筋膜は剥がすものじゃない固まっているものを流動化させるのだ

高密度化(基質がゲル 状に変化し,ヒアルロン酸が凝集し,筋膜内コラーゲン線維の 配列が変化)した筋膜に対して,摩擦によって温度の局所上昇 を引き起こし,ゲル化された基質を流動化させることで正常な 状態(ゾル)に戻し,筋膜の順応性を活用することによってコ ラーゲン線維間の癒着を除去することが求められる。

筋膜マニピュレーション* ─理論的背景と評価および治療方法─

竹 井 仁

_________________________

私は粉ゼラチン(豚由来コラーゲン)で

週2回必ずゼリーを作るのでよくわかるのですが

コラーゲンってしっかりかき混ぜないと綺麗に固まらないのですね。

混ぜる時に手を抜いてしまうとすぐダマになっちゃうんです。

一回ダマになっちゃうと

もう一度温め直して分子レベルでかき回す(=運動量をあげる)ことが必要になります。

 

実はこれと同じようなことが私たちの筋肉を包む筋膜で起きているのです!

 

どういうことかと言いますと

コラーゲン繊維が均質に混ざって

ゾル状(コロイド溶液といって液体に近い状態)になっていれば

筋膜が固まることもないのです。

しかし

冷えて、局所的に高密度になったコラーゲン繊維は

ダマになってゲル状に固まってしまうのです。

なぜ局所的に高密度になるかというと

姿勢のインバランス(アンバランス)

動作のインバランス(アンバランス)

動きそのものが少ない

といったことが挙げられます

これに加えて

偏った食事

睡眠不足

運動不足

様々なストレス等により

血流が悪くなり筋肉が冷えてしまう

そうするとやはり筋膜のコラーゲン繊維はダマになって

固まってしまいます。

さらには水分の不足も影響しているでしょう。

対策としては

水分をしっかりとる

姿勢や動作のバランスに気をつける

血流をよくして体を冷やさないために筋肉を使う

(ただし42度になると今度は血液中のアルブミンというタンパク質が固まり始め、心臓や脳にダメージを与えますから熱すぎるお風呂やサウナは要注意!)

といったところでしょうか。

肩こりや腰痛、運動障害など

ほとんどの筋肉系の問題は

この

筋膜のコラーゲン繊維流動化アプローチで改善されます。

ぜひ一度

GREENSにてご体験くださいませ!

bodycare GREENS 森田

 

 

 

ヒールストライク?ミッドフット?フォアフット ?

映画でもドラマでも

人が真剣に走ってるシーンってどうしても感情移入してしまいます。

↑名画&そして名曲 炎のランナー

1981年公開だから私が中学生の時ですね

学校の友達と高田(上越市)まで電車で行って

映画館で震えるほど感動した記憶があります。

そんな私ですから

下町ロケット

よりも

陸王が好きです。

陸王では

ヒールストライク走法=かかと着地により

半腱様筋だったか半膜様筋だったかを怪我した

エリートランナーの竹内涼真(役名忘れました)に

落ち目の老舗足袋メーカーが

ミッドフット走法=足裏全体での着地を可能にする

足袋シューズ=陸王を開発し

色々ありながらも

最終的にそれを履いて竹内涼真が激走する。

という話でした。(だいぶ端折った)

感動しましたね。

泣けましたね。

 

でもまあ

(これ言っちゃおしまいなんですけれど、、、)

実際のところ

着地するたびに

かかとに衝撃がかかるような

そんな走り方をするエリートランナーって

もうすでにいないと思います。

みんなミッドフット走法=足裏全体着地はできているのです。

全くエリートでない私だって

そんなに意識しなくても

気づいたら勝手にやってた感じです。

今もっぱらの話題は

フォアフット走法=前足部着地 です。

サッカーじゃない方の大迫半端ないです。

↑シカゴマラソンで2時間5分50秒の日本新記録叩き出した大迫傑選手

 

フォアフット走法の凄さを世界中のランナー達に見せつけてくれました。

ヒールストライクミッドフット走法と違って足裏全体を使う暇なくすぐに蹴り出します。

着地→蹴る

じゃなくて

蹴る→蹴る→蹴る の連続。

ブレーキが全くかからないので

(走る動作って実は結構ブレーキかかってる)

