代理人のM様ご来店

今回はお一人でいらっしゃいました。

ご来店の前にアルビの選手と会食してきたそうです。

 

M様の経歴が興味深くて

 

中学の時に遠征で行ってた

イギリスのコーチから誘われ

高校、大学と

サッカー留学

 

しかし選手としての限界を感じることとなり

コーチの資格をとるも

監督やコーチは向いてないかも…

 

思い切って足を洗って銀行に入社する

 

銀行員として

忙しく働く日々

 

そんなとき

たまたま会社の先輩が

サッカー選手の代理人制度ってのが始まるらしい

その資格試験があるらしいから

どうだ一緒に受けないか?

と誘われ

M様みごと30名の合格者の一人に

 

初めは

銀行勤めを辞めるつもりなんてさらさら無く

時々タダでサッカー見れて

こりゃいいや

ぐらいの軽いノリだったのですが

 

ふと思った

 

日本に30名しかいない

まさにブルーオーシャンへチャレンジできる

 

高校からのサッカー留学の経験

そして

銀行員として培った交渉の経験

どちらも武器になるじゃないか

 

これはもう本気でやってみよう

 

まずは

首都圏、関西圏から遠くて

誰も手を出さないでいた

新潟の選手に

声をかけてみる

狙いはレフティー(左利き)

 

野球もそうだけど

レフティーは貴重な存在

 

一人契約できると

その仕事ぶりを信頼され

選手同士の紹介により

アルビの選手が少しづつ増えていく

 

そのうち柏の選手からも声がかかり

今では

浦和

神戸など

数多くの選手を担当されている

 

拠点のイギリスだけでなく

オランダやドイツ、ベルギーなどヨーロッパ全域にネットワークは拡がり

ゆくゆくはサッカー以外のスポーツ選手も

やってみたい。

とおっしゃっていました。

 

そんなすごい方に信頼いただいて

私としても身が引き締まる思いです。

bodycare GREENS モリタ

やすらぎ堤

スタッフ不足とか

子供や親の世話とか

単純に仕事忙しいとか

いろんな理由で

外を走ることが激減している。

今ではなんとか月に1回。

その分

夜のジムで補ってるとはいえ

以前は毎朝10キロ走ってたこともあったので

なんか

とても物足りない。

いっそのこと

有酸素運動やめて

筋トレだけをがっつりやって

体デカくしたろか?

見た目が変わるので

結果もわかりやすいし

正直楽しいんじゃないか?

っていつも思うが

10年以上走ってきたことを思うと

どうしてもRUNを捨てる気になれないのです。

走ってないと走れなくなるのは絶対だし

それが怖い。

この頃外走るときは

いつもそればかり考えて走っている。

それも どうなんだろうね?

働き方改革

不器用な自分には永遠に関係ない

そう思ってきましたが

若干揺らいでおります。

キロ5分28秒で11.77キロ

最後の1キロはぐんとペース上げれたので

それだけが救いかな…

bodycare GREENS モリタ

北海道フェア

一昨日は

札幌在住で

土砂崩れなどの災害復旧工事の

設計事務所を経営されてる

K様がいらっしゃいました。

お仕事の範囲は

北海道だけにとどまらず

東北全県と新潟、長野までカバーされていて

3ヶ月に1回ぐらい

GREENSにご来店いただいております。

 

今回の現場は山形なのですが

わざわざ新潟まで足を伸ばしていただきました。

福島とか仙台とか長野とか

新潟ではない現場から

毎回いらっしゃるので

本当にありがたいです。

 

しかも今回は奥さんもご一緒

 

K様曰く

3年くらい前に

初めて奥さんとご一緒にGREENSに来てからというもの

「自分だけGREENS行ってずるい。私も行きたい。」

と事あるごとに言われるので

出張があれば

2回に一度は奥さんも新潟に連れてくる事にしてるらしい。

  

現地の業者と食事するときには

一応奥さんも同席されるのですが

食事が済めば

奥さんだけさっさとホテルに戻るらしいです。

 

K様が現場へ赴く間

奥さんはGREENSで施術受けて

温泉行って

美味しいもの食べて…

 

でも

普通に考えたら

県外の出張に(仕事に全く関わっていない)奥さん連れて行きませんよね?

