体育の授業とか部活とか そもそも何のためにあるのか?

 

小中高と

実に12年間も

体育の授業を受けてきて

 

『その影響で』

 

体を動かすことの意義をちゃんと理解できた

 

(義務ではなく)運動するのが好きになった

 そんな人どれだけいるのかな?

 

ランニングとか

ウォーキングとか

筋トレとか

ゴルフとか

運動を習慣にしてる人はたくさんいる

 

でも

そのほとんどが

ダイエット目的だったり

仕事のためだったり

健康のためだったり

モテだったり

そんな

大人の事情というか

何かのきっかけがあって

運動することになったわけで

12年間の体育がきっかけになってる人なんか

ほとんどいないんじゃないのかな?

 

ランニングする人のなかで

体育の授業が好きだったって人

どれだけいる?

 

何が言いたいかと言いますと

 

そう遠くない将来

健康保険制度が破綻するであろうこの国において

 

運動する人を生み出さない体育の授業

なんだったら

そのせいで運動が嫌いになってしまうような

体育や部活や運動会など

それにどれだけの意味があるのか

 

ということをもうちょっと真剣に考えるべきなのではないか?

と思うんですよね。

 

わたし2つ提案がありまして

一つは

小学校

少なくとも3年生までは

ひたすら楽しい授業をせよ!

運動が嫌いになる子を一人も出すな!

ということです。

 

足が遅い子であっても

うまくボールが投げられない子であっても

それでも

運動嫌いにならないためには

運動を楽しめるその姿勢に対する評価をするべきです

 

先生にはぜひこう言っていただきたいのです

『お前足遅いけどめちゃくちゃ楽しそうに走るな 天才!』

ってね。

 

それともう一つは

大人になると運動する人が激減するという現実をしっかり子供に伝え

なぜそうなるのか?

どうしたら良いのか?

それを

子供たちみんなが考える授業をすべきだと思います。

 

来年の東京オリンピックでいくつメダルとるとか

サッカーとか野球とか格闘技とか

日本人アスリートが世界でどれだけ活躍してるとか

そういうエリート達の勝敗に一喜一憂するのも

それはそれで興奮するし

大事かもしれないけど

 

国民全員

一人一人が主役となって

様々なレベルでスポーツを楽しめる社会

その実現によって幸福度を上げていく

そのほうが

もっと素晴らしいことじゃないですか?

 

ということをこれから

どんどん訴えていきたいと思います!

bodycare GREENS モリタ

単なる遊びか トレーニングか

子供の頃に

誰もが一度は経験したことがある

手押し相撲

 

これはもう

単純にお遊びです。

よっぽど高齢者であれば別ですが

何かのトレーニングになるとも思えないし

そもそも誰もそれを望んでいない。

 

でも片足にすれば

バランス感覚が少し養えるかもしれませんね。

 

では

この相手の肩にタッチするゲームはどうでしょうか?

https://www.facebook.com/plugins/video.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fportal.ido%2Fvideos%2F1201257323385546%2F&show_text=1&width=560

少し似たような動きですが

トレーニングという観点からすると

全く意味合いが違います。

反射スピード

距離感

全身、ピンポイントでの動きの柔らかさ

動体視力

気配の感じ方

上半身→下半身 の連動

下半身→上半身 の連動

など実に多くのことを学ぶことができます。

 

遊びは遊びで楽しきゃそれでいい!

 

それはまあそうなんですけど

どうせなら遊びながら身体の機能も強化できれば

なおさらよくないですか?

bodycare GREENS モリタ

井上尚弥

今夜の録画放送まで

なるべく結果みないように

と思ったけど

これだけニュースになると…

 

結果わかってても

今夜の放送

見逃せない

メチャメチャ楽しみです。

5階級制覇のレジェンドで

次戦のWBSS(ワールドボクシングスーパーシリーズ)決勝で拳を交える

ドネアから

He is the Monster

そして

彼と戦うのは運命

とまで言わせた。

鳥肌たちますね…

 

次勝ったら

日本のボクシングの歴史が完全に変わってしまいますよ。

bodycare GREENS モリタ

代理人のM様ご来店

今回はお一人でいらっしゃいました。

ご来店の前にアルビの選手と会食してきたそうです。

 

M様の経歴が興味深くて

 

中学の時に遠征で行ってた

イギリスのコーチから誘われ

高校、大学と

サッカー留学

 

しかし選手としての限界を感じることとなり

コーチの資格をとるも

監督やコーチは向いてないかも…

 

思い切って足を洗って銀行に入社する

 

銀行員として

忙しく働く日々

 

そんなとき

たまたま会社の先輩が

サッカー選手の代理人制度ってのが始まるらしい

その資格試験があるらしいから

どうだ一緒に受けないか?