ランニングエコノミー=燃費が良いと言われています。

しかし

やってみればわかりますが

慣れないと

ふくらはぎや足裏への負担は相当なものです。

日本人がやろうとすると怪我しがちなのも事実。

私も避けてきましたし(エリートでないからね)

お客様にもあまり勧めていません。

しかし

フォアフット で怪我をしたというお客様

がいる一方で

フォアフット じゃないと怪我をする

というお客様もいらっしゃるのです。

これはもう

自分で確かめるしかない

ということで

毎晩ジムでフォアフット のトレーニングをしております。

おかげで毎日筋肉痛です。

このまま半年続けたらどうなるか

後日またお知らせできれば

と思います。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

 

 

今日から俺は!

暴力反対 そりゃそうだ。

パワハラ反対 ごもっとも。

でも

何でもかんでもダメダメダメ

世の中

つまんなくないですか?

人の目ばかり気にして

息苦しくないですか?

そんな時代に風穴開けろ!

顔面血だらけ超絶バイオレンス✖️超絶おバカ

今日から俺は!

 

ツッパリって最高だよね。

 

ところで

これ

小遣い5万持って京都奈良から帰ってきた息子の土産なんですが、、、、

あ〜

美味しそうなカステラやね〜

 

 

って

なんでやねん!

bodycare GREENS 森田

筋肉の張りがないのに強い腰痛 ドラッグストア勤務T様

身体を触っても筋肉の張りが全く感じない

でも腰が痛い

とても痛い

 

そこでアプローチの方法を変えることにしました。

仰向けに寝てもらい

手を腰とベッドの隙間に入れて

↑広背筋とその奥にある筋肉を

ふわっと柔らかく掴んで後方に引き出しつつ

筋肉に沿ってゆっくり慎重に動かしてみます。

そこでようやく筋膜の癒着により筋肉がスライド(&伸縮)できなくなってる箇所を見つけることができました。

うつ伏せの状態で触るとどうしても外圧(押す力)がかかってしまう

外圧(押す力)がかかることによって緩む

それだと真の問題が見えてこないのです。

(ストレッチも基本的に同じで、真の問題が見えてこないという問題を抱えてます)

いつも言ってますように

筋肉を緩めることを目的としてしまうとそうなります。

まあとにかく

しばらくそうやって筋膜(筋肉間の筋膜)リリース(解放)してると

(硬さはないけど)動かなくなっていた筋肉がスルスルと動くようになります。

ところが今度は

仙骨の右側が激痛!

これはよくあるパターンで

仙骨の右側が外圧またはその他の理由で

ほんの少しだけ陥没してしまってる。

陥没しているのですが

前述の広背筋と同じようにつかみ出すということは形状的にできません。

同じテクニックが使えないので

そういう場合は仙骨を引き出す姿勢である

猫のポーズ(正確には牛と猫のポーズ)をいつもしてもらうのですが…

これができない

痛すぎてできない

相当、仙骨(仙腸関節)に外圧がかかってしまって

この姿勢では出てこない、余計に圧がかかってしまうのでしょう。

そこで

右足を後方へグイッと持ち上げて仙腸関節に内圧をかけた状態で

張っている左の仙腸関節および臀筋から背中にかけてをしっかり解して

右側全体を引き出していくことによってリリースさせてみました。

 

時間かかりましたが

どうにか痛みも取れました。

 

良かったです。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

 

 

 

ドラッグストア勤務T様

長年の仙台勤務からようやく新潟へ帰ってこられ

かつて励んでたダンスも復活

昔を思いだし

嬉しくなって

張り切りすぎたせいか

パフォーマンス中に腰の右側を痛めてしまった。

それから数ヶ月

整形外科に通いつつ

ダンスは自粛していたのですが

ある朝突然

冷や汗が出るほどの激痛が走り

怖くなってしまった。

ダンス仲間に相談したら

GREENSを紹介された

とのこと。

 