 

普段から

しょっちゅう二人でご飯食べに行ってるようですし

 

釧路にいらっしゃる

奥様のお母様ともすごく仲が良いらしいし

何より

GREENS にいらっしゃったとき

お二人の周りだけにある

独特の

ゆったりした優しい空気が

なんとも微笑ましいんですよね。

 

K様の

奥様への

思いやり

愛情をひしひしと感じます。

(ちなみに50代のご夫婦です。そして体がとてもとても大きい。)

 

そんな話

うちの家族にしたら

絶対怒られる

って私が言ったら

笑われました。

 

そして昨日は

同じく札幌在住の

北海道で一番大きな医薬品卸会社の会長さんである

M様がいらっしゃいました。

 

そんで

実は今日も北海道のお客様がいらっしゃるんです。

ちょっとした北海道フェアであります。

bodycareGREENS モリタ

マッサージやストレッチや骨格調整ってなんのためにあるの?

例えば腰の場合
伸ばしたり
曲げたり
回旋させたり
側屈させたり

そういう動作時に
それぞれの筋肉が
連動するわけですが
それを機能させない問題箇所がどこかに(たいていは何ヵ所も)あるわけです。
問題箇所っていうのは簡単に言えば
動かなくなってる箇所です。(正確に言えば滑走不良)
動かない箇所が痛いケースと
それによって負担がかかる別の箇所が痛いケースがあります。

なので
動かなくなってる箇所が動くようになればいいのです。

そのための
ストレッチであり
マッサージ(筋膜リリース)であり
関節や骨格の調整なのです。

 

ただ

問題箇所の強度があまりにも強い場合

問題箇所があまりにも小さい場合

それと

問題箇所が複雑に絡み合ってほどけなくなってる場合

これはもう

ちょっとしたマッサージや

ストレッチでは歯が立たない

ということがあります。

 

そこで大切なのは次の3点となります。

①強度に対応できるアプローチ

②どれだけ小さな標的でも確実にヒットするピンポイントでのアプローチ

③どれだけ複雑に絡み合ってても根気よくひとつづつ解決するアプローチ

 

もし整体を今始めようという方がいらっしゃったとして

毎日お客様の体を触る機会があるとして

①をマスターするには1ヶ月もあれば十分でしょう

②をマスターするには早い人で3ヶ月遅いと3年以上かかります。

③をマスターするにはもしかすると5年ぐらいかかるかもしれません。

 

間違い無く言えるのは

 

5〜7割の症状改善であれば3ヶ月〜半年ぐらいかな?

割とすぐに結果出せても

 

8〜9割以上の症状改善を目指すなら

どれだけ優秀な人でも

3〜5年はどうしてもかかってしまう

 

ということです。

 

 

bodycare GREENS モリタ

 

NHKスペシャル「イチロー最後の闘い」

プロになること自体が高い高い壁である野球界

 

そのプロでレギュラーとして

活躍するのはさらに難しい

 

1年とか2年とか

短期間だけでも

輝ける人はごくわずかなのに

常に結果を出し続け

 

そこからさらに

トップ・オブ・トップのMLBに飛び込んで

 

そこでも常に結果を出し続け

 

まあ

改めて

すごい人やな〜

第2のイチローは出てこないかもな〜

 

そんなイチローも

ヤンキースに移籍してから

後年はずっと苦しみもがいていた。

マーリンズに移籍しても

マリナーズに復帰しても

状況は変わらず…

去年はついに事実上の戦力外…

 

そしていよいよ来てしまった

現役最後の試合

それも日本凱旋試合。

 

舞台は整った

むしろ整いすぎた。

 

ここで結果出すのがイチロー

 

全ての人が

ほんの少しの疑いもなく

そう思ってる中で

一本のヒットも出ず。

 

こういう姿を最後にみせてくれたのも

素晴らしいよ

だってイチローだもん。

 

「笑って死にたいって言ってきたけれど、それをお客様が叶えてくれた…」

としみじみ語っていたのが印象的でした。

 

それと

「20年毎日プレーし続けてわかったことは、打撃の最終的な完成形は無いということ。」

この言葉には大いなる勇気をもらいました。

私自身

17年間

整体の仕事を続けてきて

まだまだ全然できてないな〜

日々不安に思ってる自分は

もしかしたら間違って無いのかな?