と誘われ

M様みごと30名の合格者の一人に

 

初めは

銀行勤めを辞めるつもりなんてさらさら無く

時々タダでサッカー見れて

こりゃいいや

ぐらいの軽いノリだったのですが

 

ふと思った

 

日本に30名しかいない

まさにブルーオーシャンへチャレンジできる

 

高校からのサッカー留学の経験

そして

銀行員として培った交渉の経験

どちらも武器になるじゃないか

 

これはもう本気でやってみよう

 

まずは

首都圏、関西圏から遠くて

誰も手を出さないでいた

新潟の選手に

声をかけてみる

狙いはレフティー(左利き)

 

野球もそうだけど

レフティーは貴重な存在

 

一人契約できると

その仕事ぶりを信頼され

選手同士の紹介により

アルビの選手が少しづつ増えていく

 

そのうち柏の選手からも声がかかり

今では

浦和

神戸など

数多くの選手を担当されている

 

拠点のイギリスだけでなく

オランダやドイツ、ベルギーなどヨーロッパ全域にネットワークは拡がり

ゆくゆくはサッカー以外のスポーツ選手も

やってみたい。

とおっしゃっていました。

 

そんなすごい方に信頼いただいて

私としても身が引き締まる思いです。

bodycare GREENS モリタ

NHKスペシャル「イチロー最後の闘い」

プロになること自体が高い高い壁である野球界

 

そのプロでレギュラーとして

活躍するのはさらに難しい

 

1年とか2年とか

短期間だけでも

輝ける人はごくわずかなのに

常に結果を出し続け

 

そこからさらに

トップ・オブ・トップのMLBに飛び込んで

 

そこでも常に結果を出し続け

 

まあ

改めて

すごい人やな〜

第2のイチローは出てこないかもな〜

 

そんなイチローも

ヤンキースに移籍してから

後年はずっと苦しみもがいていた。

マーリンズに移籍しても

マリナーズに復帰しても

状況は変わらず…

去年はついに事実上の戦力外…

 

そしていよいよ来てしまった

現役最後の試合

それも日本凱旋試合。

 

舞台は整った

むしろ整いすぎた。

 

ここで結果出すのがイチロー

 

全ての人が

ほんの少しの疑いもなく

そう思ってる中で

一本のヒットも出ず。

 

こういう姿を最後にみせてくれたのも

素晴らしいよ

だってイチローだもん。

 

「笑って死にたいって言ってきたけれど、それをお客様が叶えてくれた…」

としみじみ語っていたのが印象的でした。

 

それと

「20年毎日プレーし続けてわかったことは、打撃の最終的な完成形は無いということ。」

この言葉には大いなる勇気をもらいました。

私自身

17年間

整体の仕事を続けてきて

まだまだ全然できてないな〜

日々不安に思ってる自分は

もしかしたら間違って無いのかな?

という気になりました。

(シンプルに才能がないだけかもしれませんけど…)

bodycare GREENS モリタ

 

 

今度はお兄ちゃん 3軸調整法

膝の痛み 中学2年生バスケ部MKさん

↑のMKさんはその後4試合出場しましたが

(5ヶ月も別メニューだったのに無茶するね先生も、、、、)

最後の試合で

相手チームの選手と絡まりながら転倒し

そこでまた膝を痛め

ご来店されましたが

施術して復活。

 

その翌日

 

今度は卓球やってる

双子のお兄ちゃんのG君がいらっしゃいました。

1週間ほど前の大会で

決勝まで7試合を戦い抜き

(すごい!)

そうしたら

右肩が痛くなって

スマッシュが打てなくなってしまった。

とのこと。

 

触診したところ

右肩甲骨の周辺がガッチリ固まってました。

 

内側の菱形筋もガチガチ

 

肩甲骨表面の筋肉(回旋筋腱板)もガチガチ

肩甲骨の奥にある肩甲下筋もガチガチ

こうなると

あらゆる肩の動きが制限されてしまいますので

上記全ての筋肉の柔軟性を回復させなければいけません。

 

こういう時

普通の施術者はどうするかと言いますと

一つ一つ筋肉をほぐしていくか

一つ一つの動きを改善させていくか

どちらかでしょう。

でもG君の場合は

周辺筋肉全てに問題があるので

一つ一つやってくと効率が悪いですし

どうしても施術中の痛みが出てしまいます。

 

できる限り

痛みのない施術をしたい

これは私の信念であります。

 

そこで

私の場合は

3軸調整法triaxial back and forth)という

私が開発したテクニックを使います。

 

back and forthとは

縦列駐車させる際に

前後に車を動かしながら

最終的に

狙った位置へ移動させる技術

それと同じことを

骨格や筋肉(その他軟部組織)に応用したもの

と考えていただいて構いません。

ただし車と違って

人間の体の動きは

前後(軸1)

左右(軸2)

だけでなく

上下(軸3)

その全てが加わった

3軸(triaxial)の回転運動となりますから

動かし方がとても複雑で微妙で

かなり施術者の感覚の鋭さが要求されます。

 

しかしその分

自然な動きに近く

 

痛いどころか

思わず眠ってしまうぐらい

とてもとても気持ち良い施術となり

 

施術後も

綺麗に整った状態にもっていけます。

 

今回のG君も

なかなかひどい状態ではありましたが

(大人だったら立派な肩こり持ち、下手したら40肩も!)