さっそく身体触らせてもらいましたが

これがまあ よくわからない。

私の場合

お客様の見た目とか(いろんな評価法があるのは知ってます)

問診とか(一応ききますが)

そんなことよりも

とにかく

触りさえすれば

状況はわかる

そのつもりなのですが、、、

 

筋肉が薄すぎる上に

ご自分で頻繁にマッサージされてるからか

どこもかしこも柔らかく

部分的な硬さも全く感じない

それに

左右の違いなど

バランスの問題もほとんどない。

そうなると押したり揉んだりする意味もないし

矯正するべき部位もない。

にも関わらず痛みは強くて、、、

 

さあ どうする?

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

 

 

 

 

新潟大学歯学部教授M様

元上司

現在ゴルフ仲間の

元歯学部病院長のH様に

肩こりだけでなく このところずっと左手が痺れるので困ってる

と相談したところ

すぐにGREENSに行きなさい

と言われたそうです、、、、

 

出張ついでによくマッサージ受けるらしくて

全身の筋肉がほぐされてる

むしろほぐされすぎて フニャフニャ。

固いよりはフニャフニャの方がいいだろうって思いますよね?

ノンノンノン、、、

必ずしもそうとは言えません。

 

ほぐされすぎると何がいけないかっていいますと

筋肉の細かい拘縮(硬く緊張した状態で固定化)

その拘縮が逆に取れにくくなるのです。

むしろ満遍なく少し硬さがあったほうが

周辺の筋肉や関節を動かすことによって

その拘縮した箇所に

ストレッチやその他の動きで力を伝えることができるのです。

フニャフニャだとその力が伝わらなくて抜けちゃうのです。

だから

全体はフニャフニャなのに

ごく一部だけがガチガチ

って状態になりやすいのです。

 

実際にM様の場合もそうでした。

肩甲骨の外側と

胸から腕にかけての筋肉と

手首を伸ばす筋肉と

親指を曲げる筋肉

そこだけが異様に固くて

あとはスライムのようにフニャフニャ

硬すぎて弾力がない箇所

柔らかすぎて弾力がない箇所

隣接しているのです。

全体的なアプローチが一切通用しないので

1回目の施術はかなり手こずりました

時間も足りなかった、、、、

まあ なんとか60パーセントぐらいは調整できたでしょうか。

それでも痺れは無くなったと喜んで帰られました。

 

そしてまた昨日いらっしゃって

随分楽にはなったが また少し痺れの予兆がある

とのことなので

残りの細かい部分をじっくり調整させていただきました。

 

更に楽になったようなので

それが続くといいなあ

と思いました。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

 

 

 

筋肉を強く押し込んではいけない

これ17年以上

この仕事始めた直後から

ずっと皆さんに言い続けているのですが

どうにも

筋肉を押すことは良いことだ

というある意味間違った考え方

さらには

強く押せば押すほど効果は高い

という完全に間違った考え方はなかなか世の中から無くなりませんね。

じゃあ

なぜ筋肉を強く押してはいけないかと言いますと

筋肉と筋肉の間に問題が生じるからなのであります。

筋肉と筋肉の間には

筋間中隔というちゃんと名前もついた隙間もありますが

ほとんどは名前なんかついていません

それでも筋肉と筋肉の間は当然ありまして

だからこそ

それぞれの筋肉がそれぞれの役割を果たせるのです。

皆さんご存知のように

筋肉は縮んだり 伸びたりする

それによって関節を動かすことができますし

姿勢を保持することができるのですが

実は縮んだり 伸びたりするだけではダメで

筋肉自体が滑走して動かないといけないのです。

スライド(プラスその他の動きも)しないといけないのです。

そのためには筋肉一つ一つが分離していなければならないのですが

実際には癒着してることが多いのです。

筋肉を強く押しこむ

筋肉を強くマッサージする

それでいて筋肉の癒着を起こさない

それはまあ可能ではあるのですが

ものすごく緻密で集中力と高い技術力を要するのです。

でも

実際は

高い技術力を持っていないのに押し込んでしまうケース

ただ押してるだけ

ただ揉んでるだけ

多くないですか?

