昨日はこの時以来に

父に会いに行った。

同じ施設に入居されてるみなさんが

眠りにつく頃

ムクッと起きだし

徘徊しては

いろんなものを漁ったり

声を出したりするので

困ってる

そのために眠剤を飲まされてることも

聞いていた。

 

母と二人で

施設にお邪魔すると

広い広い

でもなんとなく薄暗い印象の

リビングダイニングに

20〜30名の方々が

各々

テレビを観たり

お話ししたり

トランプしたり

編み物、縫い物したり

本を読んだり

お茶を飲んだりして

ゆったりとくつろがれている。

 

いるかな?

お友達できたかな?

彼女できたかな?

キョロキョロあたりを見回すが

いない。

 

病院でもらってきた

お薬を

スタッフの方に渡すと

部屋で寝てます

とのこと。

 

現在朝10時、

朝食食べ終わったら

すぐ寝たのね。

 

部屋に入ると

四人の相部屋に

一人だけ

眠るように死んでいた。

 

間違えた

 

死んだように

眠ってる。

かろうじて

生きてはいるようだ。

 

ここで母が

怒涛の起きなさい攻撃を開始

 

「お父さん、はい起きて!」

「ケンジロウ(私)きてるんだから、早く起きて!」

「今起きないと また夜眠れなくなるんだから!」

繰り返し繰り返し

ひたすら大声で起こしにかかるが

敵もさるもの

うっすら目を開けたり

なにやらむにゃむにゃ言ったりするが

一向に起きる気配がない。

 

あまりの生気のなさに

普段ご飯食べてるのか疑問に思うが

スタッフの方に聞くと

しっかり毎食残さず食べてる

食欲は極めて旺盛

とのこと。

 

いくら声をかけても

食いしん坊は起きないので

電動ベッドのスイッチを入れて

上半身を無理やり起こしてみる

 

生気のないお顔こんにちは

 

上半身だけ

ぐい〜んって起きあがっても

それでも頑なに眠ってる。

 

もはや

貝だ

ぴったりと殻が閉じられて

暗い海の底に沈んでいる

我々の声など届くはずもない。

 

うちの娘は

キノコと貝が大嫌いで

夕食に少しでも混じってると

私の皿に放り込む

そんなことを思い出した。

 

結局1時間近く粘ったが

状況変わらず

完敗です。

 

一応

「夜遅くまで起きてるのよくないよ。不良だよ。お父さんとお母さんに叱られるよ。」

と最後に伝えて帰った。

お父さんとお母さんに叱られる夢みるといいな

と思った。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_20190418_111135.jpg です
帰りに通った海辺がすっかり夏だった。

 bodycare GREENS モリタ

北海道フェア

一昨日は

札幌在住で

土砂崩れなどの災害復旧工事の

設計事務所を経営されてる

K様がいらっしゃいました。

お仕事の範囲は

北海道だけにとどまらず

東北全県と新潟、長野までカバーされていて

3ヶ月に1回ぐらい

GREENSにご来店いただいております。

 

今回の現場は山形なのですが

わざわざ新潟まで足を伸ばしていただきました。

福島とか仙台とか長野とか

新潟ではない現場から

毎回いらっしゃるので

本当にありがたいです。

 

しかも今回は奥さんもご一緒

 

K様曰く

3年くらい前に

初めて奥さんとご一緒にGREENSに来てからというもの

「自分だけGREENS行ってずるい。私も行きたい。」

と事あるごとに言われるので

出張があれば

2回に一度は奥さんも新潟に連れてくる事にしてるらしい。

  

現地の業者と食事するときには

一応奥さんも同席されるのですが

食事が済めば

奥さんだけさっさとホテルに戻るらしいです。

 

K様が現場へ赴く間

奥さんはGREENSで施術受けて

温泉行って

美味しいもの食べて…

 

でも

普通に考えたら

県外の出張に(仕事に全く関わっていない)奥さん連れて行きませんよね?

