体育の授業とか部活とか そもそも何のためにあるのか?

 

小中高と

実に12年間も

体育の授業を受けてきて

 

『その影響で』

 

体を動かすことの意義をちゃんと理解できた

 

(義務ではなく)運動するのが好きになった

 そんな人どれだけいるのかな?

 

ランニングとか

ウォーキングとか

筋トレとか

ゴルフとか

運動を習慣にしてる人はたくさんいる

 

でも

そのほとんどが

ダイエット目的だったり

仕事のためだったり

健康のためだったり

モテだったり

そんな

大人の事情というか

何かのきっかけがあって

運動することになったわけで

12年間の体育がきっかけになってる人なんか

ほとんどいないんじゃないのかな?

 

ランニングする人のなかで

体育の授業が好きだったって人

どれだけいる?

 

何が言いたいかと言いますと

 

そう遠くない将来

健康保険制度が破綻するであろうこの国において

 

運動する人を生み出さない体育の授業

なんだったら

そのせいで運動が嫌いになってしまうような

体育や部活や運動会など

それにどれだけの意味があるのか

 

ということをもうちょっと真剣に考えるべきなのではないか?

と思うんですよね。

 

わたし2つ提案がありまして

一つは

小学校

少なくとも3年生までは

ひたすら楽しい授業をせよ!

運動が嫌いになる子を一人も出すな!

ということです。

 

足が遅い子であっても

うまくボールが投げられない子であっても

それでも

運動嫌いにならないためには

運動を楽しめるその姿勢に対する評価をするべきです

 

先生にはぜひこう言っていただきたいのです

『お前足遅いけどめちゃくちゃ楽しそうに走るな 天才!』

ってね。

 

それともう一つは

大人になると運動する人が激減するという現実をしっかり子供に伝え

なぜそうなるのか?

どうしたら良いのか?

それを

子供たちみんなが考える授業をすべきだと思います。

 

来年の東京オリンピックでいくつメダルとるとか

サッカーとか野球とか格闘技とか

日本人アスリートが世界でどれだけ活躍してるとか

そういうエリート達の勝敗に一喜一憂するのも

それはそれで興奮するし

大事かもしれないけど

 

国民全員

一人一人が主役となって

様々なレベルでスポーツを楽しめる社会

その実現によって幸福度を上げていく

そのほうが

もっと素晴らしいことじゃないですか?

 

ということをこれから

どんどん訴えていきたいと思います!

bodycare GREENS モリタ

高齢者の事故はそんなに多いのか?

平成29年1月25日
警察庁が発表した

高齢運転者に係る交通事故の現状

これによると

死亡事故件数は確実に減ってきているが

75歳以上の高齢運転者による死亡事故件数は減っていない

しかし

増えてるというほど増えてるわけでもない

せいぜい微増と言ったところ。

75歳以上の運転免許保有者数がどんどん増えているので

それを考えると

以前よりも明らかに状況が悪化している

とは言えないように思う。

 

誰か特定の人や

カテゴライズされた人達の

ミスや不祥事を

とことん追求する

視聴者の怒りに油を注ぐ

そうやって視聴率を稼ぐ

マスメディアの常套手段である。

(事故を起こした方の責任は重い。でも事件、事故その他様々なニュースの中で何をどう切り取るかは随分と作為的である。)

 

とはいえ

高齢者ドライバーが増えるということは

認知症ドライバーが増えるという事である。

認知症の問題はしっかり考える必要がある。

 

45歳過ぎれば誰でも

多かれ少なかれ認知症の兆候は始まってる。

ですよね?

 

それを認めた上で

じゃあ

脳の機能をできるだけ維持し続けるために

何をすべきか?

個人個人で考える必要があると思う。

 

「自分は関係ない」

そういって

みたくないものに蓋をする

そういう態度が一番まずいと思う。

 

幸い

私の抱える70歳以上のお客様は

みなさん

こういう話をきちんとできる方ばかりなので

より豊かな生活を送れるように

一緒に考えていきたいと

強く思います。

bodycare GREENS モリタ

やすらぎ堤

スタッフ不足とか

子供や親の世話とか

単純に仕事忙しいとか

いろんな理由で

外を走ることが激減している。

今ではなんとか月に1回。

その分

夜のジムで補ってるとはいえ

以前は毎朝10キロ走ってたこともあったので

なんか

とても物足りない。

いっそのこと

有酸素運動やめて

筋トレだけをがっつりやって

体デカくしたろか?

見た目が変わるので

結果もわかりやすいし

正直楽しいんじゃないか?

っていつも思うが

10年以上走ってきたことを思うと

どうしてもRUNを捨てる気になれないのです。

走ってないと走れなくなるのは絶対だし

それが怖い。

この頃外走るときは

いつもそればかり考えて走っている。

それも どうなんだろうね?

働き方改革

不器用な自分には永遠に関係ない

そう思ってきましたが

若干揺らいでおります。

キロ5分28秒で11.77キロ

最後の1キロはぐんとペース上げれたので

それだけが救いかな…

bodycare GREENS モリタ

昨日の続き

誰彼構わず

「みんなで殺そうとしてる」

「お前ら人間じゃない」

のたまう【宣う=おっしゃる。尊敬語】

お父上様。

 

その言葉は

おぞましい【悍ましい=いかにも嫌な感じがする。ぞっとするほど、いとわしい。】

ですが

いつもいつも言ってるので

慣れてしまいました。

 

そっかそっか〜

そりゃ大変ね

ご苦労様で〜す

軽く返事するようにしています。

 

ただ

私は

そんな親父さんに問いたいのです。

 

では 

あなた自身は生きるために今どれだけ努力しているのか?