そりゃ 押し込んだ直後は血流がよくなりますから

楽にはなるでしょう。

でも

筋肉間はどうなってしまうでしょうか?

私が見る限り

別々の筋肉がひと塊りになって

いびつな形になってしまってるケース

本来の働きができなくなってるケース

あまりにも多すぎます。

(特に首 それと肩甲骨の外側/胸の外側)

 

そして

よくよく考えていただきたいのですが

 

それがなぜ起こるかというと

マッサージを受ける人がそれを強く望むから

 

強く押せば押すほど効果的

という古い考え方がなくならないから

 

だと思います。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

 

 

 

プロダンサーI様 右膝の痛み

稽古中の作品で酷使するためか

右膝が痛い

曲げても伸ばしても痛い

体重かけても痛い

膝の関節が入らないような違和感がずっとある

とのこと。

 

触ると

右膝の皿(膝蓋)を包む膝蓋靭帯

それと

腿の筋肉(大腿直筋=膝痛の最もメジャーな要因)が膝に付着する膝蓋腱

そのどちらにも

1センチにも満たない

細かい拘縮(小さく硬いしこり)がいくつも見られました。

そのいくつもの拘縮が膝蓋の動きを制限してしまっているようです。

たっぷり時間をかけて

拘縮の一つ一つを丹念にリリース(こわばりから解き放す)します。

膝裏の外側(大腿二頭筋)にも拘縮が見られたので

同様にリリースしました。

施術前は

左と違う角度だった右膝のお皿もまっすぐになり

脛の骨もそれに合わせまっすぐにして

全然なかった膝の可動も出てきました。

 

施術後にしっかり膝の曲げ伸ばししてもらいましたが

大丈夫になりました。

 

それはそうと、、、

 

施術中に

最近夜中に起きてしまい そうなるともう寝れない

と相談されました。

それに対して私の答えは

 

昔の日本人

古代の人間達は

2世代 あるいは3世代の家族が一つ同じ部屋(ほら穴)に寝ていました。

そして

子供が寝静まった

夜中の2時とか3時に

父親と母親は

ムクッと起き上がり

子作りするのが普通だったとのことです。

つまり

我々大人が

夜中に起きて悶々としているのは

言ってみればそのころの名残だと考えられます。

ごくごく自然なことなのです。

悩む必要ないのです。

どうしても寝れないのなら 寝なくていいのです。

そのうち寝ますから。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

 

 

 

20代の技師 I様

中学の時に大太鼓を担いで演奏していたら(マーチングかな?)

腰椎のヘルニアになってしまったそう。

 

除去手術を受けたものの

痛みは改善されず

そのまま10年以上が経ち

 

整体に通ったこともあるが

目に見えた改善も見られず

 

今は

整形外科で

電気治療

牽引療法

時々受ける

効果は あまり感じないとのこと。

 

腰痛も辛いが

それ以上に股関節の痛みが強いとのこと。

 

I様のように重い症状を抱える方の場合

ファーストタッチで軽く衝撃を覚えることも多いのですが

それと同時にスイッチが勝手に入ります。

 

スイッチが入ると

全神経を集中させて

お客様の身体の中

奥へ奥へと

ズブズブと入り込んでいきます。

他には何も見えないし

何も聞こえなくなります。

 

ほとんどの場合

問題は

身体の奥の奥のそのまた奥

深く沈んだ闇の中にひっそりとあります。

 

もっと明るい

見つけやすい場所に問題があるのなら

誰かがとっくになんとかしているはずです。

 

誰も見つけられなかった問題箇所を見つけるのが

私の仕事の半分

その問題箇所に直接アプローチするのが

もう半分なのですが

技術的にものすごくハードな時も多々あります。

 

I様の場合もそうです。

問題のスケールが大きすぎる

ヘルニアはそのごくごく一部の問題

(だから治らない)

その上にキツい(動かない)。

よくみれば大小様々な問題が幾重にも重なってる。

 

見事なまでに

がんじがらめに絡まってしまった糸を

粘り強く

丹念に

時間をかけながら解いていくのです。

 

少し光が見えた

と私は言いました。

I様もそう感じてくれたようです。

 

ちょっと時間はかかりそうですが

月に一度の施術で

半年〜1年ぐらいかな?