 

普段から

しょっちゅう二人でご飯食べに行ってるようですし

 

釧路にいらっしゃる

奥様のお母様ともすごく仲が良いらしいし

何より

GREENS にいらっしゃったとき

お二人の周りだけにある

独特の

ゆったりした優しい空気が

なんとも微笑ましいんですよね。

 

K様の

奥様への

思いやり

愛情をひしひしと感じます。

(ちなみに50代のご夫婦です。そして体がとてもとても大きい。)

 

そんな話

うちの家族にしたら

絶対怒られる

って私が言ったら

笑われました。

 

そして昨日は

同じく札幌在住の

北海道で一番大きな医薬品卸会社の会長さんである

M様がいらっしゃいました。

 

そんで

実は今日も北海道のお客様がいらっしゃるんです。

ちょっとした北海道フェアであります。

bodycareGREENS モリタ

毎年春と秋にいらっしゃる姉妹

お姉さまのHさまは静岡から

妹のKさまは函館から

 

毎年4月と10月に

必ずご一緒にご来店されます。

 

新津にある

グループホームにいらっしゃる

94歳のお母様に

会いに来るのが目的です。

 

一度同居を試みたものの

本人の体調が悪化し、

新潟に戻るとよくなったので

それからずっと新津に

 

加えてグループホームの職員さんが

とっても暖かくお世話してくださるので

94歳になっても

まだまだしっかりしてるとのこと。

 

この日だけは

施設から

お母様を連れ出して

普段は食べられない

お寿司やお刺身(お母様のリクエスト)を

一緒に食べて

 

そのあと

近くのショッピングモールで

いろんなもの見たり

(お母様はここぞとばかりキョロキョロ周りを観察されてる)

 

新しい洋服を買ってあげたり

(毎回気に入ってしばらくそればかり着る)

 

アイス食べたりして

親子3人で過ごすそうです。

 

施設の職員さん曰く

いつもお二人が来られるのを楽しみにしているとのこと。

 

なんかいいなあ。

って思いながら

話を聞く私。

 

Hさまは

いつも困った口調で

ばあちゃん元気すぎて困る

とおっしゃるのですが

やっぱり嬉しそうです。

 

親子一緒に住むだけが幸せの形ではない

って思います。

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

 

 

 

昨日の続き

誰彼構わず

「みんなで殺そうとしてる」

「お前ら人間じゃない」

のたまう【宣う=おっしゃる。尊敬語】

お父上様。

 

その言葉は

おぞましい【悍ましい=いかにも嫌な感じがする。ぞっとするほど、いとわしい。】

ですが

いつもいつも言ってるので

慣れてしまいました。

 

そっかそっか〜

そりゃ大変ね

ご苦労様で〜す

軽く返事するようにしています。

 

ただ

私は

そんな親父さんに問いたいのです。

 

では 

あなた自身は生きるために今どれだけ努力しているのか?

どのような人間であろうとしているのか?

 

実際

それをぶつけてみるのですが

ムニャムニャ言うだけで

ろくな返事もない。

 

別に特別なことをしろとは言わない

例えば

食事のあとは必ず歯を磨いてる

とか

毎日腕立てをしてる

とか

お世話してくれる方達にちゃんとお礼を言うようにしてる

とか

それだけで十分なのだが…

 

 

そんな素敵なお父上に

ぜひ聞いてほしい歌があります…

 

電気グルーブ

N.O.

作詞:石野卓球
作曲:石野卓球
今じゃ言えない秘密じゃないけど
出来る事なら言いたくないよ
今話しても しかたが無いし
でも言いたくて しかたが無いし
学校ないし 家庭もないし
ヒマじゃないし カーテンもないし
花を入れる花ビンもないし
嫌じゃないし カッコつかないし
しかた無いなと分かっていながら
どこかイマイチわりきれないよ
先を思うと不安になるから
今日のトコロは寝るしかないね
学校ないし 家庭もないし
ヒマじゃないし カーテンもないし
花を入れる花ビンもないし
嫌じゃないし カッコつかないし
話すコトバはとってもポジティヴ
思う脳ミソ ホントはネガティヴ
バカなヤングはとってもアクティヴ
それを横目で舌ウチひとつ La la la la ah
※学校ないし 家庭もないし
ヒマじゃないし カーテンもないし
花を入れる花ビンもないし
嫌じゃないし カッコつかないし※
(※くり返し)
bodycare GREENS モリタ

いやはや

どうなることかと思いました…

 

今日は

父親が半年お世話になってきた施設が閉鎖されるため

別の施設へお引越しだったのです。

 

予定の10時より30分前に到着して

荷物を車に運び

さあ行きましょう

って

 