という気になりました。

(シンプルに才能がないだけかもしれませんけど…)

bodycare GREENS モリタ

 

 

M様再び…

先日のブログでも書いたM様がまたいらっしゃいました。

一歳のお子さんがいらっしゃる主婦のM様

あれ?

もう?

なんか施術の精度が甘かったかな?

と焦りましたが

 

そうではなくて

M様いわく

「前回の施術受けた後、とにかく調子が良くて」

「気持ちも変わってしまって」

「産まれて初めてってぐらい調子良くて」

「子供といっぱい遊んで、動いて」

「そしたらお尻とか太腿とか下半身の疲労がすごい」

とのこと…

 

私はいつも言うのですが

たくさん身体動かして 

その結果として体が痛くなったり疲れるのはとても素晴らしいこと

 

逆に

 

体を動かさないで あちこち痛い って言うのが一番悪い

と思います。

 

まあとにかく

 

身体が変わって

気持ちも変わって

生活も変わって

周りの家族含めて

M様の全てが良い方向に向かってるのを感じました。

 

こういうことが起きるから

この仕事って楽しいな

つくづく思いました。

 

今日は雨ですが

頑張っていきましょう!

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

 

人間の器とマッサージ

あの人は

器が大きいとか

器が小さいとか

本人がいないところで

評価することがあるけれど、、、

必ずしも

器が大きいから成功する

と言うわけでもないように思う。

 

心配性、疑い深い、ケチ、、、など

器が小さいからこそ

成功したって人もいるだろうし

 

何事も丼勘定

楽観的過ぎる

人を信用し過ぎる、、、など

器が大きすぎて失敗したって人もたくさんいるでしょう。

 

幸福度ってことで言っても

器の小さい人はちっちゃな得で幸せになれそうだし

(その分ちっちゃな損で不幸にもなるが、、、)

 

器の大きな人はデカイ得を求めるぶん

取り返しのつかないような

デカイ損をすることもある。

 

 

 

そ れ で も

私はやっぱり器の大きな人が好きですね。

 

話していて

その人が持つ世界の

広さや深さ

そこにある豊かなものを共有できたときに

この上ない喜びを感じます。

 

私がマッサージしている時も

 

できるだけ深い世界を表現したいし

 

お客様の奥深くにある暗い世界へ入っていって

そこに光を当てたい

 

そう考えております。

 

症状改善は当たり前のこととして

 

症状取れればそれでいい

っていう

軽くて浅い仕事は

もう卒業しました。

 

 

器の形が変すぎて

すでに器になってない

そういう人も面白いですね。

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

ホラクラシー 新しい組織の形

バイトテロとかやってるどうしようもない馬鹿は別として、、、

(画像が拡散するだけで特にそういう人が増えてる訳ではないと思います)

今の若い人たちは基本的に賢いと私は思います。

なもんで

昔ながらのヒエラルキー(ピラミッド型の階層組織)が

今の時代に馴染まなくなってきてる。

もっと自由な方がいいんじゃない?

と感じることが多くないですか?

ということで

ホラクラシーとは?新型組織で実践されている運営施策をご紹介

という記事を読んで

なるほどなあ

と思いました。

 

特に目を引いたのが

ミーティングの具体的な方法です

以下、同サイトより

1、提案を行う

まず提案者が、現在直面していたり過去に発生したテンションを述べ、そのテンションを解決するための方法(既存の役割を修正したり、サークルに新たなルールを適用したりするなど)を提案します。提案者はミーティング参加者ならだれでも可能です。

2、疑問点を明確にする

提案された案やその背景にあるテンションについて、参加者が理解を深めるために質問をするラウンドです。あくまでここでは疑問を明確にすることが目的なので、参加者やファシリテーターが自分の意見を言う事は出来ません。