最終的に痛みゼロの身体に変えていきたい

そう強く思いました。

 

そしてその翌日

中学校で音楽の教諭されてるS様と

音楽教育で身体を痛めてしまわないような工夫

について色々話すことができました。

 

bodycare GREENS 森田

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のラジオの台本(長文注意)

Be☆金 the Talk①」  

あ  安藤あいかと

翔  新井翔が、生放送でお送りしている「Begin the Be☆金」。

時刻は、     13:39です。

さぁ、ここからは、「Be☆金 the Talk!」です。 今日のテーマは

あ  「 歪みをとろう~! 」

   まずは、「身体の歪み」を解消しましょう。

この時間は、新潟市中央区にあります

body care GREENS(ボディケア グリーンズ)の、

森田健二郎(もりた・けんじろう)さんにお越しいただきました~!

あ翔  こんにちは~! 宜しくお願いします。

森田  「リスナーの皆さんこんにちは。

ボディケアグリーンズという整体サロンの代表しております

森田健二郎と申します。

今日はみなさんのためになるような情報を

お届けできたらいいなと思っております。

安藤さん、新井さん、よろしくお願いいたします。」

翔  森田さんは、カナダにお住まいの頃、指圧マスターに出会ったことを

   きっかけに、修行をスタート。 帰国後、整体法などを学び、

2004年に、body care GREENSをオープンされました。

現在、新潟市に2店舗と、スクールを経営し、多くのスペシャリストを

輩出されています。

あ  森田さん、まずは、身体の中で、歪みやすい部分を教えてください。

森田 「顎、頚椎と胸椎の境目、胸椎と腰椎の境目、腰椎と骨盤の境目、

仙腸関節、股関節、膝、足首などでしょうか、、、」

あ  いっぱいありますね!  どうして、身体は歪むのですか?

森田  「まず人間の体は、動くことを目的としてデザインされているんです。

       外で獲物や木の実などの食料を捕っていた頃から、

人の身体はほとんど変わっていません。

       じっと座ってパソコン打ったり、スマホをいじったり、

長々と会議したり、一日中運転したり・・・、

       21世紀を生きる我々は、日常生活が、身体のデザインと

かけ離れてきてしまっています。

動くようにデザインされている人間が動かない、

       このミスマッチが、歪みの原因の最も大きな理由であると

思います。

それは、糖尿病や高血圧、不眠症やメンタルのトラブルなどの

あらゆる現代病について言えると思います。

一方で、じゃあ運動されている方は歪まないかっていえば、

そんなことはなく、運動の仕方によっては、やはり歪みます。

(今、番組をお聴きのリスナーの皆さんの中で、ゴルフをされる方、

どのくらいいらっしゃいますか?手をあげてみてください。

あ 結構いらっしゃいますね。)

       じゃあ、打ちっ放しに行って、3時間で300球、ノンストップで

スイングしつづけたらどうなります?そりゃ歪みますよね。

同じ動作を繰り返して同じ筋肉を使い続ければ、そうなります。

動かないのもいけない、同じ動作をし続けるのも良くない。

いろんな動きをバランスよく取り入れられればいいのですが、

実際にはなかなか難しいですよね。

だからケアが必要になってきます。」

あ  なるほど。GREENSさんでは、どんなケアをされるんですか?

森田 「詳しく説明すると難しくなってしまいますので

      わかりやすく説明しますね。

     (リスナーの皆さんの中で、今、運転中って方、どのくらい

いらっしゃいますか?

あ さっきのゴルフの時より多いですね。

というか殆どの方が運転中じゃないですか。

      運転中に手を挙げると危険なので、やめてくださいね。)

      で、今って、カメラとモニターがついている車が多いので

駐車場に停めるのって随分簡単になっていますけど、

      昔は縦列駐車、特に入るか入らないか、ギリギリのスペースに

停めるのって、かなり難しかったの、覚えていますか?