本人がソファで横になったまま動かない…

 

眠たいというより

駄々こねてる感じ。

 

そっか

ここが好きなんだね

離れるのが嫌なんだね

そうだよね

ここは本当にいいところだし

スタッフの方もいい方ばかりだし

離れたくないよね

その気持ちはよくわかるんだけれど

残念なことに

ここは閉鎖されてしまうのです

今いる皆さん

スタッフの皆さんも

いなくなってしまうのです。

お食事作ってくれる方

お世話してくださる方

いなくなってしまうのです。

なので

本当に残念なんですが

別のところに引っ越さないといけないんですよ

 

だから

起きてください

車に乗ってください。

 

ってなるべく優しい口調で

丁寧に説明するも

 

言えばいうほど

ギラギラと眼光鋭くなっていき…

 

「お前 なにを💢🎵⌘‰#/ゞ>😡⚡️だ!!!!」

 

と大声で怒鳴られた。

 

周りの皆さんに

すみませんて謝ると

 

いい時もあるんだよ〜

って逆にフォローされた。

優しいね。

 

職員さんたちもなんとか

説得するものの

態度は硬直したまま。

眼だけは怒りでメラメラ燃えているが

心は貝のように閉ざす。

 

やれやれ…

こうなったらしばらく様子みるしかない。

 

母親は母親で

①あれっ? 今日って なにしにきたんだっけ?

って聞くから

②親父さんの引越しだよ

って言うと

③「お父さんお父さん早く起きて車乗って…」

④「うるさいこの 💢🎵⌘‰#/ゞ>😡⚡️が!!!!」

 

上記①〜④を繰り返し

事態は一向に好転せず

無限ループ。

 

30分が経ち

1時間が経ち…

 

ここを出るのがそんなに嫌なのであれば

それを言わずに

散歩行こう

ドライブ行こう

山行こう

海行こう

お花見行こう

可愛い孫の顔見に行こう

どこでも好きなところに行きましょう

 

いろんなこと言ってみるが

 

貝は貝のまま。

 

1時間半が経ち

2時間経ち

 

これ

いつ終わるの?

今日中に引越しできるのか?

 

なにも手立てがないのでやりきれない。

 

もうすぐお昼

 

本人の昼食は用意されていない

 

引越し先でいただく予定になってるので。

 

お腹減りませんか?

お昼食べませんか?

 

すると

突然ムクッと起きあがった

 

チャ〜ンス!

 

今日のお昼は外へ食べに行きましょう!

 

誘導すると

ちゃんとついてくる

 

気づいたスタッフの皆さんも

慌ててやってきて

玄関まで父に付き添ってもらう

 

その間に私は車を玄関に回して

 

さあ ご飯食べに行こう!

陽気に言って車に乗せて

(外に出るのも半年ぶり)

母親も乗せて

 

職員さんたちにお礼言って

 

しゅっぱ〜つ!

 

いつもの半分ぐらいのスピードで

ご機嫌を損ねないように

楽しく話しかけながら

なんとか到着。

 

大勢の方が昼食を取られてるなか

 

父も

出されたものをモリモリ食べて

一安心。

 

私たちが帰るときはやっぱり不安げだったが

まあ

なんとかなるかな?

何とかしてよ。

 

大声出さなきゃいいけどな…

 

急いで店に戻って

さあ

お仕事お仕事!

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せそうな人

若い頃は

モテ(異性or同性、リアルorネット問わず)

食い物

そのうちのどれかが満たされれば

それでだいたい幸せなんだと思いますが

 

50過ぎるとそういうわけにもいかなくなって来る

いろんなことに飽きてくる

 

私の場合

今だと

モテ

ただし対象がお客様子供限定

そんな感じですかね?

 

これが70歳過ぎるとどうでしょう?

 

私のお客様には

70代の方も多いのですが

 

一つ間違い無く言えるのは

 

たくさんお金持ってる=幸せ

では絶対にない

ということですね

 

そんなことより

被害者意識がどれだけ少ないか(=感謝を抱えて生きてるか)

それと

好奇心(チャレンジ精神、おもろいこと好き)

 

もうその二つが決定的に大事

だと思います。

 

なので

それを踏まえた上で

これからを生きて生きたいな

思っております。

 

日本には幸せそうに見える人が少な過ぎる

 

bodycare GREENS モリタ

今朝のモリタ家の家族LINE

スポーツでも

勉強でも

アートでも

仕事でも

なんでもそうなんだけど…

ひとから

「ものすごい努力してるね」

って思われていても、

本人は大好きなことをやってるだけなので全く苦痛じゃない。

それって最高。

さらに、

その分野で人を感動させることができたなら、

それはもう

いつ死んでもいいってぐらい

素敵なことじゃない?