3、参加者が意見を述べる

ここで参加者は提案された内容に対して意見をいう事ができます。ただ、提案された意見に対する意見を言う場であるので、提案されたい案とは関係の無い案をいうことはできません。また、意見を言う場であって、討論する場ではありません。

4、修正と明確化

第3ラウンドを経て、提案者は提案内容を修正したりすることができます。

5、反対意見を述べる

参加者はそれぞれ、その提案を受け入れることで組織の目標が遠ざかるなど、新たなテンションが発生しないか考慮し、反対意見を言う機会があたえられます。ここでも反対意見が述べられるだけで、それに関する討論は行われません。

ただ、反対意見を言う際は、提案された意見をどのように修正すればよいかを言わなければいけません。単なる批判者であることは許されず、そのような場合はファシリテーターがその反対意見を棄却します。

6、統合ラウンド

第5ラウンドを経たのち、自由な議論をする場に進みます。ここでは反対意見を言った人たちが納得し、意見の提案者も納得するような修正案をつくるようにファシリテーターが議論を誘導していきます。第5ラウンドで複数の反対意見が出た場合はそれが無くなるまで、この作業を繰り返します。

これ

本当に良くできてますよね。

特に

ただ、反対意見を言う際は、提案された意見をどのように修正すればよいかを言わなければいけません。単なる批判者であることは許されず、そのような場合はファシリテーターがその反対意見を棄却します。

この部分が素晴らしい。

 

まるで当て逃げのように、批判だけして去っていく

そういう人って最悪ですからね。

 

提案する人は怖がらずにガンガン発言して

反対意見を言う人は

出された提案をブラッシュアップ(さらに良く)すべく

建設的な反対意見だけを言う

 

そんなミーティングしたいし

そんな社会になるといいですね。

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

 

 

症状改善 の 先へ

ほんの1〜2年前までなら

 

肩が痛い

腰が痛い

手首が痛い

膝が痛い

首が回らない

腕があがらない

などの

症状を改善する力

施術家、治療家にとっての評価そのものであり

その力があれば

十分食っていけました。

 

整顔(小顔)

O脚矯正

骨盤矯正

姿勢矯正

などの

美容効果も同様に

それはそれは

強力な売りになり得たのです。

 

がしかし

 

今や

即効性のある治療法がわずかの金額を出せば

あるいは無料で

簡単に手に入るようになってしまいました。

 

あらゆる貴重な音楽や映像が

どんどん無料化していく

値段がつかなくなっていく

その流れと同じです。

 

もうすぐ

どの整体院やリラクゼーションサロンでも

同じような施術をするようになり

ある程度効果も出せるようになり

あとは

安売り合戦になっていくのでしょう。

 

ではGREENSとしては

その先をどう乗り切るのか?

 

その答えはもうすでにあります。

 

遠いところからわざわざ店に来ていただいて

決して安くない料金を払ってもらって

それでも

全く後悔させない

価値のある時間

価値のある体験

それを提供すること。

 

後悔どころか

なんとしてでも

また再び味わいたい

という

究極の時間を提供すること

(何もかも忘れてしまえるような、、、)

 

加えて

 

GREENSにいらっしゃったことで

お客様の

その後の人生を

確実に良い方向に変えられるか

(じぶんのカラダが好きになっていく、ポジティブな気づき、目覚め)

 

そこを突き詰めていく

それしかないのだろうと思います。

 

そして

そのために

できることは

いくらでもあるぞ

とワクワクした気持ちでいっぱいです。

 

 

すでに

来たる2019年が

楽しみで仕方がありません。

 

(とはいえ 症状改善効果は高いに越したことはありませんが、、、)

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

 

今朝のモリタ家の家族LINE

スポーツでも

勉強でも

アートでも

仕事でも

なんでもそうなんだけど…

ひとから

「ものすごい努力してるね」

って思われていても、

本人は大好きなことをやってるだけなので全く苦痛じゃない。

それって最高。

さらに、

その分野で人を感動させることができたなら、

それはもう

いつ死んでもいいってぐらい

素敵なことじゃない?

 

bodycare GREENS モリタ