骨格、筋肉(その他軟部組織)全てが

すっかり綺麗になって

見違えるような動きになりました。

 

あとは

卓球してる時の動作の問題として

胸郭(肋骨)

胸椎(背骨)

股関節

その3つが使えるようになれば

肩関節の負担は確実に減りますから

 

試合しても疲れにくくなり

パワフルなスマッシュ打てるようになる。

 

そのためのトレーニング方についてもアドバイスいたしました。

 

実は大会の決勝では負けてしまったようなので

今度は優勝できるといいな

と思います。

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

膝の痛み 中学2年生バスケ部MKさん

バスケの試合中

 

ジャンプからの着地

 

なんか嫌な感じ

 

と思ったら

 

その翌日から膝の痛みが発生

 

それから5ヶ月間

 

近くの整形外科で電気治療温熱治療するも

 

なかなか治らない

 

一応バスケの練習はするものの

膝に負担がからない別メニューが続く

 

6月までで部活も終わってしまうから

1日も早く

なんとか治したい!

 

実は彼女のお兄ちゃんが

私の息子と小学生以来の友達

 

ということで

 

ご来店下さいました。

 

曲げた時に特に痛い

 

痛いのは膝の外側

 

ひざ痛の最もよくあるパターンで

腸脛靭帯が主要因。

・伸びにくい=伸張性低下
・力が入ってる=筋緊張亢進
・動き(遊び)が少ない=可動性低下
・組織がズレてる=アライメント偏位

などを細かくみていきます。

 

発症後

5ヶ月も経過しているので

腓骨筋

腓腹筋

ヒラメ筋など

他の組織にも問題が起きていましたので

そこもリリースして

足首の柔軟性もみて、、、

 

股関節や

骨盤周りは問題がなさそうなので

 

おそらくこれで大丈夫かな?

 

痛みもやわらいで

膝の動きもスムーズになり

 

あとは様子みて下さい

 

ということで

帰られたのですが

 

今日

お母さんから聞いたところによると

 

施術した翌日に

試合に出て

普通に走り回ってた

とのこと

 

まだ完全に治ったのかはわかりませんが

それでも良くはなってるみたいなので

ホッとしました。

 

応援していますので

頑張って欲しいですね。

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

息子が高校野球児なものですから

高野連が新潟独自の球数制限実施に“待った”の賛否

 

これ

どうなるのか

すごく気になりますね。

才能ある投手を潰してはいけない

このままではいけない

っていうのはすごくわかりますし

それについて対処しようとするのは

とても素晴らしいことだと思います。

 

ただ

実際

それ以外何も変えずに

投球数制限だけをやると

どうなるかというと

 

私立の強豪校を除いて

8割以上のチームが投手不足に陥ります。

(というか、すでにそれは何年も何十年も前からそうなので)

 

20−0

30−0

それ以上

 

とにかく

一方的な試合が続出するでしょう。

(試合で投げるレベルでない投手が投げるわけですから)

 

そもそも

投手がいないので

試合に出るのを諦めるチーム

他校との合同チームが確実に増えるでしょう。

 

さらにいうと

100球どころか

10〜20球投げただけで

故障するケースもありますからね、、、

 

強豪校は

選手層の厚さに加えて

ケアコンディショニングでも

すでに相当力を入れていますから

 

実力差が広がっていくのは

もう仕方がないのかもしれません。

 

bodycare GREENS モリタ

 

 

 

回旋筋腱板 ローテーターカフ

上腕骨頭をかかえ込んで肩関節を安定させるはたらきがある。そのため腕を使う運動には全て密接に関係しており、このローテーターカフをうまく連動させて使えるかどうかによって運動の効率が全く変わってしまう。例えば野球においてはこれらを鍛えてうまく使えるようになれば時速150km/h近いボールを投げることができる。しかしもしできないと球速は伸びず、無理に伸ばそうとウェイトトレーニングで鍛えた筋力だけで投げようとすると、ローテーターカフに負担をかけすぎ重大な損傷を負う結果となってしまう。一度損傷すると、外科手術をもってしても完全に回復させるのは極めて難しい[1]そのため近年ではこのローテーターカフを鍛えるトレーニングは重要視され、それをうまく使うエクササイズとともに野球における近年の科学トレーニングの中核を成している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

↓鍛え方の一例

 

グリーンズでは

野球、テニス、バドミントン、ゴルフ

などの球技をされてるお客様

長時間泳いでも肩が疲れないようになりたいお客様に

インナーマッスルのトレーニングも提供しております。

 

bodycare GREENS モリタ