どのような人間であろうとしているのか?

 

実際

それをぶつけてみるのですが

ムニャムニャ言うだけで

ろくな返事もない。

 

別に特別なことをしろとは言わない

例えば

食事のあとは必ず歯を磨いてる

とか

毎日腕立てをしてる

とか

お世話してくれる方達にちゃんとお礼を言うようにしてる

とか

それだけで十分なのだが…

 

 

そんな素敵なお父上に

ぜひ聞いてほしい歌があります…

 

電気グルーブ

N.O.

作詞:石野卓球
作曲:石野卓球
今じゃ言えない秘密じゃないけど
出来る事なら言いたくないよ
今話しても しかたが無いし
でも言いたくて しかたが無いし
学校ないし 家庭もないし
ヒマじゃないし カーテンもないし
花を入れる花ビンもないし
嫌じゃないし カッコつかないし
しかた無いなと分かっていながら
どこかイマイチわりきれないよ
先を思うと不安になるから
今日のトコロは寝るしかないね
学校ないし 家庭もないし
ヒマじゃないし カーテンもないし
花を入れる花ビンもないし
嫌じゃないし カッコつかないし
話すコトバはとってもポジティヴ
思う脳ミソ ホントはネガティヴ
バカなヤングはとってもアクティヴ
それを横目で舌ウチひとつ La la la la ah
※学校ないし 家庭もないし
ヒマじゃないし カーテンもないし
花を入れる花ビンもないし
嫌じゃないし カッコつかないし※
(※くり返し)
bodycare GREENS モリタ

M様再び…

先日のブログでも書いたM様がまたいらっしゃいました。

一歳のお子さんがいらっしゃる主婦のM様

あれ?

もう?

なんか施術の精度が甘かったかな?

と焦りましたが

 

そうではなくて

M様いわく

「前回の施術受けた後、とにかく調子が良くて」

「気持ちも変わってしまって」

「産まれて初めてってぐらい調子良くて」

「子供といっぱい遊んで、動いて」

「そしたらお尻とか太腿とか下半身の疲労がすごい」

とのこと…

 

私はいつも言うのですが

たくさん身体動かして 

その結果として体が痛くなったり疲れるのはとても素晴らしいこと

 

逆に

 

体を動かさないで あちこち痛い って言うのが一番悪い

と思います。

 

まあとにかく

 

身体が変わって

気持ちも変わって

生活も変わって

周りの家族含めて

M様の全てが良い方向に向かってるのを感じました。

 

こういうことが起きるから

この仕事って楽しいな

つくづく思いました。

 

今日は雨ですが

頑張っていきましょう!

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

 

ケースバイケース

公立福生病院 透析中止は5人 次第に「自信を持って」選択肢提示

 

このニュース

 

命を軽んじてる

とか

殺人だ

とか

もっと

担当医師や院長が叩かれるのかと思ったが

今の所そうでもない

のかな?

 

正確な状況がわからないので

なんとも言えませんが

私には

それぞれの立場の人が

より良い選択をしようと

必死にもがいてるように見えます。

 

ちょっと語弊のある言い方になりますが

 

自分の保身だけ考えるのであれば

黙って透析続けていればいいわけで

これだけリスクの高いことを

なぜ医師がしたのか?

 

簡単に善悪の判断する前に

 

自分だったらどうするか

ゆっくり想像してみるといいのではないでしょうか。

 

まあ

まずは

腎臓を大事にしましょう。

 

糖分

塩分

お酒

ほどほどに

 

それと

漢方含め

あんまりお薬に頼るのもよくないのかな?

 

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

飲み会で飲みすぎてしまう問題

普段全くお酒飲まないんですが

付き合いで飲むときは

どうにもつい飲みすぎてしまう。

 

ほどほどってのが難しい。

 

そもそもあまり酔わない体質なので

周りの人が寝始めるぐらいになっても

割とシラフでいることが多い。

 

周りの人が酔ってると

ちょっと心配というか

無事に家に送り届けないといけない

とか

自分がこの場を良い雰囲気にしないと

とか

余計なお世話なんだろうけれど

色々考えてしまう。

 

そうすると

なんか途中で帰れなくなって

2次会

3次会

締めのラーメン

と毎度毎度

フルコースお付き合いすることになる。

 

それでもそんなに酔ってる感じはない。

 

でも

量はかなり飲んでしまってる。

 

結果

次の日がしんどい。

 

週末の土曜日も

このパターンで飲みすぎてしまい

昨日の日曜日

死んでました。

 

仕事入ってないなら別に構わないのですが

 

仕事ある日はこういうの良くないなあと

反省しております。

 

お酒が強いというのも良いことばかりではない

ということですね。

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

 

 

 

 

 

コスパからの脱却

コスパって言葉が使われ始めたのって

まだ10年そこそこなんじゃないでしょうか?

もしかしたらもっと最近?

 

食べ物のコスパから始まって

何をするにもコスパ

どこへ行くのもコスパ

誰と付き合うかもコスパ

誰と結婚するかもコスパ

 

今や

何でもかんでも

コスパコスパコスパ

 

安ければ良い

無料だったらなお良い

利益になればさらに良い

 

もちろん無駄を省くことは悪くはないですし

お金がなければ生きてはいけないのですが

 

コスパ思想に身も心もガッチリと絡め取られてる

 

得したと思えば嬉しいし

損したと思えばムカついてしまうので

損しないような選択肢ばかり選びがち

 

このままだと

損得勘定ばかり考えてた一生だったな、、、、

って

死ぬ間際に思ってしまうのではないか?

って

ちょっと考えてしまいます。

 

bodycare GREENS モリタ