      そういう時って、何度か切り返さないと入らないし、

一発で決めてやろうと無理やり突っ込むと、変な角度で

動けなくなってしまったり、もっとひどいとぶつかっちゃいますよね。

      我々もそれと同じで、何度か切り返しながら、決して無理やりでなく

自然に筋肉や骨格を理想の位置に戻して行きます。

   

      車の場合は、前後の動きと左右の動きの組み合わせですけど

      身体の場合は、それに上下の角度があって、何層にもなっていますし、

おまけにスペースの大きさも形も、まちまちです。

      なおかつ、骨や筋肉は周りと繋がっていますから

      全部連動して動いていくので、厄介です。

      でもじっくり時間をかけて、複雑な調整を丁寧にするからこそ

全てはスムーズに流れて行きます。

      痛みなんて一切なく、最初から最後まで、ひたすら気持ちよさが

続きます。 気持ち良くなるホルモンがドクドク流れます。

もちろん効果も期待してください。

あ  痛くないし、じっくり丁寧に調整してもらえるんですね。

気持ちよさそうですね~。

   では、私たちも、「顔の歪み」にアドバイスをもらっていいですか?

   私は、フェイスラインが、左右違うのが気になっています。

翔  僕は、左右の目の大きさや位置が違うように見えるのが気になります。

   起きた後だと、顔が左右非対称になっていて、アンバランスですね。

森田  (お顔の歪みに関するアドバイスをアドリブで、、、)

あ   (受けて)

森田さんご自身は、自分の身体や心が歪みそうになったら、

どんなことをされていますか?

森田  「マラソンやスイミングや筋トレなど、ジムや自宅で、ほぼ毎日

身体を動かしていますし、逆立ちしたりブリッジしたり、

できるだけいろんな動作をするようにしています。

      運動が苦手、できるだけ時間をかけたくないという方に

オススメなのが、ゴブレットスクワット」です。

      胸の前で、一つのダンベルや鉄アレーを両手でボールを包むように

持ちながらするスクワットです。

      なるべくお尻を後ろに突き出して、できたら完全にしゃがみ込む

フルスクワットが理想です。

      できるだけ重い重量で、毎日10回もやれば、

姿勢を維持するのに最も重要な、お尻や腿の裏側の筋肉を

鍛えることができます。」

翔   (受けて)

     body care GREENSは、新潟市中央区、

     本店が東堀通(ひがしぼりどおり)に、

出来島店(できじまてん)が上近江(かみおうみ)にあります。

     営業時間は、午前11時から。最終受付が午後9時までです。

     定休日はありません。

     詳しくは、body care GREENSのホームページを

     ご覧ください。

     では森田さん、最後に、ラジオをお聴きの皆さんへ、

     メッセージをお願いします。

森田  (リスナーへ向けてのメッセージをお願い致します。)

      「私の施術で何が変わるのか?何が起きるのか?

       事情があってラジオでは、あまりそこは語れません。

       ご自身で体験してみてください。

何も変わらない、何も起らなければ料金いただきません。

       ただし、基本的に、自分の身体は他人任せにしない方が

いいと思います。

あ  う~ん、さすが、説得力がありますね!

   自分の身体は、他人任せにしない!

   皆さんも、body care GREENSで体験してみたら、

自分の身体と向き合う、いいきっかけになるかもしれませんね。

Be☆金 the Talk」、この時間は、body care GREENS

   森田健二郎(もりた・けんじろう)さんにお越しいただきました。

あ翔  ありがとうございました~!

森田  「ありがとうございました。」

   

______________________________     

↑ほぼ自分で台本書かせてもらったのですが、これ私一人で喋ってますよね。

まずかったかな?

でもまあ、緊張した割にはうまく喋れたのではないでしょうか。

ラジオを聞いてる皆さんに手を上げてもらうっていう

渾身のボケをかましたのですが

出番終わって 待ってた担当者の方から

「森田さんって整えるのがお仕事とあって 流石に真面目ですね〜。

ぼくらなんかと違って本当に真面目な方なんですね〜。」

って言われてしまいました。

真面目って、、、、、、、

 

死ぬ思いでかましたボケ返せ〜!

 

bodycare GREENS 森田