 

bodycare GREENS モリタ

BTS防弾少年団のTシャツ問題

まあ

ほとんどの方にとっては

BTSがMステに出ようが出まいがどうでもいい

と思いますけれど

大ファンである

うちの娘にとっては一大事な訳です

何しろ日本のTV番組に出演することが滅多にないので、、、

 

なかなか難しい問題で

簡単にコメントするのもどうかと思いますが

 

今回のことで

再認識できたのが

原爆が戦争を終わらせた

という歴史認識を

アメリカはもちろん

韓国(朝鮮)

中国などのアジア諸国は

強く持っている

という事実であり

それは今後も変わらない

ということであります。

 

もちろん

日本人としましては

実に複雑な思いではありますが、、、、

 

でもそれを知った上で

全部乗り越える力が音楽にあるといいな

と思います。

 

そしてどうか

怒り狂った娘の

八つ当たり攻撃が

こちらに向かってきませんように。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

マラソン後メンテナンスのお客様が続々と

いらっしゃっております。

やはりレース前にしっかりメンテナンスされた方は調子良くて

タイムも伸びています。

私としても嬉しい限りです。

 

さて

そんななか

高2の息子が今日から修学旅行です。

家族で何度か行ってる京都・奈良なので新鮮味はないでしょうけど

友達みんなでいければ場所なんてどこでもいいんでしょうねきっと。

で、昨夜になって 小遣いくれ と言われたんですが

4泊5日で5万ですよ!

食費とか他にかかる費用は全部旅費として

すでに払っているにも関わらずですよ。

どんだけ豪遊するつもりやねん!

舞妓はんと遊ぶつもりか?

 

しかし 相場だから と言われ泣く泣く渡しました。

 

でもって

娘は娘で

無料期間に視聴してたCSの韓国チャンネルにハマり

お願いだから加入してくれ なんでもするから

と、、、

もちろん無視しております。

 

日本人なんだから日本のドラマを楽しみなさい!

って言ったら速攻で

いやいやそういうあなただってDVDで海外ドラマ観てるじゃない!

って

面白いんだよ って言ってよね?

って

返す言葉なかったです。

 

困ったもんです。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

ハードワーク→格闘技萌え→メッセージに涙

台風接近中もいつも通りの施術ラッシュだった昨日ですが

夜はスタッフにお任せして

早めに帰宅

家族に誕生日祝ってもらい(ありがたいっす)

楽しみにしていた格闘技!

山本美憂の渾身の戦いに胸が熱くなりました。

最初から最後まで

鬼気迫る という言葉を体現し続ける彼女に対し

いろんな思いが込み上げてきて大変でした。

勝ってよかったですね 本当に。

 

その後いよいよ

お待ちかねのドリームマッチ

堀口恭司vs那須川天心

とんでもない試合になるのは想像していたのですが

私の想像なんてはるかに超える

凄まじい戦いが展開されました。

「人間と戦っているんじゃないみたいで、獣とやってるみたいで、一歩間違えると自分がやられるようなそういう試合でした」

という試合後の那須川天心選手の言葉通り

人間を超越した何か をリングに見ることができました。

さらに那須川選手はこうも言っています。

「3分、3ラウンドが、長かった。楽しかった。天下分け目。この先の格闘技人生が決まるような試合だと考えていたが、人生の節目のような試合ができた。今後がどうでもよくなるような非日常的な時間だった」

私としては

ずっと追いかけてきた堀口選手にどうにか勝って欲しかったのですが

負けて その強さがさらに輝きを増した

という思いが強く 大満足でした。

 

さてさてその後

バースデーカードに書かれた息子のメッセージを見ると、、、

本気か?

実際どこまでそう思ってるのかはわかりませんが

それでも嬉しいですね。これからも頑張りますよ!

 

で 娘のメッセージはと言いますと

健康で

ってえらいシンプルやのう!

bodycare GREENS 森田