談

 

41回も100マイル走ってる人がいて

完全にキチ◯イであります。

 

その対談の中に

”サトレ”をしておくと全然違います。

僕も”サトレ”でサラサラ汗になりました。

って謎の言葉が飛び交ってて

 

それは何かと言うと

サウナトレーニングのことなんですね。

 

基本は12分でそれを5セットやるらしいんですが

そうすると

体が塩分を出しにくくなって

サラサラの汗がでる

塩分が出ないから

その分ランニング時に補給しなくてすむ

 

ということらしい。

 

本当か?

そんなこと聞いたこともないぞ!

 

でも

キ◯ガイたちが言ってるんだから本当なんでしょう。

 

ということで

早速 ”サトレ” 実行中なのであります。

ジムでの最後の仕上げとして毎晩やっとります。

 

とはいえ私

大のサウナ嫌いでありまして

5分が限界であります。

12分とか冗談じゃありません。

 

殺す気か!

 

 

でも

何としても長距離に耐えられる体が欲しい

そこは切実です

 

そのためなら我慢するしかないので

とりあえず泣きながら続けていきます。

何か変化がありましたら

またお知らせいたします。

 

bodycare GREENS 代表 森田

 

 

 

 

 

 

 

 

100kmマラソンのために その2

ジムにあるこれ

全身ブルブルのパワープレート。

これまではその存在を

ほとんど気にも留めてなかったんですが

 

今回ウルトラ(100kmマラソン)挑戦するにあたり

毎日乗るようになりました。

その理由は

まず疲労抜きです。

たかがトレッドミル10kmとはいえ

その前にウェイトもやりますし

毎日走れば やはり疲労は蓄積されます。

 

走った後にこれで全身の筋肉緩めておけば

翌日の疲労感が違うような気がします。

 

もう一つの理由は

内臓の活性化を期待して

ということです。

長距離走る人のほとんどは経験していると思いますが

筋肉や関節や心肺のダメージよりも

実は内臓のダメージの方がきついんですよね。

特に腎臓と肝臓。

 

疲労物質はどんどん肝臓に流れ込むし

血流も半端じゃないですから

血液を処理する腎臓への負担もすごい。

 

加えて

胃腸などの消化器官も

血が足など

他に奪われるので

やはり通常運転ができない。

 

逆に内臓が強い人は

無敵ですね。

 

それを少しでも改善できたらという

すがる思いでパワープレートに乗っています。

 

bodycare GREENS 代表 森田